透けの美学!? 黒ストッキングの魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
0421kurotai_main.jpg
※イメージ画像:『くろスト女子』著:井上一真/オークラ出版

【メンズサイゾー初出】(2014年4月)

 男性が求める女性の"理想の脚(もしくは足)"において、ナマ足派かストッキング派かという論争はいつの時代も繰り広げられてきた。しかしストッキング派は、"変態"とまではいかなくとも若干マニアックなイメージもあり、ナマ足派の健全さに比べれば、虐げられがちなものだったハズ。とりあえず、素肌とストッキングの境界の美しさで人気の「絶対領域」といった合わせワザ的なフェチはさておき、だ。しかし、その考えを覆すかもしれない、ストッキングを履いた女子の魅力を写真集としてまとめた一冊がある。それが『くろスト女子』(井上一真/オークラ出版)だ。

 ちなみに、男性諸氏には分かりづらいかもしれないが、タイツとストッキングの違いは生地の厚さで、一般的に30デニール未満のものをストッキングと呼ぶ(※数字が小さいほど薄い)。つまり、ストッキングの方がタイツよりもより素肌が透けて見えるということだ。この透け感と、"肉"を適度に締めつけ、人によっては美曲線を、ふくよかな体型の人にはむっちりエロスを演出することこそが、ストッキングの最大の魅力だろう。黒は言わずもがな、より女性を魅力的に見せる色ってことで。さて、この気になる一冊『くろスト女子』から黒ストッキングが映えるパーツを見つけてみたい。

 まず欠かせないのが、膝やかかと、くるぶしといった"ちょっと出っ張った"部分だ。椅子に足を組んで座ったときや手すりに腰掛けたとき、床にペタンと座ったとき、しゃがんだときなど、カラダの動きに合わせてストッキングが引っ張られるため"透け感"がガラリと変わる。素肌とストッキングの色合いの変化が楽しめるのだ。日常生活において、女性のこういった姿をじっくり観察などできないわけで、まさに改めてエロさを再認識といった感じだろうか。

 また、ストッキング好きに意外な人気を誇るのが、つま先部分。キュッと締め付けられたつま先や、ストッキングから透ける真っ赤なペディキュアに、ドキッとする人もいるハズ。薄手のストッキングなどはつま先部分が破れないように補強されていることも多いが、そのわずかに濃くなった部分とのコントラストがたまらないという人も多い。それに、女子のみなさんなら身に覚えがあるだろうが、ストッキングを履いている最中、ズレたり違和感があるとつま先の部分を引っ張ることがある。その仕草や、少しだけ締め付けから解放される指先もどこかエロティックに見えてしまう。

 しかし、やはり外せないのがお尻まわりだろう。女性らしいムチッとした太ももや丸いお尻をキュッと引き締める黒ストッキングは、生足よりもよりくっきりと、きれいに足の形を浮かび上がらせてくれる。それに、薄いストッキングから下着が透けて見える様もいいが、スカートから覗く太ももの切り替え部分の色の違いも、普段なら見えようのない部分で、男ならそそられるだろう。爪で引っかくと、すぐに伝線してしまう心もとない薄さ。でも、その1枚の隔たりがあるだけで、素肌よりも色っぽさが増すのだ。

 ストッキング派はもちろん、ナマ足派にもぜひ読んでほしい1冊の『くろスト女子』。普段会社にいる女性社員たちのストッキング姿を見慣れているという諸兄も、本書を手に取ることで、もしかしたらストッキングの魅力にハマり、社内で女性を見るたびに新鮮な気持ちを感じることができるかも…。
(文=鴬谷けん)

最終更新:2018.10.18 04:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

くろスト女子 Black Stocking Complex

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

透けの美学!? 黒ストッキングの魅力とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フェチの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
3 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
4 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
5 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
6 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
7 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍が横田早紀江さんを無視している
10 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
11 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
12 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
17 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
18 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
19 日本のコロナ政策への批判チェックに24億円!
20 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
6 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
7 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
8 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
12 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
13 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
17 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄