アベノミクスのインフレ政策は間違い! デフレが日本を救うは本当か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年3月)

 安倍晋三政権の経済再生策、いわゆるアベノミクスを支持してきた株式市場が2014年に入り、不安定な動きを見せている。アメリカの景気失速、資源国の経済不安に加え、安倍首相の靖国参拝などで日中関係がさらに悪化したことから、外国人投資家が日本株の売りを加速させているためだ。

 だが、こうした状況になる以前から、アベノミクスに対する懐疑的な声は少しずつ大きくなっていた。

 アベノミクスはインフレ・円安を推奨する政策。インフレが進めば円安になり、輸出も内需も拡大し、企業の利益が伸びて経済成長が実現できる。雇用を拡大し、勤労者の賃金を上昇させ、生活は良くなるはずだった。ところが、現実には円安政策によって、石油や農産物の輸入価格上昇が国内の小売価格にまで波及して、国民の生活が苦しくなる輸入インフレの傾向が強くなっている。加えて、円安にもかかわらず、輸出はそれほど増えていない。なぜなら、輸出増に貢献するはずの直接消費者に売る最終消費財の工場は、すでに低廉な労働力の海外に進出済みであり、現在の輸出製品の大部分は機械装置や部品などの資本財・中間財となっているためだ。これでは、輸出先の景気が回復しない限り、輸出増には結び付かない。

●インフレは富裕層だけが得をする

 そんな中、異色の経済本が出版された。『99%の国民が泣きを見るアベノミクスで貧乏くじを引かないたった一つの方法』(増田悦佐/マガジンハウス)だ。著者の増田悦佐氏は、ニューヨーク州立大学助教授を経て世界的金融グループのHSBC証券など外資系証券会社で勤務した経歴を持ちながら、米国の経済政策を徹底批判してきたエコノミストだ。増田氏は本書の中で、そもそもアベノミクスのインフレ政策に決定的な錯誤があると指摘している。

「(インフレは)借金のし放題というひと握りの恵まれた連中だけがますます儲けて、ふつうの庶民にはちっとも恩恵が及ばない、まさに国民の99%が泣きを見るような経済状態なのだ」(本書より)

「物価の上昇と通貨価値の下落が継続的に続く状態」であるインフレでは、借金をしても実質負担が減る。儲けられるのは、多額の借金があって、その借金の元本の目減り分が非常に大きい人たち、政府や一流企業、金融機関、個人でいえば一部の金持ちに限られるというわけだ。

 それはインフレを目指してきた米国を見ればわかるという。一部の富裕層へ富が集中し、所得上位1%の所有分が2割近くに及ぶ。一方で、飲食業界などの勤労者は低賃金。医療サービスや大学の授業料は値上がりし、貧富の格差を示すジニ係数は日本よりかなり高い。インフレで勤労者の所得が増えるわけではないのだ。

 増田氏は本書の中で、アベノミクスを次のように批判する。

「アベノミクスのまぬけさは、インフレで企業利益も上がるが、勤労者の所得も増えるというような絵空事を、政策担当者が真に受けているところに現れている。その悲惨さは14年の春、消費税が現在の5%から8%に上がるころ、日本国民の共通認識になるだろう。くれぐれも、高額商品を消費税増税前になるべく買っておこうなどとは考えないでいただきたい」

●デフレを肯定する意見が相次ぐ

 増田氏はこうした最悪な状況を避けるために、なんとデフレの継続を提唱しているのだ。

「デフレで、幸せな国づくり、生活スタイルを考えたほうがいい。それが結果的に、経済成長にも結び付くことである」

そして、日本が不況に覆われた「失われた20年」についても、それまで買えなかったモノが買えるようになってきて、実質GDPが少しずつでも成長を維持してきたのだから悪くはない時代だったと肯定するのである。

デフレになると、リストラが横行し、国民の生活はもっと苦しくなるのではないかという疑念が生じるが、増田氏によれば、こうした意見はインフレ推進派の誤った経済学に毒された考えなのだという。

 金融緩和インフレ政策を批判する風潮はこれまでもあったが、まさか日本経済停滞の元凶と言われていたデフレを推奨するとは驚きだ。だが、この考え方は最近注目を集めている里山資本主義や脱成長の政策論ともつながっており、実際に、中原圭介氏や浜矩子氏、小幡績氏といった経済学者やエコノミストの間でも「デフレ肯定」を唱える声が出てきている。

 さらに、増田氏の主張で気になるのは、インフレは戦争と親和性が高いという視点だ。アメリカのインフレ政策が戦争をつくり出してきたことを指摘した上で、安倍政権の中国、韓国に対する好戦的な姿勢に次のように警鐘を鳴らす。

「低成長率に飽きた人たちの中から『インフレにできるものなら、戦争を歓迎すべきだ』という風潮も出てきた。これは短期的な経済の浮沈よりもはるかに深刻な問題だ。(略)多くの国民の生命・財産にかかわる重大事だ。慎重すぎるほど慎重に考えていかなければならない」

 はたして、このデフレ待望論は誤っているのか、それとも低成長時代の新しい経済政策なのか。興味のある方には一読をおすすめしたい。
(文=編集部)

最終更新:2017.12.07 05:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

99%の国民が泣きを見るアベノミクスで貧乏くじを引かないたった一つの方法

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

アベノミクスのインフレ政策は間違い! デフレが日本を救うは本当かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アベノミクス安倍晋三富裕層政策の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が台風の最中「休養」に批判殺到
2 NHKが台風19号接近のさなか台風情報に安倍政権PR紛れ込ませ
3 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
4 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
5 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
6 「家政婦」の名目で24時間労働の介護で日当1万円、残業代なし
7 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待
10 ラグビー日本代表への“日本の心”押し付けがひどい!
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14 堀江貴文が“手取り14万円”「お前が終わってんだよ」でまた無知晒す
15 安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
16 志らくが津田大介との“あいトリ”討論で “お上忖度体質”を露呈
17 安倍首相の「消費税増税」国会答弁で開き直り「法人税減税」を自慢
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
20 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄