常盤貴子主演『グッドワイフ』が描く検察組織のダーティぶりがリアルすぎる! 番組Pはなぜか小渕優子の夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
常盤貴子主演『グッドワイフ』が描く検察組織のダーティぶりがリアルすぎる! 番組Pはなぜか小渕優子の夫の画像1
TBS日曜劇場『グッドワイフ』番組サイトより


 ここ最近、やたら弁護士が主人公のドラマが目立つが、そんななか、安倍政権と検察で実際に起きている不正が克明に描かれていると一部で話題になっているドラマがある。日曜夜に放送している、常盤貴子主演のドラマ『グッドワイフ』(TBS)だ。

 常盤演じる主人公の蓮見杏子は、唐沢寿明演じる検事の夫・壮一郎と結婚、子どもができたことを機に弁護士を引退し専業主婦となっていた女性。ところが、東京地方検察庁特捜部長までのぼりつめていた夫・壮一郎が現職のまま突然収賄疑惑で逮捕され、さらに女性スキャンダルまで発覚する。杏子は生活のため、十数年ぶりに弁護士に復帰し、夫の弁護にも乗り出すことになる。

『グッドワイフ』はアメリカのドラマが原作で、やや荒唐無稽な部分があるが、実際にドラマを見返してみると、たしかに、検察の実態を彷彿とさせるストーリーやディテールが次々に出てくる。

 たとえば、そのひとつが、壮一郎の逮捕の裏側だ。逮捕前の壮一郎は、大物政治家の汚職を捜査していた。そこで、捜査の手が迫った大物政治家と検察上層部が組み、捜査を止めさせるため逆に壮一郎の汚職をでっち上げ、逮捕していたのだ。

 検察が疑惑封じ込めのために身内の現役検事をでっち上げ逮捕するなんてありえないと思うかもしれないが、検察ではこういうケースが実際に起きている。2002年検察庁の調査活動費の不正流用をテレビで実名告発しようとした三井環・大阪高検公安部長(当時)を直前、微罪で別件逮捕、口封じした事件だ。実際、ドラマを見ていると、ディテール部分が三井事件とよく似ており、参考にしているのではないか、とも思えてくる。

 また『グッドワイフ』は、検察の強引な捜査や人質司法、取り調べの実態も描いている。

 後任の特捜部長となった脇坂が「必ず起訴して有罪に持ち込め!」「落とせ」と部下にはっぱをかけるシーン、東京地検特捜部検事正が「大事なのは正義でなく有罪にすることだ」と呟くシーン、そして、壮一郎に保釈を餌にして自白を強要するシーンなどが繰り返し出てくるのだ。

「お前を起訴してやる! それだよ、その顔が見たかったんだよ。正義漢ヅラが悔しさで歪むのがな。裁判で有罪になれば当然、検事を辞める羽目になる」
「これだけは言っておくがな、何回申請しようとも絶対君は保釈されない。裁判が終わるまで薄暗い独房で生きるんだ」

 また、脇坂特捜部長が妻の杏子にアプローチし、こう揺さぶりをかけるシーンもあった。

「(家が)大変でしょう。色々と。あのー、私も言ってるんです、ご主人に。罪を認めさえすれば、すぐにでも拘留は解かれる。家族の元に帰れるんだぞって」
「蓮見くんも家族のことを思えば更生してくれるだろう。お子さんを巻き添えにするのはかわいそうだからな」

 保釈を自白の交換条件にする人質司法はゴーン逮捕でも散々話題になったが、
『グッドワイフ』はその実態も繰り返し描いていた。

 ほかにも、証人に虚偽の証言をさせたり、証言の音声データを捏造したり、大阪地検特捜部が証拠を改ざんした厚労省の村木厚子氏の冤罪事件を彷彿とさせるようなシーンもあった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

常盤貴子主演『グッドワイフ』が描く検察組織のダーティぶりがリアルすぎる! 番組Pはなぜか小渕優子の夫のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TBSグッドワイフ伊勢崎馨加計学園小泉孝太郎小渕優子常盤貴子森友学園検察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
2 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
3 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
4 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
5 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
6 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
7 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
8 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
9 山本太郎を評価せよ!
10 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
11 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
12 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14 ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 百田尚樹が辰巳琢郎を人格攻撃していた理由
17 安倍首相が隠した原発事故の責任
18 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
19 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3産経新聞が社員の1割をリストラ
4NHKの国会報道が安倍のPR動画状態
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6上田晋也が安倍政権とメディアの“沖縄県民投票無視”を痛烈批判
7ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
8安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
9安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
10安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
11『報ステ』がまた政権批判アナ排除
12安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
18酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
20セブン-イレブンの強権商法をアシストしてきたマスコミの責任

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄