ミスチルの新曲は「決裂した小林武史への憎悪がすごい」と話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mrchildren_01_141215.jpg
Mr.children公式サイトより


 今年行われたファンクラブ限定ツアーの映画化を先日発表したばかりのMr.Children。来年には結成30周年を迎えるが、ここにきてバンドに大きな変化が起こっている。

 まず、今年5月にミスチルは小林が代表を務める所属事務所の烏龍舎を離れ、新事務所・エンジンを立ち上げた。それだけでなく、月9ドラマ『信長協奏曲』(フジテレビ系)の主題歌にもなった最新シングル「足音~Be Strong」では、プロデューサークレジットからも小林武史の名が消えている。以前から何度も不仲説が流れてきたが、ついに両者は決別したようだ。

 その理由について「週刊女性」(主婦と生活社)は、小林が力を注いでいる農業ビジネスが原因と報道。小林は新会社を設立して野菜づくりにとどまらず飲食店の経営なども行っているが、飲食事業で発生した赤字をミスチルの収益で補填していたといい、なんでも記事によれば、桜井和寿はこの事実を知り、「あなたはビジネスマンじゃない、ミュージシャンなんだ。早く目を覚ましてほしい」と訴えたのだという。しかし、そんな声も届かず、結局は袂を分かつことになってしまったらしい。

 そんななかで発表されたのが、前述したシングル「足音~Be Strong」となるわけだが、じつはこの歌について、「小林氏への憎悪がモチベーションか?」とみる評論が登場。話題を呼んでいる。

 その評論とは、ミュージシャンの近田春夫氏が連載する「週刊文春」(文藝春秋)の名物音楽コラム「考えるヒット」のこと。近田氏は〈下世話な事情を知ってか知らずか、Mr.Childrenの新曲がどうにもその時とった行動の正当性を訴えたものにしか聞こえない! って誰だって聴けばそう思うっつうの(笑)〉と冒頭から切り出し、その理由をこのように述べている。

〈“ビートルズ愛のようなもの”は結局デビューからそれほど変わっていないのである。穿った見方をすれば、たとえばこの“ビートルズみたいな弦”のアレンジ再現など、スタジオの職人との作業に必要なテクニカルターム等十分なノウハウが身に着けば、別にPたる人間不在でも録音は遂行可能であると。オマエ無しの方がかえって伸び伸びと自分達のやりたいことはやれるんダゾと。これは一人小林武史への憎悪がモチベーションとなっているっ!と解釈していいのよねぇ……〉

 さらに歌詞についても近田氏は言及する。

〈コレ粘着質の度合いかなり高し! な詞作ですな(笑)。ザクっと聴いているとこの中身、契約書がどうのとか、無理矢理決められた道を歩かされるのはもうゴメンだとか、そんなこれまで自由を歌ってきたロックバンドのゴタゴタとはまさか思われぬ、ちょっと前のKPOP界の芸能スキャンダルって感じだもん。だから、オレなんかみたいなミスチル知らずは、小林武史搾取してたんだぁ! ってこれ聴きゃ思っちゃうよね。そのぐらい桜井という人の歌唱には、リアリティーというか、説得力がある〉

 たしかに、近田氏のいうようによく歌詞をかみ砕いてみると、ある意味で、示唆に富んでいることがわかる。

 まず、もっとも象徴的なのは、近田氏もツッコんでいる1番のBメロにある〈舗道された道を選んで歩いていくだけ/そんな日々〉というフレーズだ。そして、桜井はつづいて〈だけど/もうやめたいんだ〉と切実な言葉を口にする。〈やめたいんだ〉とは、ずいぶん直截的な表現である。このBメロ歌詞を見れば、たしかに小林によってつくりあげられてきた整えられたサウンドを捨てたいと言っているようにも思える。

 また、〈もう怖がんないで/怯まないで/失敗なんかしたっていい〉や〈拒まないで/歪めないで/巻き起こってる/すべてのことを真っ直ぐに受け止めたい〉という部分は、今後、自分たちの力で歩んでいく現実を直視した決意表明のようにも捉えられるし、何よりサビの〈今という時代は/言うほど悪くはない〉という歌詞は、もちろん主題歌としてドラマの設定を意識しているものだろうが、現状の音楽業界のことを評しているようにも見える。

 そして、最後の〈この足音を聞いてる/誰かがきっといる〉という、ファンを意識したようなフレーズ。デビュー時から支えられてきた“親元”を離れても、自分たちの音楽を聴いてくれるリスナーはいるはず──そう、桜井が自分を励ましている言葉のようにも響くのだ。

 はっきりとした“独立宣言”とも受け取れるこの歌。実際、桜井は数年ぶりの雑誌出演となる「ローリングストーン日本版」(セブン&アイ出版)のインタビューで、このように語っている。

「ドラマの主題歌っていうことが大前提としてあって。と、もうひとつ、今、新しいMr.Childrenというものを模索中で。ずっと小林さんと一緒にやってきたんだけど、もう1回、自分たちで自分の音楽をプロデュースするっていうか作っていくことをやってみたいなと思ってて」
「(新しい一歩でありタイアップというプレッシャーの)その孤独感みたいなものにすごく包まれた時に、そう思ってやっている作業でも、メンバーやスタッフが見ててくれるんじゃないかっていう信頼感みたいなものが、そのまま言葉になってますね」

 はからずも、小林はミスチルとの別れと同時期に、一青窈とも同棲を解消し、その一青は小林を振り切るように「他人の関係」をカバーした。さらに今年は前妻・akkoも5歳年下のアパレルブランド代表と再婚している。──多方面から「あなたがいなくてもやっていける」と突きつけられた格好の小林だが、果たしてそんなメッセージにあふれたミスチルのシングルを、小林はどんな思いで聴いているのだろうか。
(サニーうどん)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

足音 ~Be Strong

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

ミスチルの新曲は「決裂した小林武史への憎悪がすごい」と話題にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんプロデュース裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
2 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
3 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
4 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
5 菅に日歯連から3000万円迂回献金
6 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
7 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
8 貴乃花出馬を阻む森喜朗との不仲
9 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
10 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
11 『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
14 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
15 フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
16 オウム菊地無罪!井上証言の裏に
17 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
18 『橋下×羽鳥』が森友疑惑の論点ずらし
19 テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
20 加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
1 加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2 サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
4 安倍改造内閣は杉田水脈レベルの“ほぼ全員ネトウヨ内閣”
5 安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
6 加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
7 ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
8 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
9 翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
10 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
11 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
12 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
13 靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
14 『zero』有働由美子がニュース感覚“ゼロ”を露呈
15 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
16 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
17 テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
18 フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
19 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
20 『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄