韓流・ジャニーズよりモテ力は上!人間よりくまモンに熱狂するファン心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【サイゾーウーマン初出】(2014年3月)

 テレビに出ずっぱりのふなっしーを筆頭に、今年もまだまだ継続中のゆるキャラブーム。このブームの立役者といえば、熊本県のPRキャラクター・くまモンだろう。3月10日に熊本県が発表した2013年のくまモンを使用した商品の売上高は、前年比1.5倍の449億4,500万円だといい、安定した人気を誇っている。

 だが、気になるのは、くまモンのファン層。以前、「女性自身」(光文社)でも、くまモンにエルメスのバッグにサインをしてとねだる、41歳独身の熱烈なくまモンの追っかけ女性が紹介されていたが、若い女性に人気のふなっしーとは対照的に、くまモンファンには40代以上が多いらしい。

 なぜ、くまモンは彼女たちをトリコにするのか? その謎を解く本が、先日出版された。タイトルもズバリ『くまモン力 人を惹きつける愛と魅力の秘密』(イースト・プレス)。著者の亀山早苗氏は、熱烈なくまモンの追っかけであるだけでなく、これまでに『夫の不倫で苦しむ妻たち』『不倫の恋で苦しむ女たち』(ともに新潮社)や、『セックスレス そのとき女は』(中央公論新社)といった"生々しい男女の関係"を数多くテーマに選んできたライターだ。どうして男女の機微を知り尽くした女性が、今くまモンにハマるのか。その実態を本書から探ってみたい。

 そもそも「キャラクターものに心惹かれたことは、一度もなかった」という著者だが、くまモンは「まさに一目惚れ」。くまモンに会うと「ぎゃあ、くまモン」と叫んでしまい、「そして、状況が許せば飛びついてハグする」のだという。この"お触りOK"というのが、ゆるキャラの大きなポイント。ジャニタレやAKB48のメンバーにハグすれば、すぐさま出禁になりそうだが、ゆるキャラにはそういった心配もない。

 だが、お触りならばほかのゆるキャラだって許されている行為。くまモンが特別なのは、そのサービス精神だ。例えば、著者が挙げるくまモンの"いちばんかわいいポーズ"は、「口を両手に当てる仕草」。しかし、これをただ繰り出しているわけではない。熊本まで追っかけた時に「東京から、くまモンに会いに来たのよ」と言えば、くまモンのリアクションは"後ろにのけぞるポーズをとってからの「口に両手」"。そうして驚いて見せた後で、親愛のハグへと続くのだ。

 また、「くまモン、もっとかわいいかっこして」とリクエストした際は、口に手を当てる鉄板ポーズに加え、大きく体を横に傾けてお尻をプリプリしながら後ろ向きに近づいてきたという。無茶ぶりへも臨機応変に対応するこの姿勢は、ゆるキャラ界のAKB48・大島優子といった感じだろうか。

 加えて驚きなのが、くまモンは「しょっちゅう顔を見て知っている人には、顔を撫でたり頬を両手で挟んだりする」ということ。"認知アピール"も怠らないとは、さすがファンの心をくすぐるプロ。もちろん、くまモンにハグをすれば、心地よい毛並みに「ほっこり安心」してしまう。──心を掴まれるだけでなく、肉体的にもすごくイイとくれば、人気が出るのも必然である。

 こうした手厚い心と肉体的なスキンシップのせいか、ファンはくまモンに会った後、「今日はくまモンとゆっくりしゃべれた」と感じることがあるという(ご存じの通り、くまモンはふなっしーのようにしゃべることはないのだが)。そして、「実際にナマのくまモンに会うと、癒やされるより先に、興奮してしまう」「もっとくまモンに触れたい、もっとしゃべりたい、この人は何を考えているのだろう、という恋愛初期にも似た感情がわき起こる」というのだ。

 しかし、くまモンの最大の武器は、"性的な存在ではない"ということだろう。著者はくまモンを「男の子でもあり、女の子でもあり、おにいさんでもおねえさんでもあり、おじさんでもおばさんでもある」と表しているが、性的な存在でない分、結婚発表や熱愛発覚、浮気といったスキャンダルに胸を痛めることもない。ただ、恋に似た興奮やときめきを与えてくれる熊の人……。恋愛や結婚生活のままならなさ、無情が骨身に染みている女性こそ、人智を越えたくまモンの存在に惹かれるのかもしれない。実際、著者がイベントで知り合った追っかけの50歳女性は、「韓流スターや実在の芸能人とも違う。まったく見返りを求めずに、ただ会いたいから会いにくる」と話す。見返りを求めない愛──まさに奇跡の純愛である。

 さらに本書には、くまモンのファンになって更年期症状が消えたという女性まで登場。ふなっしーが独走しているように見えるゆるキャラ界だが、くまモンは地道にマーケットの開拓を続けているようだ。

 ちなみに気になるのは、くまモンブームが一過性で終わらないかどうか。話題性という意味で手っ取り早いのは、ミッキーマウスにおけるミニーマウスや、キティちゃんにおける家族をつくってしまうことのようにも思えるが、著者は「くまモンの妹やら恋人やらを見る気はしない」とキッパリ。「企業として儲ける必要がないのだから、むしろ、ずっと孤高の人であってもらいたい」のだそう。着ぐるみだろうがアイドルだろうが、ファン心理とは難しいものである。
(文=編集部)

最終更新:2017.12.07 06:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

くまモン力 人を惹きつける愛と魅力の秘密

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

韓流・ジャニーズよりモテ力は上!人間よりくまモンに熱狂するファン心理のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。くまモンゆるキャラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 即位パレードで「雅子さまの足跡」を振り返るマスコミが触れなかった深刻な事件
4 即位パレードで安倍首相が“天皇きどり”で窓を開けお手振り!
5 嵐メンバーの意外な恋愛事情
6 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
7 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
8 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
9 即位パレードで天皇夫妻が通った自民党本部に巨大垂れ幕!
10 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第7話
11 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
12 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
13 安倍首相「桜を見る会」の税金を使った不正が国会で明らかに!
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
16 安倍首相の「共産党か」ヤジはネトウヨの常套句
17 即位礼で百田尚樹からNHKまで「雨が上がって虹が」の神国カルト
18 秋篠宮家の料理番がブラック告発
19 安倍首相と文大統領の会談写真に産経が「韓国の無断撮影」のイチャモン
20 愛川欽也が小説にしていた出生の秘密
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄