ブラック企業経営者が明かす"社畜化教育"の洗脳手口とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_140619_black.jpeg
ブラック企業経営者の本音』(秋山謙一郎著/扶桑社新書)

【トカナ初出】(2014年6月)

 従業員の拘束時間を長くし、勤務時間を延ばすために始業時刻よりも早い時刻に朝礼を設定する(給与は始業時刻以降の分しか支払わない)。自社商品を購入しなければ、従業員が仕事ができない仕組みにする(実質的に人件費を削減する)。社会貢献と大きな理想を掲げ、従業員が断れない環境をつくり、ボランティアという名目でタダ働きをさせる(さらに人件費を低く抑えることができる)……。

 従業員をこうした悲惨な目に遭わせる「ブラック企業」、その経営者はいったい何を考え、どんな経営を行っているのか――。

ブラック企業経営者の本音』(秋山謙一郎著/扶桑社新書)では、ブラック企業経営者の考え方に迫ろうと、取材に約3年、延べ100人のブラック企業経営者にインタビュー。そこで明らかになったのは確信犯的に社員を、ブラック企業にとって"使い勝手のいい人間"、すなわち「社畜」に仕立てあげようとする社畜化教育の全貌だった。社畜化教育のためには、入社させて新人研修を終えるまでが重要だという。

■洗脳の入り口

 まずは、ブラック企業の求める"理想的な人物像"がある。理想的な人物像は、「大人しく真面目で、上からの指示には従いそうで、責任感が強い者」。とあるブラック企業の社長はこう語る。

「新卒で大手企業に入れない。大学でもFランクっていうの? 偏差値低くて、就職率もあまりよくないっていう。そのクラスで大人しい真面目な子なら、ウチみたいなブラックでも大歓迎よ。実際にそういう属性のコが一番多い。2、3年使い倒して出て行ってもらうけど」(本書より)

 面接ではFランク大学の大学生を中心に積極採用する。次に、入社後の社畜化教育だ。ブラック企業は誰もが一目で見て、"新人だ"とわかるよう服装に制限を設けることが多い。

「まず新人が新人であることを自他共にわからせることから始まる。新人が着る、いや着ていい服装、ここから新人への洗脳が始まっていると言ってもいい」

「新人には『早くこの境遇から抜け出そう』という闘争心に火をつけるため。古株の者には『ちょっと自分は他のバイトより偉いぞ』という優越感をくすぐることが目的だった」

 ファミレスをはじめとする外食産業のほか、建設業界、美容・理容業界でも、新人に服装の制限を設け、社内における身分が一番下であることを視覚的に認識させ、心理的にプレッシャーをかけるのだ。

■巧みな心理操作で、社畜誕生!

 従業員は"消耗品"だと割り切るあるIT系企業の社長は、徹底して新入社員の存在を無視することも重要だという。

「入社前は、面接時などでは本人の話に合わせて愛想よく振る舞う。で、入社したら、態度を豹変させる。一言も口を利かないとかね。これで新人はまず私のことを怖いと思う」

 慣れない職場で緊張状態にある新入社員は「何か自分は悪いことをしたのではないか」と思い始める。さらに、頃合いを見て、社畜の刻印を焼き付ける。「新人が就業時間中に少しでも手持ち無沙汰にしていたら、その場でどやしあげる。そして言う。『お前、会社にどれだけ貢献しているんだよ』と」

 そして、最後に、奈落の底につき落とす。期待しているから仕事を任せると新入社員には過分な仕事を振るのだ。新入社員は与えられた仕事でベストを尽くそうと張り切る。しかし、無理に無理を重ねているため、結果的に雑な仕事になってしまう。

 その結果を前に上司は「こんな仕事ぶりだと正直給料払えないよ。それにこの仕事、どれだけロスしているんだよ? お前に仕事を振った俺が悪かったにしても酷すぎないか」とキレる。打ちひしがれた新入社員は「会社に損害を与えても、それでも雇ってもらえる」という負い目を負い、無理難題に従うようになるのだ。

 新人研修中に辞めたいという社員に対しては中間管理職が甘い言葉や体育会系の規律を設け、「辞める」と言い出しにくい雰囲気を作り、さらに説得にあたる。というのも、中間管理職にとっても管理職研修を兼ねており、新人が辞めることは自らの成績に響くために必死になるというワケだ。「採用にかかったカネ。辞めるなら最低それ以上稼いでから」というのがブラック企業の本音なのだ。

 時は4月。おそらく、今年も多くのブラック企業で「新人研修」という名の社畜化教育が行われるはずだ。将来ある若者がその悪辣な「洗脳」に取り込まれることのないよう、祈るばかりである。
(文=編集部)

最終更新:2014.06.30 07:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ブラック企業経営者が明かす"社畜化教育"の洗脳手口とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業洗脳社畜の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
4 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
6 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
7 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
8 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
9 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
10 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
11 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
12 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
15 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
19 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
5 安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
6 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
8 検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
11 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
17 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
19 岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄