『よつばと!』にドハマり、クールなはずの真木よう子の"マンガ愛"がすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1403_honnin.jpg
「hon-nin」Vol.7(太田出版)より

【おたぽる初出】(2014年3月)

 先日授賞式が行われた第37回日本アカデミー大賞で、最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞のW受賞となった真木よう子。この2つを同時に受賞した女優は1979年の大竹しのぶ以来で、史上2人目の快挙。肉体派女優という枠組みに留まらない表現力で、今後の活躍が約束された格好だ。そんな真木の演技力を支えているのは、じつはマンガ。クールな印象からは想像がつかないほど、真木は熱狂的なマンガ好きなのだ。

 真木がマンガを読むようになったのは、男兄弟の中で育った環境が大きい。「hon-nin」Vol.7(太田出版)での吉田豪によるインタビューでは、「お兄ちゃんが買ってくるヤンキーのマンガがいっぱいあって。みんなでよくモノマネとかしてましたね、『ろくでなしブルース』の。あのヤンキーの口調が、とにかく憧れだったんですよ」と語り、それが演技の原点かと訊かれると「あ、そうかもしれない(あっさりと)」と答えている。

 そして、真木のマンガ愛が炸裂しているのが、「+act.」(ワニブックス)で行われているマンガ家との対談連載だ。

 たとえば、2011年5月号での『あずまんが大王』『よつばと!』(アスキー・メディアワークス[KADOKAWA])の著者・あずまきよひことの対談。当時、『よつばと!』にドハマりしていた真木は、取材が始まる前から目を輝かせ、あずまを質問攻めするほどだったそう。それでも、ここで媚びを売らないのが真木流。「正直、絵が私とか女性には近寄り難いんですよね。萌え系というか。ごめんなさい失礼なこと言ってますけど」と本音をズバリ。しかし、日常系マンガである『よつばと!』の魅力について、違う角度からこのように感想を述べるのだ。

「私『よつばと!』を読んで、エロい女の人が…ってなんかすいません(笑)、でもそういう人がわりと好きなんだなって思ったんです。あさぎとか、凄いエロいじゃないですか(笑)。別にそういうシーンはないのに、エロさを感じるんです。よつばちゃんがなんでもない日常を楽しんで生きていく癒やしマンガでもあるんだけど、オプションみたいな感じで、チラッとエロさも感じられる」

 この分析には、あずまも「なかなか鋭いな~。男性目線ですね」と称賛。真木の演技に漂うエロティズムは、こうした感受する力から生まれているのかもしれない。

 また、13年5月号の松本大洋との対談では、「『Sunny』は母親としては凄く胸が痛い……けど、やっぱり子供にとってどんな母親でも、その人しか母親はいないんだなって。胸が苦しくなるけど、凄く面白い作品です」と、ママキャラで売ってはいない真木にしてはめずらしく、母親としての顔も覗かせている。

 さらに、前出の「hon-nin」で、真木が愛してやまない『ピューと吹く!ジャガー』(集英社)の著者・うすた京介と対談した際には、「うすたさんは私の中のスーパーヒーローですから。ハリウッドスターよりもスターですもん」「(『ピューと~』を)毎晩寝る前に何度も何度も読んでるんです」と猛烈にアピール。挙げ句、「うすたさんと一日好きなことができるとしたら、どこに行きたいですか?」と訊かれると「普通にディズニーランドに行きたいとか思っちゃった」と言い出すほどで、完全な乙女モードに。これにはうすたも「真木さんからディズニーランドって言葉が出てくると思わなかった(笑)」と驚嘆。「普段はやっぱりクールなキャラでいらっしゃるんですか?」とうすたが尋ねると、「いや、事務所がそれで売ってるんですよ。売ってるだけです」と真木はまるで吐き捨てるように答えている。──乙女な部分とクールさが同居した、真木の魅力が伝わってくるエピソードだ。

 ちなみに、真木が今いちばん会いたいマンガ家は、『三丁目の夕日』(小学館)で知られる大御所・西岸良平。念願が叶い、「+act.」2014年3月号の連載最終回では初対面の様子が掲載されている。ここではどんな素顔の真木が見られるのか。ぜひ読んで確かめてほしい。
(文/田口いなす)

最終更新:2018.10.18 04:16

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

よつばと! 12 (電撃コミックス)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『よつばと!』にドハマり、クールなはずの真木よう子の"マンガ愛"がすごいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あずまきよひこヲタ日本アカデミー賞真木よう子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
2 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
3 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
4 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
5 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
8 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
9 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
10 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
11 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
12 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
13 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第5話
14 田母神を担いだ百田、中西の責任
15 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
19 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
20 宮藤官九郎が『いだてん』は国家的プロパガンダじゃない
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄