『サンデージャポン』の“国会王子”TBS政治部の武田一顯記者がDVで警察沙汰に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takeda_171215_top.jpg
TBSラジオホームページより


 準強姦疑惑もみ消しの御用ジャーナリスト・山口敬之氏の出身局であるTBSで、またしても社員の不祥事が起こった。同局政治記者の武田一顯氏が家族へのDVで逮捕されていたというのだ。

 武田氏といえば同局の人気情報番組『サンデージャポン』に頻繁に出演し、またTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』などでもおなじみの人気記者。とくに国会担当として政治ニュースを解説し、“国会王子”の愛称で親しまれている。

 ところが、11月に入ったあたりから、その武田記者が『サンジャポ』にもラジオにも一切出なくなり、同時に武田記者が傷害事件で警察に逮捕されたという情報が入ってきた。

 そこで、本サイトが警視庁周辺を取材したところ、家族へのDVで、いったん刑事事件になっていたことがわかった。警視庁関係者がこう語る。

「11月ごろのことみたいですね。家族にDVをはたらき、警察に通報され、逮捕されたようです。ただ、家族が被害届を取り下げたことで、不起訴になったようですが」

 だが、現在まで、この事件は一切報じられてはいないし、TBSも公表していない。そのため、一部ではTBS幹部が警視庁担当などを通じて、事件のもみ消しを図り握り潰したのではないかとの見方も流れている。だが、全国紙の警視庁担当記者に聞くと、そういう話ではなかったようだ。

「山口敬之氏の準強姦事件のときもそういう噂が流れたが、TBSにそんな力はない。事実、今年に入ってからも、社員や番組スタッフの逮捕が発表されているしね。武田氏の場合は、不起訴になった上、身内の問題ということで、警察が自主的に伏せたということじゃないのかな」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『サンデージャポン』の“国会王子”TBS政治部の武田一顯記者がDVで警察沙汰に!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TBSサンデージャポン武田一顯爆笑問題の日曜サンデー編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
4 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
5 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
6 死者最多の大阪・吉村知事が会見で追及され小学生レベルの逆ギレ
7 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
8 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
9 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
10 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
11 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
14 東大首席弁護士はなぜイタいのか?
15 岡田と宮崎の同棲をテレビが無視
16 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
17 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
18 たけしが道徳教育を徹底批判
19 区立中学の性教育に自民党が圧力!
20 “ネトウヨの尊師”青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ!
1安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
2維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
3自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
4岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄