2019年参院選ウヨミシュラン(前編)

参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編! ヘイト、表現への圧力、人権否定、女性差別…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編! ヘイト、表現への圧力、人権否定、女性差別…の画像1
自由民主党ホームページより


「ウヨミシュラン」といえばおなじみ、リテラが国政選挙の投票日前にお届けする極右候補者リスト──なのだが、安倍首相が「改憲」を争点に掲げた今回の参院選、自民党の候補者をチェックしてみると、どいつもこいつも9条改憲をゴリ押しする“安倍シンパ”みたいな連中ばかり。はっきり言って、“顔が右側に向いた金太郎アメ”みたいな状況になっている。

 だが、これまでの言動を検証してみると、圧力行為、人権意識の欠如、差別煽動、極右団体との関係など、それこそ民主主義を破壊しかねないとりわけヤバいイデオロギーを持つ候補者がいる。こうした極右候補者については、具体的にその危険性を明らかにしておく必要があるだろうと、今回も「ウヨミシュラン」を開催することにした。

 まず、前編では、比例で出馬している候補者のなかから、選りすぐりの9人をピックアップ。危険性、影響度、ヘイト度、キャリアなどを総合的に加味して、本家のミシュラン同様に☆3段階で評価してみた。

「憲法改正」という言葉だけでは見えてこない、彼らのヤバい本性。それでは張り切ってみていこう。(候補者は50音順)

…………………………………………

赤池誠章 ☆☆☆ 『ちびまる子ちゃん』にまで圧力をかけた極右徴兵制論者

 文科政務官などを歴任した安倍首相に近い文教族議員で、極右教育政策押し付けの扇動者。その主張は憲法9条改正(国防軍)や首相の靖国神社参拝、従軍慰安婦問題の否定、軍事力強化など“極右政治家”のテンプレそのもの。
 たとえば、「WiLL」2006年10月号に収録された稲田朋美議員ら同期との鼎談では、教育勅語について「天皇=国家のためであって、それが返ってきて自分の家族のためになるという考え方」などと大絶賛。さらには「近代国家の民主主義において一番の肝心要、根幹を成しているのは徴兵制で『自分の国は自分たちで守ろう』というのが原点」と熱弁していた。
 しかも赤池氏が危険なのは、ただの右翼思想のオッサンではなく、ばりばりの圧力体質だからだ。有名なのは昨年、前川喜平・元文科次官が公開授業をおこなった中学校に、文科省を通じて圧力をかけさせた件だろう。他にも2015年には、アニメ映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』に理解できないいちゃもんをつけて圧力をかけていた。
 赤池氏のブログによれば、文科省とタイアップした同作のキャッチコピー「友達に国境はな〜い」に〈思わず仰け反りそうに〉なったのだが、それはなぜかというと〈国際社会とは国家間の国益を巡る戦いの場であり、地球市民、世界市民のコスモポリタンでは通用しない〉から。この時点でどうかしているとしか思えないが、さらに赤池氏は〈文科省の担当課に確認〉したとしてこう続けている。
〈たかがキャッチフレーズ。されどキャッチフレーズ。一事が万事で、言葉に思想が表出するものです。国家意識なき教育行政を執行させられたら、日本という国家はなくなってしまいます〉〈文科省の担当課には、猛省を促しました。〉
 ちびまる子ちゃん映画の「友達に国境はな〜い」に、「日本という国家はなくなってしまう」とがなり立て圧力をかける。やっぱり、どうかしているとしか思えない。


有村治子 ☆☆☆ 日本会議と神社本庁が応援する「国防を考える母」

 6年前の参院選では、日本最大の保守系団体「日本会議」の推薦と、「神社本庁」の実質的政治部「神道政治連盟」の推薦を受けて当選した有村氏。日本会議国会議員懇談会の政策審議副会長、日本会議の女性部である「日本女性の会」副会長、神政連国会議員懇談会副幹事長を務め、〈戦後の教科書からは、万世一系という言葉は消えました。そこから始めていかなければいけない〉(日本会議の機関誌「日本の息吹」2013年6月号)などとして戦前の“天皇中心の国体”を教育へ反映するよう求めている。
 第二次安倍政権では女性活躍担当大臣に任命された。HPでは〈マタニティマークを全国に普及させた母親の視点も活かし〉などとアピールするが、その思想をチェックすると「女性の権利向上」とはほど遠い。実際、選択的夫婦別姓に反対しており、子育て政策については「子育て中の女性議員が、国防の重要性、あるいは私たちの未来の安全保障を考える、そういうことを自らの活動の原点にして発信していくことも大事だと思っています」(「誇りある日本の再生」2009年2月号)などと発言している。ようするに国民はみんな「皇軍兵士の母」になれ、ということなのかと突っ込まざるをえない。なお、有村氏は"子どもを産んだら傍にいて育てないと発達障害になるから仕事をせずに家にいろ"と強要するトンデモ理論「親学」とも関係が深い。
 日本会議事務局と神政連に確認したところ、今回の参院選でも、両団体は有村氏を推薦候補として応援しているという。復古的イデオロギー背負う存在として、右派は並々ならぬ期待を寄せているようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編! ヘイト、表現への圧力、人権否定、女性差別…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウヨミシュランヘイトスピーチ参院選編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
8 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
9 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
14 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
15 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
16 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
17 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
20 三浦瑠麗が「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄