秋篠宮が“宗教色”を指摘した「大嘗祭」に秘密の儀式が! 新天皇が寝座のある部屋に一晩こもり…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
秋篠宮が宗教色を指摘した「大嘗祭」に秘密の儀式が! 新天皇が寝座のある部屋に一晩こもり…の画像1
宮内庁HPより

 秋篠宮文仁親王(以下、秋篠宮)が、来年行われる大嘗祭について、「宗教色が強いものを国費でまかなうことが適当かどうか」などと公に疑義を呈したことが、大きな波紋を広げている。

 大嘗祭は、代替わりした天皇が初めて行う「一世一度」の新嘗祭であり、皇位継承にまつわる主要儀式だ。今の明仁天皇が1990年11月に行った際には、経費総額約25億円、終われば即座に撤去される儀式用施設「大嘗宮」の建設だけで14億円以上が使われた。当時の政府は、大嘗祭について「宗教上の儀式としての性格」を否定できないとしながらも「公的性格がある」という二枚舌を使って、皇室の私的な費用である「内廷費」からではなく、宮内庁管理の公費である「宮廷費」を投じた。

 来年に予定される大嘗祭についても、安倍政権は宮廷費からの支出を今年4月から閣議決定していたのだが、今回、秋篠宮はその決定に真っ向から反対を表明したわけである。

 誕生日に際した記者会見で、記者から「即位の行事や儀式についてのお考えを」と尋ねられた秋篠宮は、「国事行為で行われるものについて、私が何かを言うことができるかというと、なかなかそういうものではない」と前置きしたうえで、「一方、皇室の行事として行われるものについては、ある程度私の考えというものもあってもよいのではないかと思っています」とし、大嘗祭についてこう私見を述べた。

「大嘗祭については、これは皇室の行事として行われるものですし、ある意味の宗教色が強いものになります。私はその宗教色が強いものについて、それを国費で賄うことが適当かどうか、これは平成の時の大嘗祭の時にもそうするべきではないという立場だったわけですけれども、そのころはうんと若かったですし、多少意見を言ったぐらいですけれども。今回も結局、その時を踏襲することになったわけですね。もうそれは決まっているわけです。ただ、私として、やはりこのすっきりしない感じというのは、今でも持っています」

「今回もそうなわけですけれども、宗教行事と憲法との関係はどうなのかという時に、それは、私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています。今でも。ただ、それをするためには相当な費用が掛かりますけれども。大嘗祭自体は、私は絶対にすべきものだと思います。ただ、そのできる範囲で、言ってみれば身の丈にあった儀式にすれば(よいと思う)」

 実は、秋篠宮が大嘗祭について〈「皇室祭祀に公費を支出することは避けるべきではないか」との懸念を宮内庁幹部に伝えられている〉ことは、すでに毎日新聞が8月25日付朝刊ですっぱ抜いていた。しかし、それでも皇族が記者会見という場で、ここまで政府決定と異なる意見を直接的に述べたのは、異例中の異例と言わざるを得ない。

 しかも、秋篠宮は「そのことは宮内庁長官などには、かなり私も言っているんですね。ただ、残念ながらそこを考えること、言ってみれば話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています」とまで踏み込んだのだ。

 いかに「政教分離問題」を懸念しているかがわかるが、秋篠宮は日頃から代替わり関連の儀式について、天皇・皇后とたびたび話し合いの場を設けているとされる。今回の発言が秋篠宮だけの意見であるとは思えない。

 事実、秋篠宮は会見のなかで「身の丈にあった」という言葉を用いて儀式簡略化への希望をにじませたが、これは、2016年の今上天皇による「生前退位」に関するビデオメッセージともリンクする。今上天皇は崩御にまつわる「殯の行事」を例に、「行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります」と述べていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

秋篠宮が“宗教色”を指摘した「大嘗祭」に秘密の儀式が! 新天皇が寝座のある部屋に一晩こもり…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安部政権宮内庁皇室秋篠宮編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 菅義偉官房長官が国会で望月衣塑子記者をフェイク攻撃
2 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
3 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
4 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
6 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
7 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
8 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
9 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
10 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 太田光が右翼の抗議で転向していた?
12 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
13 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
14 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
15 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
16 SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感
17 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
18 安倍首相にマッチョ批判
19 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
20 北海道知事選でも安倍官邸が暗躍!野党は統一候補で対抗
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4岡留安則「噂の真相」編集長が死去
5小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
12首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
13国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
14小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16安倍「自衛隊募集に非協力的な自治体」と圧力発言
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19イージス・アショアに2350億円!懸念される健康被害
20不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄