乃木坂46生駒もハマる!『Free!』熱はまだまだ終わらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1312_free.jpg
『Free!』公式HPより

【おたぽる初出】(2013年12月)

 アニメの放送は終了したにも関わらず、まだまだ人気の衰えない水泳アニメ『Free!』。11月12日に放送された『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、アイドルグループ・乃木坂46の生駒里奈も『Free!』の登場人物であるまこちゃんこと橘真琴が大好きだと発言し、ネットで大騒ぎになったほどだ。

『Free!』には、同じ高校の水泳部員である七瀬遙、橘真琴、葉月渚、竜ヶ崎怜、そして小学生の頃彼らと同じスイミングクラブに通っていたライバルの松岡凛など、さまざまな水泳男子たちが登場する。季節は変わっても、変わらずに女子を萌えさせる彼らの魅力とは一体なんなのだろう? 今回は、それぞれのキャラクターに迫ってみたい。

 まず、つかみどころのなさが人気になっているのは、主人公の七瀬遙。最初は、無口で水と鯖が好きすぎるちょっと変な人といった印象が強いのだが、実際は感情を表に出すのが下手なだけ。いつも真琴に面倒を見てもらっているので、浮世離れした不思議ちゃんにも見えるけど、料理も得意で生活スキルは高い。初心者の怜に水泳を教えるときもきちんと指導しているし、真琴がいないときは意外としっかりしている。渚や真琴の弟、妹には甘いので、本当は真琴に甘えているように見えて、彼の好きなようにさせてあげているだけなのかもしれない。それに、本当は負けず嫌いなところもある。これほどつかみどころのないキャラが主人公だったら、視聴者が気になってしまうのも当たり前。

 また、かわいいだけかと思いきや意外にも男らしく、メンバーの中でもっとも大人な立ち振る舞いをしているのが、遙よりも1つ年下の葉月渚だろう。たしかに、小柄で無邪気な雰囲気の彼が、鍋をがっついたり、大好物のいちごミルクアイスを食べている姿に癒されるという人も少なくない。でも、元々水泳部のなかった学校で水泳部を作ろうと持ちかけ、初心者の怜を引っ張ってきたのも渚だった。彼の行動力がなければ、あのメンバーが出会うことはなかったかもしれないのだ。元々、渚は遙の泳ぎに惚れ込んで彼を慕っていたが、遙が試合に負けて落ち込んでいるときには真琴の言うことも聞かず、無理やり怜たちの泳ぐ姿を見せる。そのおかげで、遙は再び水泳やメドレーリレーに向き合えるようになった。これも彼の行動力あってこそだ。

 そんな、実は男らしい渚とは逆の意味でギャップに萌えるのが、凛。小学生の頃は明るいリーダー的存在だったのに、遙たちと再会してからは冷たくて攻撃的な性格になっていた。でも、ギザギザの歯や強気な見た目とは裏腹に、口喧嘩が弱かったりすぐ泣いてしまうところなんかは、かなり乙女心をくすぐるよう。彼の泣き顔に心奪われ、一緒に号泣してしまった、という人もいるほど。やはり、完璧な人よりも弱さが垣間見えることでグッとくるという女子は多いのだろう。

 そして、一見クールでカッコよさそうなのに、ちょっとズレてるところがうけたのは、渚と同い年の怜。美意識を重視する理論派の彼は、真面目をこじらせた典型的な頭のいいおバカキャラ。でも、とにかく真っ直ぐで何事にも一生懸命な彼を見て、思わず応援したくなった人もいるのではないだろうか。ときにそれが空回りすることもあるが、それもまた彼の魅力。とくに、最終回で見せた彼の優しさとかっこよさには多くの女子が惚れそうになったはず。

 しかし、そんな彼らを抑え、人気投票でも1位に選ばれているのが、乃木坂46の生駒も推していた真琴なのだ。彼の誕生日である11月17日には、ツイッターやネット上で、彼のグッズに囲まれ、ケーキなども用意して真琴の誕生日を祝う女子が多数いたよう。そんな真琴はガタイがよく、面倒見もいいしっかりした優しいお兄ちゃんといった感じなのだが、海に対してトラウマがあったり、実はお化けが怖いといったかわいらしい一面もある。みんなのお母さん的な立ち位置で、生駒もブログで書いていたように「すべてを包み込む優しさ」が彼にはあるのだ。特に、無口な幼なじみの遙に対しては、彼の代弁をしながら彼の欠けた部分を補うことで、自分も満たされる。そういったキャラ同士の関係性としてだけでなく、純粋に自分の彼氏にするとしたら……と考えても、真琴の人気は揺るがない。甘えたい女の子にとって、彼は理想的な男の子なのだろう。

 アニメの最終回では、結局遙が凛と戦うことはできなかった。しかし、最後に凛が言った「見せてやるよ。鮫柄の最高のチームを」というセリフを本物にし、怜が遙たちと一緒にリレーを泳ぐためにも、続編を作ってほしいと願う人は多い。このように、それぞれのキャラが魅力的な『Free!』。加えて本作は、小学生時代という過去からつながっている高校生たちの現在を描いた。だからこそ、見ている側も、その先の未来をさらに見てみたいと強く思わせるのかもしれない。
(文/無筒ぱすた)

最終更新:2018.10.18 04:25

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Free! (6) [Blu-ray]

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

乃木坂46生駒もハマる!『Free!』熱はまだまだ終わらないのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Free!乃木坂46水泳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
3 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
5 オリラジ中田がリベラル論客に! YouTubeで安倍政権の改憲を批判
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
8 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
9 日韓対立で『ワシントンポスト』が日本の歴史修正主義が原因と指摘!
10 田崎とケントに自民党からカネが!
11 秋篠宮家の料理番がブラック告発
12 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
13 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
14 パワハラ禁止の法整備が不十分な日本で労働者をどう守るか?
15 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
16 安倍政権が天皇代替わりにかこつけ佐川元国税庁長官を恩赦に
17 N国・立花孝志のマツコ攻撃は言論弾圧!メディアは放置するな
18 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
19 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
20 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄