『明日ママ』以上!? 芦田愛菜初主演映画にも過激すぎる場面が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mana_yasai129.jpg

【日刊サイゾー初出】(2014年1月)

 芦田愛菜主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)騒動が収まる気配がない。日本で唯一「赤ちゃんポスト」を設置する熊本の慈恵病院や全国児童養護施設協議会の抗議に、日テレは放送を予定通り継続するとの姿勢を崩さないが、スポンサー全8社がCMの放映を見合わせるという異例の事態となっている。

 芦田演じる主人公は「赤ちゃんポスト」に置かれていたことから「ポスト」というあだ名で呼ばれ、施設の職員からは子どもたちはペット扱い。鉄拳制裁を加えられたり、里親候補に気に入られるために泣く練習を強要されたり……といった過激なシーンの数々。こうした過激な設定の背景には、芦田の子役離れした演技力を際立たせ、新境地を見せたいという制作側の狙いもあったことだろう。その天才的な演技力ゆえ、「愛菜ちゃんが、こんな難しい役を……」「愛菜ちゃんが、こんなハードなシーンを……」と狙いたくなるのは、日テレに限ったことではない。

 実は、今年公開予定の芦田初主演映画には、この『明日ママ』以上のショッキングなシーンがあるのだという。西加奈子原作『円卓』を映画化したものだが、芦田が演じるのは、大阪の団地暮らしの小学3年生「こっこ」。口が悪くて、ちょっと生意気で、元気な大阪弁の女の子だ。三つ子の姉と両親、祖父母と暮らしている。円卓で食事をするにぎやかな家庭を舞台に、家族や同級生、在日韓国人やベトナム人との交わりなどユーモアを交えて描いた、少女の成長物語である。設定だけ見ると『明日ママ』とは違い、明るい芦田を安心して見られそうな、ほのぼのとした作品に思えるのだが……。

 なんとこの原作には、主人公の少女がロリコン変質者にSMまがいの行為を強要されるという、ショッキングな展開が登場するのだ。

 物語終盤の夏休みのある日、こっこがひとりで遊んでいたときのこと。「肩ほどまでの脂ぎった髪を、真ん中でぴたりと分け」「体をくねくねと揺らした」男が、こっこの前に現れる。

 鼠人間と呼ばれるその男は「ご尊顔を踏んでくれはるのん」と、こっこに自分の顔を踏むよう強引に頼む。「こっこは恐る恐る、つまさきを鼠人間の顔に載せた」「鼠人間の目はかっと見開いたままである」

 小学3年生のこっこは理解していないと思われるが、れっきとした猥褻行為、性的虐待といっていいだろう。猥褻シーンは続き、ついにはクライマックスを迎える。

 鼠人間は「もーっとやでー」「さーらーにーやでー」とさらに顔を踏みつけさせ、こっこは渾身の力を込めて踏み続ける。しばらくすると鼠人間は「ストッピット!」と言って、踏むのをやめさせた。そして「仰向けに寝転がったまま」「びくっ、びくっと体を震わせ始めた」。その表情は「苦しそうではなく、それどころか、どこか優雅な、水面をたゆたうような表情をしていた」──。

 小説は小学3年生のこっこの目線で描かれているため直接的な表現はないものの、こっこに踏まれながら、鼠人間は明らかに性的興奮を感じ、あるいは射精に至っているのかとすら思わせる記述だ。

 映画でもこの場面が描かれているのかどうかは不明だが、「孤独に憧れる」こっこが「初めて、孤独を感じた」というこの場面は、物語上かなり重要な部分でもある。原作では過激さだけを狙ったものではないが、映像となればそのインパクトは大。もし映画が原作通りなら『明日ママ』以上の過激な問題作になること必至だろう。果たして、映画に天才・芦田愛菜のSMシーンは存在するのだろうか? 『明日ママ』騒動の行方とともに、気になるところだ。

最終更新:2014.06.30 12:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『明日ママ』以上!? 芦田愛菜初主演映画にも過激すぎる場面が!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。芦田愛菜の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
2 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
5 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
6 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
9 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
10 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
11 安倍首相にマッチョ批判
12 ブレる松岡修造語録を読み解く
13 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
14 片山さつきが坂上忍に批判された
15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
16 ヒラリーが尖閣の原因は日本の国粋主義
17 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
19 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
20 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
1 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
8 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
9 「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
10 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
11 統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
13 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
14 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
15 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
16 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17 安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
20 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄