リアルを捨てた「an・an」!?「抱かれたい男ランキング」が2次元化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1406_anan.jpg
「an・an」5月21日発売号(マガジンハウス)

【おたぽる初出】(2014年6月)

「an・an」(マガジンハウス)が、ついにリアルを捨てた! と話題を呼んでいる。というのも、5月21日発売号の「an・an」の表紙を飾ったのは、ジャニーズアイドルでもイケメン俳優でもなく、『進撃の巨人』のリヴァイ兵長に、『失恋ショコラティエ』の小動爽太、『銀盤騎士』の雉子波心といったマンガのキャラたちだったからだ。しかも、「an・an」の名物企画だった「好きな男・嫌いな男ランキング」が6年ぶりに復活したのだが、なんとこれがマンガキャラのランキングに様変わり。「an・an」といえば、モテや恋愛特集が定番のリア充女子のための雑誌。それがリアルを捨て2次元に舵を切ったとすれば、大事件である。しかし、一体どんなキャラがランクインしているのだろうか。

 読者300人のアンケートをもとに選ばれたという今回のランキング。まず、好きな男ランキングで選ばれたのは、少女マンガの王道キャラたちだ。クラスになじめなかったヒロインをさり気なく支えてくれる『キミに届け』の風早翔太は、「まさしく理想の彼氏!」と20代女子から圧倒的支持を得た。同じように、陰からヒロインを支える『ガラスの仮面』の速水真澄も「不器用ながら、誰よりも一途にマヤを想うあなたが好き」と大絶賛されている。

 そして、真澄とマヤのように、身分違いの恋に燃える『花より男子』の御曹司・道明寺司にも「とにかくピュア」「常に直球勝負の愛情」が魅力という声が多数集まった。自分だけの王子様といった感じの彼らには、現実に存在しないとわかっていても憧れてしまうのだろう。それに『SLAMDUNK』の無口なスター選手・流川楓や、多くの女性を虜にしたぶっきらぼうなイケメン『ときめきトゥナイト』の真壁俊などもランクイン。寡黙でぶっきらぼうだけど、ヒロインにだけはやさしい。そんなギャップが人気のようだ。

 一方、「抱かれたい男」ランキングのほうはどうだろう。まずはファッションデザイナーを目指す『Paradise Kiss』の小泉譲二。ドSなのにベッドシーンではとろけるような扱いをする彼に「意地悪を言われても、ここでやさしくされたらチャラ」と思う女性は大勢いるようだ。また、ドラマ効果もあるのか、片思いを引きずり続ける『失恋ショコラティエ』のヘタレ男・小動爽太もランクインしている。高校時代からの思い人にフラれてもフラれても諦めきれず、好きでい続ける女々しい彼だが、セフレを誘うときの「する?」というセリフと表情の色っぽさにやられたという女性は少なくない。

 同じく色っぽさでは、『ふしぎ遊戯』の鬼宿や、『天は赤い河のほとり』のカイルも負けてはいない。『ふしぎ遊戯』は作風もちょっとエロいのだが、鬼宿に投票した読者は、読んでいる間ずっとヒロインになりきっていたらしく「愛されて、守られて、心もカラダも結ばれて…物語が壮大すぎて現実に戻るのがつらかった」とコメント。カイルに対しても「1週間くらいずっと抱き続けてくれそう」というコメントがあがっており、どっぷりと作品の世界観に入り込んで妄想していた人が多い。ほかにも、『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面や『ルパン三世』の石川五右衛門を選ぶ女性もいたようで、色っぽさやクールな普段とのギャップが「抱かれたい!」と思うポイントになっているようだ。また、『子どものおもちゃ』の問題児だった小学6年生の羽山秋人もランクイン。「まだ子供なのに、目つきとかが色っぽい」のだそう。

 小学生が抱かれたい男というのも驚きだが、しかし、それ以上にランキングを眺めていてどうにもしっくりこないことがある。たとえば、表紙を飾っている『進撃の巨人』のリヴァイ兵長が、ページをめくってもめくってもランキングのどこにも出てこないのだ。『進撃の巨人』だけではない。『銀盤騎士』の雉子波心も、『黒子のバスケ』の赤司征十郎や青峰大輝も、コミカライズもされている『うたの☆プリンスさまっ♪』の一ノ瀬トキヤも、いない。腐女子、乙女たちから圧倒的な人気を誇る、いま旬の作品からはまったくランクインしてきていないのだ。

 そういえば、ランクインしている作品は、『ときめきトゥナイト』『ガラスの仮面』『SLAMDUNK』『天は赤い河のほとり』『ふしぎ遊戯』……と90年代や昭和時代の作品ばかり。『君に届け』『アオハライド』『失恋ショコラティエ』とゼロ年代以降の作品も何作かはかろうじて入っているものの、全体的にはやはり懐メロのランキングでも見ているようなレトロ感が拭えない。オールタイムベスト的な作品が票を集めてしまったのもしれないが、これでは今どきの腐女子や乙女には物足りないことだろう。

 雑誌は売れない、キムタク頼みももう限界、ならば勢いのある2次元で新しい読者を開拓しよう! ……と狙ったのかもしれないが、はからずも、「an・an」読者の高年齢化を証明した結果になってしまった。

 リニューアルを試みたり、女子アイドル特集をやってみたり、ここのところ試行錯誤を繰り返している「an・an」だが、その迷走はまだまだ続きそうだ。
(文/篠山サクラ)

最終更新:2018.10.18 04:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

進撃の巨人 (13)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

リアルを捨てた「an・an」!?「抱かれたい男ランキング」が2次元化のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。2次元雑誌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『ミヤネ屋』でフェイク 文在寅攻撃の急先鋒・武藤元韓国大使の正体!
2 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
3 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
4 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
5 伊藤詩織さんをカルバン・クライン出演に称賛の声! 
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 産経新聞が社員の1割をリストラ
8 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
11 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
12 NGT山口真帆が秋元康と指原莉乃に謝罪の謎!
13 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
14 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
15 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
16 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
18 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄