AKBはブラック企業? 過酷な長時間労働、過剰競争を告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
AKB48とブラック企業』(著:坂倉昇平/刊:イースト新書)

【ビジネスジャーナル初出】(2014年4月)

 30歳以上の新メンバーを募集する「大人AKB48オーディション」、昨年ヒットしたNHK連続テレビドラマ『あまちゃん』の劇中アイドルグループGMT47を模した47都道府県から1名ずつ選出する「AKB48 Team8全国一斉オーディション」、昨年の「AKB48グループドラフト会議」など、立て続けに新コンセプトのオーディションを展開しているAKB48。最近では子どもたちのなりたい職業ランキングでもアイドルが上位にランキングしているが、その中でもやはりAKB48への憧れは絶大だろう。

 しかしそんな女の子たちの憧れの職業に対し、「AKB48こそが、ブラック企業」という衝撃の説を唱える人物がいる。2010年にいち早く「ブラック企業」問題に警鐘を鳴らし、この言葉の生みの親でもある坂倉昇平氏だ。若者の労働問題に取り組むNPOの理事を務め、関連雑誌を発行している坂倉氏だが、彼のいう「AKB48ブラック説」とは、どのようなものか。

 坂倉氏の著書『AKB48とブラック企業』(イースト新書)では、AKB48自体が日本の雇用システムの再現であるとして、主にAKB48プロデューサー・秋元康氏が手がけるAKB48楽曲の歌詞と日本の雇用を比較検証し、AKB48とブラック企業をリンクさせていく。

 まずAKB48の労働特性として「メンバーが物語やキャラクターを演じ」なくてはならない。それはファンとの関係から「相手(ファン)感情を読み取り、感情に働きかけるような労働が必要」となる。これを「感情労働」と呼ぶが、行き過ぎた感情労働は「精神的疲労、消費者のために満足がいく感情労働ができないことによるストレス」「消費者からの圧力」が生じていくことになる。さらに「キャラクターを演じる」AKB48は全人格が評価対象となり、過酷な長時間労働に晒されているのだ。

■過酷な労働環境

 確かにAKB48の労働環境は過酷だ。しかも彼女たちのコンセプトは「会いに行けるアイドル」。よって「握手会の回数が膨大になり、人気メンバーは一回当たりの拘束時間も長時間化する」。

 それを補うのが「やりがいの搾取」だという。ファンのためにとメンバーたちが自発的に労働環境の過酷さを我慢して受け入れてしまうことを指すが、そこにメンバーたちを導く装置が、AKB48の歌う歌詞に隠されているという。

 秋元氏が手がける歌詞の多くは「自己啓発」的であり、労働を美化し、また自己責任を押し付けるものとしても機能する。

 例えば、峯岸みなみが恋愛禁止を破り、丸刈り騒動に発展した一件について。AKB48チーム4の『清純フィロソフィー』の歌詞を引くと「恋愛は許してあげよう。その代わり、自己責任でリスクを引き受けろ」というメッセージが隠されていると筆者はいう。加えて「事実の解明やスタッフの責任ははぐらかされる」装置ともなっているのだ。

 AKB48と労働問題のリンクはまだある。チームを数多く作ることでチーム間の「格差」を構築し、総選挙を通じてメンバーたちを「過剰に競争」させる。総選挙は一見「自由化」でもあるが、だからこそメンバー間では仲間意識よりもお互いの疑心暗鬼、不安が募る。自由化による過剰競争、自己責任――これはまた現代の就活の構図ともリンクする。

 AKB48の総選挙も就活の面接も、その基準は曖昧だ。曖昧さは「問題を自分に求めさせる『自己分析』」となり、AKB48や学生を追いつめていく。

 そして過酷な自己責任の競争原理に投げ込まれた挙げ句が「世代交代」という名の「使い捨て」「卒業」である。

 こうした視点で検証すると、確かにAKB48の人気の仕組みと労働問題は絡み合うことは多い。ブラック企業の定義にもある長時間労働、格差、自由競争、雇用の流動化など、日本の雇用システムの問題点とAKB48は不思議と重なり合う。

 ミリオンセラーを連発しながら「労働問題」を体現する、それがAKB48であり、現代の「女工哀史」なのかもしれない。
(文=和田実)

最終更新:2017.12.07 05:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

AKBはブラック企業? 過酷な長時間労働、過剰競争を告発のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ブラック企業秋元康の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
2 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
3 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
4 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
5 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
12 NHKのおおさか維新出演に批判殺到
13 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
14 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
15 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
16 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
17 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
18 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
19 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
12 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
16 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄