W杯の裏で日系ブラジル人が見た「ブラジルサッカー留学」の暗部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【トカナ初出】(2014年6月)

 サッカー王国ブラジルを舞台に連日熱戦が展開されているW杯。コートジボワールとの大事な初戦を落とした日本は、予選突破へ早くも崖っぷちに立たされた。だが、ベースキャンプ地のイトゥをはじめ、現地では「サムライブルー」への声援は大きい。世界最大規模、150万人ともいわれる日系人社会の存在ゆえだ。今大会ばかりではない。この20年あまりで「奇跡の成長」を遂げたと言われる日本サッカーの飛躍を準備し、牽引してきたのは、まさに日系ブラジル人選手たちだった。そんな彼らの歩みを語り伝える1冊の本がいま話題になっている。

生きるためのサッカー』(ネルソン松原/サウダージ・ブックス)。1951年にブラジルで生まれ、通算28年にわたって日本サッカーに関わり続ける日系二世のサッカー指導者が語り下ろした自伝である。

 著者は73年に初来日。日本の大学で初めてのブラジル人サッカー留学生として、札幌大学で2年間プレーした。社会人リーグ初の外国人選手だったネルソン吉村、現在は辛口解説者として知られるセルジオ越後らとともに、ブラジル・サッカーを日本へ持ち込んだ第一世代に当たる。88年に指導者として再来日すると、小中高校生から社会人リーグの川崎製鉄、Jリーグのヴィッセル神戸まで、あらゆる世代の選手を指導し、後に日本代表となった選手も数多く育てている。

 同書は「ブラジル、札幌、神戸〜転がるボールを追いかけて」の副題が示すとおり、ボールに導かれて流転した著者の半生記だが、同時に「サッカー」と「移民」を軸にした日本とブラジルの交流史の貴重な証言となっている。


■暗躍する「留学エージェント」

 なかでも興味深いのが、日本からブラジルへのサッカー留学をめぐる裏話。82年に15歳で渡ったカズこと三浦知良が先駆者として知られるが、著者が語るのはその7年前、まだ10歳だった水島武蔵という少年の話だ。

 サッカーの王様ペレが東京で開いたイベントで「上手いな。ブラジルでもやれるよ」と褒められた水島少年は、その一言だけを信じてブラジルのクラブチーム入団を目指し、アテもないまま海を渡ろうとする。たまたま札幌のテレビでそのニュースを見て先行きを案じた著者は、水島少年に連絡を取り、成り行き上、留学のお膳立てに奔走する。

 ペレが長年在籍したサントスFCに直談判して断られ、ペレの自宅を訪ねるも不在でソデにされ、結局、著者自身がかつて在籍したサンパウロFCの下部組織への入団を橋渡しする。下宿や練習への送迎役も手配した。10年後、水島少年は日本人で初めてブラジルのクラブとプロ契約を結ぶ。ブラジル留学の第一人者となったこの水島少年こそ、あの『キャプテン翼』の大空翼のモデルとされる。著者のサポートがなければ、伝説のサッカー漫画も生まれなかったかもしれないのだ。

 だが、著者はそのことを誇るわけではない。むしろ、「こうしてうまく行くケースばかりじゃない」と語り、留学を仲介する日本人エージェントの暗躍に警鐘を鳴らす。著者によれば、80年代〜90年代当時、エージェントに支払う仲介料は年間200万円ほど。これに対し、クラブ入団に必要な金はごくわずか。にもかかわらず、用意されるのは大人数を詰め込む劣悪な部屋と、微々たる生活費のみだった。「悪い想像をすれば、ほとんどはエージェントの懐に入っている」という。

 さらに、「ブラジルのクラブといっても、練習は週に二、三日、午前か午後だけだ」とした上で、こんな実態も明かしている。

〈お金を出す親は、自分の子は一生懸命練習していると信じているかもしれないけど、残念ながら、そんな子ばかりじゃない。(略)万引きをしたり、性病にかかったりという話もよく聞いた。最悪の場合は麻薬に手を出す子だっている〉

 そして、著者は問いかける。

〈80年代以降、少なくとも1000人以上はサッカー留学生が送り込まれた中で、ブラジルでも、日本でも、ほかの国でもいいけど、プロのサッカー選手になれた人がどれだけいる?〉

 W杯出場など夢のまた夢だったサッカー後進国が、5大会連続で出場できるようになったこの20年は、確かに「奇跡の成長」だった。だが、光があれば必ず影が生まれる。「生きること」とサッカーが隣り合う「王国」から来た指導者の指摘は重い。

最終更新:2018.10.03 03:48

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

生きるためのサッカー

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

W杯の裏で日系ブラジル人が見た「ブラジルサッカー留学」の暗部のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サッカー移民の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
8 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
9 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
14 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
15 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
16 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
17 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
20 三浦瑠麗が「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄