山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamamototaro_31_171008.jpg
新宿駅西口で“街頭記者会見”を行う山本太郎


 今回の総選挙の結果によっては、改憲勢力が改憲に向けた動きをさらに本格化させてゆく可能性も高い。目の前の選挙はもちろん、その先の憲法をめぐる戦いに向けて、インタビュー前編で「今から、何人仲間を増やせるか」「正解は見つかっていない」と語った山本太郎参院議員。そこに向けた活動のひとつが、夏につくったという「今さらきけない憲法ってなに」という小冊や連日おこなっている“街頭記者会見”だろう。その日も街頭で街ゆく市民の質問を受けながら、2時間ノンストップでしゃべり続けていたが、話題の中心は憲法と経済政策だった。山本太郎がいま、市民に向けて語りたいこととは何か。街頭でどんなことを語っているのか、最近の演説、街頭記者会見も含めてその内容をダイジェストで紹介したい。

●権力側が「憲法を変えろ」「憲法を変えたい」って言い出すって、図々しいにもほどがある

〈憲法改正、これ、自民党の党是だそうです。安倍さんが超改憲やりたいんです。自民党は「憲法をこう変える」という内容の改憲草案を出していますが、その中身は人々の権利制限の塊。そして、東京都知事である小池百合子さんが党首を務める希望の党。その党の方針も、憲法改正で知る権利を入れたいと。都政では築地・豊洲の意思決定さえもブラックボックスですから、知る権利って何ですか?の世界です。
 で、山本太郎の方針はどうか? 憲法を一字一句変えるべきではない、とは思っていません。ただ、議論にかなり時間が必要だと思います。「オリンピックまでに憲法改正を」など言ってる輩がいますが、これはただの火事場泥棒です。詐欺の一種と思ってもらって問題ないです。
 この国に生きる人々の多くが憲法とは何か、どうするべきか、を街中でも議論する様な状況にならなければ憲法は変えられません。だから時間をかける必要がある訳です。
 国民の側が、「憲法を変えてくれ!」とお願いしている訳ではありませんから。人々は、年金や経済、労働環境、税制について、何とかしてくれ!の声は多いですが、憲法についてすぐに変えろ!と言うスタンスの人々はほんの一握り。
 憲法を一番変えたがっているのが、政治家です。本来憲法で縛られるべき存在の権力者が、憲法を変えろと言ってる時点で、怪しいと感じなければなりません。
 日本の憲法は硬性憲法、しょっちゅう変えていいもんじゃない。
 でも、国のあり方を180度変える場合なら、話はべつです。極端な例で言うと、自衛隊を軍隊にする、天皇制を廃止する、くらいに国のあり方が大きく変わる場合は改正が必要な話になります。
 憲法ってなんですか?というと、皆さんご存知の様に、憲法98条でこの国の最高法規であることが書かれています。この最高法規、憲法の考え方に合わない法律や命令は無効だよ、って内容です。
 では、憲法は誰を縛るんですか? については、憲法99条に書いてあります。
憲法を尊重し擁護する義務を負う者は、「天皇、国務大臣、国会議員、裁判官、その他の公務員」、とある。
 国民の中から憲法を変えるべきだ!っていう声が多数にもなっていないにもかかわらず、憲法を尊重擁護する義務を負った権力側が「憲法を変えろ」「憲法を変えたい」って言い出すって、図々しいにも程がある。
 おまけに憲法改正の国民投票では、最低投票率が決められていないので、投票率がビックリするほど低くても憲法が変えられてしまう可能性が生まれる、無茶苦茶です。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。山本太郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 テレ朝が森友事件モデルのドラマに圧力で脚本改ざん?
2 大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
3 安倍が甘利明を党三役に起用、改憲の旗振り役に
4 “自衛隊OB軍事評論家の子女”防衛大生の交通事故めぐり忖度疑惑
5 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
6 加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
7 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
8 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
9 林真理子が文春で山口敬之問題に言及!
10 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
11 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
12 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
13 沖縄県知事選で佐喜真陣営が予算をエサに建設業者を動員
14 みうら&クドカンも憲法改正に危機感
15 3選安倍首相の秋葉原街宣で参加者に謎の茶封筒が…
16 前川前次官が田崎スシローを批判!
17 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
18 安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
19 つんく♂が秋元のメンバー差別に
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
1 安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
2 大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
3 3選安倍首相の秋葉原街宣で参加者に謎の茶封筒が…
4 “自衛隊OB軍事評論家の子女”防衛大生の交通事故めぐり忖度疑惑
5 「新潮45」でLGBT攻撃!小川榮太郎と安倍の関係
6 安倍が甘利明を党三役に起用、改憲の旗振り役に
7 沖縄県知事選で佐喜真陣営が予算をエサに建設業者を動員
8 「新潮45」杉田水脈擁護に安倍応援団揃い踏み
9 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
10 加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
11 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
12 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
13 秋元康のガールズバンド計画が大炎上
14 安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
15 樹木希林が辺野古に現れた日
16 安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
17 沖縄県知事選で創価学会幹部が暗躍
18 安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中
19 安室奈美恵のラストライブをめぐり自民党が
20 大坂なおみを“日本スゴイ”に利用する政治家とメディア

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄