安定は希望の落とし穴? 公務員は認知症になりやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_koumuin_1.jpeg
公務員はなぜ認知症になりやすいのか 』(長谷川嘉哉/幻冬舎新書)

【ビジネスジャーナル初出】(2013年12年)

 2夜連続で放送されたテレビ番組『NHKスペシャル~"認知症800万人"時代 母と息子3000日の介護記録』(11月23日)、『同 "認知症800万人"時代 "助けて"と言えない 孤立する認知症高齢者』(同24日)が話題を呼んでいる。

 共に高齢者の認知症に焦点を当てた番組だが、認知症の家族を「在宅」で介護する時、どんなことが起こるのか。老々介護や、1人暮らしで認知症になった高齢者の"放置"の実態とは――。認知症患者は、推定462万人、予備軍も400万人ともいわれ、多くの人々にとって避けて通れない切実な問題だからこその反響だったのだろう。

 誰にとっても他人事ではない認知症。高齢化社会に向かい、認知症や介護に注目が集まる中、認知症に関し衝撃的な説を唱える書籍が刊行された。それが認知症専門医・長谷川嘉哉氏による『公務員はなぜ認知症になりやすいのか』(幻冬舎)だ。

 不況が続く中、今や最も安定した憧れの職業とさえ称される公務員だが、その公務員が認知症になりやすいとは、一体どういうことか。 

 同書によると、その前提条件として、こんな"事実"があるという。

「認知症は記憶を司る『海馬』が萎縮するために起こるが、最近になって感情を司る『扁桃核』の衰えも発症に大きく関わっていることがわかってきた」という。そこで大切なのが、扁桃核=感情を刺激する生き方だ。

 そのためには、不快に感じることを、考え方や行動によって快に変えていくことが、扁桃核を刺激し、認知症の予防につながるらしい。したがって「認知症になるか、ならないかの分かれ道は40代以降、扁桃核に刺激を与えてきたかどうか」が重要となるのだ。

●マンネリな生活を送っていると、認知症の危険

 そこで本題の公務員である。

 同書によると「マンネリで変化を好まない公務員」は扁桃核を刺激しない頭の使い方の人が多く、そのため認知症になりやすいという意味で、かなり危ない職業なのだという。

 著者の長谷川氏は、自身の経験も交えてそれを解説する。

 年間50回ほどの講演を行う著者だが、主催者が民間か公的機関かで、対応の"差"があるという。「民間企業が主催の場合は、講演会場で(著者の)本の販売をさせてもらう」。しかし公的機関の場合、販売させてもらえないことが多々あるのだという。理由は「規則で決まっている」「上司に確認したがダメだった」というお決まりの文言だ。柔軟性がなく、前例主義で、聴衆の希望に応えるという意思すら持たない公務員は「価値観が凝り固まっている」。

「公務員で大切なのは前例があるかないか、マニュアルから外れていないかであり、個人的な判断で結論が出せません」「組織の論理を優先して淡々と仕事をこなせる人のほうが、出世も早い世界です」。よって「自らの判断で新たな方法や対応策を生み出す思考・行動が必要とされていない」し、「狭い価値観だけで仕事をする」のだ。

 こうした柔軟性のなさは、凝り固まった価値観を生み、「扁桃核」をうまく刺激できなくなる。だから公務員の思考、行動は「脳の働きからいっても認知症の危険因子」となるのだという。

●脳に刺激を与え続ける生活が必要

 公務員は「お役所仕事」と揶揄されるように、決まった内容を繰り返すだけで、新しいことはせず、柔軟性がなく、発想力に乏しい、といった人も多いのではないだろうか? そのような仕事や職場環境に長年身を置いた人は、日々ルーティンワークばかりで生活に刺激もなく、マンネリに陥りやすく、認知症になりやすいというわけだ。

 もちろんそれだけでなく、運動不足、遺伝子、食生活、飲酒や喫煙などの生活習慣、環境の激変なども認知症の要因ではあるが、しかし「公務員は認知症になりやすい」というのもまた、認知症の現場ではひとつの定説だという。

 脳はいつでも刺激を求めている。その刺激こそが認知症予防法なのだ。

「好きな趣味を持つ、お金の管理は自分でする、積極的に人の集まりに参加する」

 年を取っても多くのことに興味を持ち、物事には柔軟に対処し、気持ちは前向きに――。簡単な気持ちの持ちようだが、脱公務員的な生き方こそが、認知症予防の第一歩のようだ。
(文=編集部)

最終更新:2014.08.14 07:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

公務員はなぜ認知症になりやすいのか (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安定は希望の落とし穴? 公務員は認知症になりやすいのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK公務員認知症の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『いだてん』が韓国併合で朝鮮出身選手が日本代表になった悲劇を描く
2 田中復興相が「自主避難者は担当外 福島県の責任」と大嘘
3 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
4 安倍首相がTwitterでも台風被害を無視しラグビーW杯に大はしゃぎ!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
7 英軍ラグビーチームの靖国訪問にイギリスで批判殺到、大問題に!
8 安倍内閣大臣と暴力団の密接交際発覚も不問状況にほっしゃん。が
9 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
12 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
13 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
15 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
16 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
17 千葉の復旧遅れ テレビで政府の責任追及がタブーに! 坂上忍も羽鳥慎一も
18 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
19 『いだてん』俳優・古舘寛治の安倍批判ツイートがキレキレ
20 田母神を担いだ百田、中西の責任
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄