セレブママ雑誌「VERY」を安倍内閣が検閲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
very1403-01.jpg
「VERY」3月号(光文社)

【サイゾーウーマン初出】(2014年4月)

 「VERY」(光文社)は、30代から40歳前後の母親をターゲットにした人気ファッション雑誌だ。井川遥を表紙にしたセレブママ路線が受け、部数も35万部を誇っている。ところが、その「VERY」編集部に意外なところから一本の電話がかかってきた。電話の主は内閣広報室。安倍内閣のメディア対策を一手に担っている部署だ。電話をとると、相手はこう切り出したという。

「秘密保護法を特集するのですか。それならうちも取材してくれませんか」

 確かに、「VERY」3月号には「お母さんこそ、改憲の前に知憲! 今、改憲が実現したら、将来、戦地に行くのは誰?」と題された記事が掲載される予定で、そこでは特定秘密保護法についても詳しく触れられていた。つまり、安倍内閣は批判記事が掲載されるのを知り、「こちらの言い分も載せろ」とやんわり圧力をかけてきたといえる。

 しかも、電話がかかってきたのは同号の発売数日前。記事を予告するような広告も打っておらず、掲載関係者しか知りえない企画を知っていたことに、編集部は騒然となったという。

「内閣広報室は『書店の情報で知った』といっているが、ちょっと信じがたい。安倍内閣は自分たちに批判的な報道を事前把握するために、かなりいろいろやっていますから。たとえば、同じ内閣官房の組織である内閣情報調査室は定期的に大手出版社の編集幹部を接待して、内部情報を聞き出している。おそらくその辺から情報が入ったんじゃないでしょうか。安倍首相は以前から女性誌を使ったPRに熱心なので、その意を汲んで動いた可能性もある」(官邸担当記者)

 こうした行為に、弁護士などからは、事前検閲や言論への恫喝という危険性さえあると、批判の声が上がっている。それにしても、なぜ「VERY」のようなセレブママ雑誌が憲法や秘密保護法のような問題を取り扱ったのだろうか。

 「VERY」は今、女性誌の中では異色ともいえる社会派路線を強く打ち出しており、読者から好評を博しているというのだ。その目玉の1つが、「VERY白熱教室」という連載で、子育てや暮らしと密接に関係するような社会問題を、同誌のモデルが知識人や専門家から学ぶという形式で取り上げている。「これからの『いのち』の話をしよう」「あなたならどう考える? 出生前診断」「養子を迎えるという選択肢」「『3歳児神話』のリアル非リアル」……。安倍内閣が問題視した記事はこのシリーズ第10弾で、憲法改正や秘密保護法の成立、集団的自衛権の解釈など、憲法に絡むさまざまな問題をテーマに、やはり同誌のモデルが弁護士、若手学者らを集めて座談会を開いたものだ。 

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ハウスワイフ2.0

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

セレブママ雑誌「VERY」を安倍内閣が検閲のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。圧力安倍内閣安倍晋三雑誌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
2 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
3 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
4 安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
5 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
6 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
7 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
8 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
11 ライムスターがJASRAC批判
12 太田の安倍バカ発言は名誉毀損でない
13 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
14 愛川欽也が「安倍に殺される」と
15 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
16 山本太郎が安倍首相に生活保護叩きの責任を
17 北朝鮮のアウトローが跋扈する闇経済
18 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
19 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
20 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
1田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
2 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
3「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
4五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
5自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
6昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
7安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
8 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
9 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
10 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
11阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
12自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
13安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
14「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
15近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
16赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
17感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
19K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
20大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄