"おねショタ"マンガに登場する小学生男子がイケメンすぎてヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
マンガ
初恋モンスター』(日吉丸 晃/講談社)

【messy初出】(2013年8月)
 
 最近、ネットでとあるマンガの1コマがヤバすぎると物議をかもした。それは、妖艶な表情を浮かべたクールなイケメンが、女の子に向かって「で…俺小学生だけどどうする?」と言っている1コマ。「いったいどういうこと?」と思ってよくよく見てみると、彼はランドセルを背負っているし、体操服姿の胸元には「5-1高橋」の文字が……。

 ネット上ではこれを見て、「ワロタwwwwwwwww」「え…小学生…え??」「俺が知ってる小学生と違う」「もはやホラー」というコメントが溢れた。多くの人に衝撃を与えたこの1コマは、『初恋モンスター』(講談社/日吉丸晃)という作品で、小学生男子と女子高生の恋愛模様を描いたもの。単行本の発売前からこのコマの効果で大きな話題を呼んだ。

 しかし、実はこの"イケメン小学生×女子高生"という脅威のカップリングがウリの作品は数多く、女子の読者たちから圧倒的支持を集めているのだ。女子高生のお姉さんと小学生ショタの組み合わせ、略して"おねショタ"である。
 それでは、年上女子たちを夢中にさせている小学生男子たちは、一体どれほどイケメンなのだろうか? まずは、件の『初恋モンスター』を見てみよう。

 物語は、お嬢様育ちの女子高生ヒロイン・夏歩が車に轢かれそうになったところをイケメン小学生の奏に助けられ、一目惚れしてしまうというもの。この奏、ネット上でも「発育が良すぎる」と話題になっていたが、長身すぎてランドセルでも背負っていない限り絶対に小学生には見えない。そのうえ、小学生だとは知らないヒロインから告白されたときも、「本当の俺を知っても好きだって言えるならあんたと付き合ってもいい」と不敵に笑って返すのだ。

 こんな強気で大胆な返しをする小学生、実在したら怖いのだが、いざ付き合いはじめるとさらにスゴイ。「じゃ今日から彼女ってことで」と言って頭をぽんぽんと撫でたり、突然後ろから抱きしめて二の腕を触ってきたりと、女子が泣いて喜ぶ"さりげないスキンシップ"術を小学生ながら身につけているのだ。また、他のクラスメイトの前でもヒロインのことを「こいつ俺の彼女」と言って紹介するなど、相手が女子高生でもまったく動じず、自然と彼女扱い。たしかにこの小学生、"モンスター"である。

 また、同様に"おねショタ"ものである『かてきょん』(竹書房/あづま笙子)では、小学生のカムイが女子高生ヒロインの家庭教師をすることになるのだが、彼の言動も小学生とは思えないもの。たとえば、公園のベンチでヒロインがうたた寝しているところを発見するとつい放っておけず、隣に座って膝枕してあげる。さらに、ヒロインが木登りをしていて落ちそうになると、体格的に絶対受け止められるはずもないのに「危な…」と言って飛び出し、下敷きになってまで受け止めようとするのだ。この行き過ぎた気遣いに、とっさの行動力! さらに、どんなにヒロインのテストの点数が悪くても、決してバカにしたりせず、根気良く付き合う場面も。彼女に認めてもらうために一生懸命努力し、つりあうように背伸びをする……小学生にして、優しさと包容力を兼ね備えているのだ。

 そして、アニメ化もされた『神風怪盗ジャンヌ』で絶大なファンを獲得したマンガ家・種村有菜も、"おねショタ"ジャンルに挑戦。それが女子高生の愛のことが大好きな従兄の小学生・猫太が登場する『猫と私の金曜日』(集英社)だ。猫太は、愛と二人きりになるチャンスがほしくて相手の親に取り入って愛に家庭教師を頼むのだが、愛が恋する先輩がどんな男かを偵察するために学校やデートにまで無邪気な顔してついて行くなど、小学生ということを最大限に利用。そうかと思うと、「グロス可愛いねおいしそう」「その唇俺が予約してんだから」と、思わせぶりでエロいこともさらっと口にする。まるで天使と悪魔のように、無邪気な子どもの姿と獲物を狙うオスの部分を巧みに使い分けて愛に迫っていくのだ。

 もともと腐女子界では一大ジャンルを形成していた"ショタ"だが、"おねショタ"の場合は、ビジュアルも青年風に小学生風と、あまりショタらしさにこだわりはない。むしろポイントは"精神性"にある。前出の有村がインタビューで「やっぱり高校生男子だと恥ずかしくて言えないようなことも、猫太くんはまっすぐ言えるので」と答えているように、通常ならあり得ない口説き文句の数々や包容力も、怖い物知らずの小学生という設定だからこそ、てらいなく表現できるのだろう。
 しかし裏を返せば、女子が昔から求める少女マンガ界の男子像が、小学生にでも置き換えないと成立しないくらいに、現実は厳しくなっているということ。「強引」だけど「優しくて」、「胸がきゅんとするスキンシップ」が取れる。「ちょいエロ」で、かつ「私にだけ一途」……こんな男の子がいたらと夢見たものが、今では「いるわけないし」と鼻で笑ってしまうほど、リアル男子に恋愛スキルが皆無である状態を表している。

 そう考えると"おねショタ"は、小学生にしか期待できない女たちの「諦め」が生み出したブームとも言えよう。男子は「女は貪欲すぎwww」と笑うけど、もう少し期待させてほしい。(二次元だけど)イケメン小学生を見習えよ!

(本田 彩)

最終更新:2018.10.18 04:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

初恋モンスター(1) (KCx ARIA)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

"おねショタ"マンガに登場する小学生男子がイケメンすぎてヤバいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ女子高生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
3 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
10 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
11 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
12 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
15 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
16 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
17 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
18 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
19 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
1 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄