『アナ雪』大ヒットの裏に「同性愛」と性的マイノリティ市場?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
anatoyukino.jpg
イメージ画像「アナと雪の女王」公式HPより

【トカナ初出】(2014年4月)

 大ヒット上映中のディズニー映画『アナと雪の女王』(以下、『アナ雪』)。公開から1カ月で観客動員数が約750万人を突破し、高い評価の口コミ効果も絶大で、ゴールデンウィークにはさらに客足が伸びそうだ。

 そんななか、一部で噂され、話題を集めているのが"『アナ雪』の本当のテーマは同性愛"という説だ。

 確かに『アナ雪』には、これまでのディズニー映画とは大きな違いが数多くある。物語は王女・エルサとその妹・アナの姉妹が主人公というディズニー映画初のダブルヒロインだが、エルサは「プリンセス」という役割にもかかわらず、お約束であるはずの"お姫様願望"を持ち合わせていない。

 さらに、触れるものをすべて氷にしてしまう力をもつエルサは、その魔法を隠すために人と接触せず引きこもり状態。これが、同性愛者が抱える葛藤と似ていることから「魔法=同性愛のメタファーでは?」と憶測する意見も。たしかにそう考えると、エルサが劇中に歌う『Let it go』に込められた"ありのままの自分でいい"というメッセージは、カムアウトの歌とも受け取れる。

■米で非難の声!? 『アナ雪』同性愛表現!?

 実際、本国・アメリカでは、こうした見解がニュースメディアでも取り上げられるなどし、"子どもたちを同性愛者にさせようとしている""同性愛が露骨に表現されている"と非難する声も挙がったという。しかし結果は、『アナ雪』はアメリカでアニメーション映画として史上最大のヒット作に。これに対し、一部では同性愛をテーマにしたことこそが、ヒットの要因と見る向きさえあるほどだ。

■6兆円超え!? 巨大な未開拓市場だった、性的マイノリティ

 同性愛をテーマにするとヒットする──。そのつながりにピンとこない人も多いかもしれないが、近年、世界では急速に同性婚認可が進んでおり、アメリカでは異性間にのみ結婚を認める「結婚防衛法」に違憲判決が下され、昨年だけでも南米ウルグアイ、フランス、ニュージーランドなどが、同性婚に関する法案を可決。今年はイギリスでも同性婚法が成立した。さらに、同性愛カップルに異性間による結婚と同様の権利や保障を認めるパートナーシップ法を採用する国も増えている。そうした流れの中で、性的マイノリティと呼ばれるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)は、ビジネスの世界でも"新たなマーケット"となっているのだ。無論、それは日本も例外ではない。

 また、『日本のLGBT』(東洋経済新報社)によれば、日本におけるLGBT市場の経済規模はなんと6兆6000億円。化粧品市場の1兆4219億円、旅行市場の5兆9303円を上回る巨大市場だ。しかし、日本ではこれが"手つかず"状態なのである。

 もちろん、その大きな原因はLGBTに対する法整備の遅れだ。04年に執行された性同一性障害特例法では、戸籍上の性別変更が可能になったが、レズビアンやゲイ、バイセクシュアルについては今もって「法的対応はゼロ」。「性的マイノリティの法的権利が認められていないのは、先進国では日本とロシアだけ」というのが現状だ。

 少子高齢化、そして若者の消費離れ──飽和状態の経済界にあって、LGBT市場は魅力的に見える。だが、本書のインタビューでマツコ・デラックスは、

「今になって、ゲイでも何でも、物を買ってくれればよしとするのは、不景気が続いて、背に腹は代えられなくなったからではないか。そんな商売のやり方をしているから、日本企業は世界で勝てない」

 …と、痛烈にこき下ろしている。

 異性間の愛が自明であるかのように描いてきたディズニー映画のアンチテーゼとして、『アナ雪』はその歴史に大きな風穴を空け、社会現象となったのではないだろうか? LGBTをはじめとする多様な性のあり方、多様な愛のかたちへの理解は世界で広がっている。こうした潮流に日本が乗れない限り、その巨大市場のとびらが開かれることもないのだろう。
(文=編集部)

最終更新:2015.08.17 11:57

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ゲイのボクから伝えたい 「好き」の?(ハテナ)がわかる本──みんなが知らないLGBT

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『アナ雪』大ヒットの裏に「同性愛」と性的マイノリティ市場?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。LGBTディズニーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
4 安倍が横田早紀江さんを無視している
5 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
6 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
12 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
13 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
15 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
16 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
17 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
18 生活保護カットで他の低所得者も困窮
19 ウンギョン写真掲載で横田夫妻に圧力
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
6 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
7 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
8 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
12 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
13 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
16 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄