『バクマン。』配役ミス!? キャスティングの裏には"事務所の意向"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1405_bakuman_cast.jpg
映画バクマン。公式HPより

【おたぽる初出】(2014年5月)

 佐藤健と神木隆之介で実写映画化されることが決定した『バクマン。』。しかし、そのキャストが発表されるや否や、「配役が逆だろ」という総ツッコミがネット上に吹き荒れた。

 原作を知らない方に説明すると、『バクマン。』は、『DEATH NOTE』の大場つぐみ(原作)と小畑健(作画)のコンビが再びタッグを組み、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載。ダークヒーロー・ブームを築いた『DEATH~』から一転、マンガの世界で切磋琢磨する少年を主人公に、「ジャンプ」の王道である"友情・努力・勝利"を見事に表現していた。発行された単行本全20巻は累計1500万部を誇り、連載当初から「実写化は間違いなし」と見られていた作品だ。

 だが、多くのファンをがっかりさせてしまったのは、そのキャスティング。映画では、主人公で作画を担当する真城最高(サイコー)役を佐藤健が、真城とタッグを組む原作者・高木秋人(シュージン)役を神木隆之介が演じるというのだが、「絶対に逆」「キャスティングミスだろ」「逆なら有だな」と、佐藤と神木の配役について難色を示す声が。芸能界からも、原作の愛読者だった中川翔子が「バクマン実写!!?ひぇー!面白そう!でも神木さんがサイコーかとおもってたらシュージンのほう?!いろいろびっくり!」とつぶやいたほど。この大きすぎる反響に我慢ならなかったのか、本作で監督を務める大根仁は「逆逆うるさいのでスニーカーも逆に履いて撮影してますー」「公開したら確かめてくださいね」と、その評判にツイッターで応戦する事態にまで発展した。

 たしかに、原作では屈折したリアリストで寡黙な中学生として登場するサイコーは、『桐島、部活やめるってよ』で見せた神木の印象にも重なるし、ビジュアル的に長身で線の細いシュージンは、170センチに満たない身長の低い神木よりも佐藤のほうがしっくりくる。

 また、重要なのは2人に対する世間のイメージだ。神木といえば、好きな作品に『神のみぞ知るセカイ』や『バカとテストと召喚獣』といったラノベを挙げる"本気のオタク"である一方、佐藤は広末涼子との不倫や前田敦子へのお姫様だっこ騒動などもあり、"若手俳優きっての肉食系リア充"の印象が染みついている。ネット上でも「佐藤はチャラい方があってる」といった意見が挙がったように、一途にプラトニックな恋愛を貫くサイコーを佐藤が演じるのは無理があると感じる人が多いようだ。

 さらに、芸能関係者はこの配役に「事務所の意向も関係しているはず」と話す。

「というのも、佐藤も神木も所属事務所は同じアミューズ。『るろうに剣心』『リアル~完全なる首長竜の日~』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』などの映画や、現在放送中の『ビター・ブラッド』でも、佐藤の売り出し方は"主演俳優"。対する神木は、数々の作品でキーマンとなる役を演じてきたように"若き名バイプレーヤー"という立ち位置。実際、8月と9月に公開される『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』でも主演は佐藤で、女性人気が高いサブキャラ・瀬田宗次郎役を神木が演じます。いくらイメージとそぐわないとしても、アミューズとしては佐藤を準主役にさせるわけにはいかないでしょう」(芸能関係者)

 このように"大人の事情"も絡んでいると思われる今回の配役問題。だが、主人公の成長を見せるという意味では、ゴールデンでの連続ドラマ初主演作『Q10』で佐藤が体現したナイーブな表現が活かされそうだし、頭脳明晰でまくし立てるようにサイコーを口説きマンガの世界へ誘い込むシュージンは、演技の幅が広い神木のほうが意外とハマるような気もする。

 そもそも、マンガ原作で実写化が決定すると、キャストにダメ出しが起こるのはお約束イベント。大根がいうように"公開して確かめる"辛抱強さも必要なのかもしれない。

最終更新:2017.12.07 06:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

バクマン。 20 (ジャンプコミックス)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『バクマン。』配役ミス!? キャスティングの裏には"事務所の意向"のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アミューズ週刊少年ジャンプの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護
2 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
3 安倍首相が東京五輪聖火ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視
4 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
7 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
8 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
9 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
14 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
15 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
17 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
18 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
19 杏と父・渡辺謙の間にある愛憎
20 King Gnu・井口理が米イラン緊張で日本の戦争加担に危機感
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄