不倫なのに"純愛報道" 中山美穂を矢口真里に置き換えてみたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mihomari0606.jpeg
『美ST 2014年07月号』光文社/『矢口真里写真集 ヤグチ』ワニブックス


【messy初出】(2014年6月)

 夫・辻仁成との離婚協議中の中山美穂が、音楽家・渋谷慶一郎との不倫を「女性セブン」(6月5日号/小学館)にスクープされた。中山が離婚を決意した理由は、辻の"見た目の激変"によるものとされてきたが、これでは中山にも非があったと見られてもおかしくはない、形勢逆転ともいえるスキャンダルである。

 ……のはずなのだが、いくつかの週刊誌が後追いをするくらいで、なぜか日刊ゲンダイを除くスポーツ紙やワイドショーはダンマリ。そもそも肝心の「女性セブン」でさえ、見出しは『中山美穂に新恋人!「もう迷わない、私の人生」』と、まるで離婚が成立した後のような扱いなのだ。

 しかも、驚かされるのはその本文である。冒頭から「とにかく、恋のときめきがなかったら、ただ生きている昆虫と変わらないわ」などと、ジャンル・モローやココ・シャネル、ブリジット・バルドーの"アムール(愛)に生きた女たち"の名言を引用。「彼女たちはいつまでも女を捨てることなく、母でも、妻でもなく、永遠に女として生きている」と、まるで化粧品のコピーのような言葉が並び、一体何の記事なのか訳がわからない状態に。

 さらに、いざ話題が中山と渋谷の密会に移ってもそのトーンは変わらず、「男性はそっと手を伸ばして中山の手首あたりをつかんだ。少し驚いた様子で中山が男性を見上げると、男性は少し照れくさそうに笑った」と、歯の浮くような描写が全開。コンビニで買い求めたアイスを食べ歩きする様子などを微笑ましくレポートするのだ。

 かと思えば、妻を亡くした渋谷の苦悩をとうとうと綴り、一方で中山はフランスでの夫婦生活を原因に"何年も前から離婚を考えていた"と強調するなど、あたかも恋に落ちるのが必然だったかのような純愛小説の基本パターンを忠実になぞっていく。そして最後には、「女を捨てることなく、迷いなき愛に生きる彼女の生き方は、アラフォーといわず、全世代の女性の胸を高鳴らせることだろう」と唐突に宣言して終了……。

 まあ、なんてステキな恋愛なんだろう! と感心した人は、ちょっと待ってほしい。同じく「女性セブン」が広末涼子と佐藤健の不倫をスクープしたときは"許されざる恋"と断罪し、見出しでは『12cmピンヒール網タイツで佐藤健訪ねた「不倫」の夜』と、ご丁寧にビッチ感を煽っていたではないか。

 中山の場合は離婚協議中とはいえ、女性週刊誌は「不倫」「浮気」がもっぱらの大好物。通常運行ならば『別居中の不貞!中山美穂アイス買い食い密会』くらいの見出しになっているはずだ。なのに、今回の記事中に「不倫」「浮気」という言葉は一切見当たらない。

 もちろん、この理不尽な"扱いの違い"には理由がある。中山といえば、"芸能界のドン"から寵愛を受けてきた女優のひとり。所属事務所も、有力芸能事務所・バーニングプロダクションの直系であることは古くから知られている通りである。すなわち"事務所の力"の差によって、不貞も"純愛"となり、美談に書き換えられるというわけだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

サヨナライツカ [DVD]

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

不倫なのに"純愛報道" 中山美穂を矢口真里に置き換えてみたらのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング不倫中山美穂矢口真里離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
2 槇原敬之は明らかに不当逮捕だ!薬物より怖い警視庁組対5課
3 安倍首相が辻元清美に“前夜祭の決定的な嘘”を暴かれ窮地に!
4 安倍政権の酷すぎる新型コロナ対応!「金がかかる」と検査キットを導入せず
5 安倍政権のコロナ対応の遅さに非難殺到! 14 日まで感染症専門家会議設置せず
6 安倍政権はコロナも“自己責任 韓国は生活費支援も日本は休業補償認めず
7 安倍「感染症対策のため獣医学部」は嘘! 加計は新型コロナ対応不能
8 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 『報ステ』政権忖度で首を切られたスタッフたちに支援の動き!
11 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
12 国内感染広がるも百田尚樹ら極右はまだ「中国人を入れるな」
13 伊集院光がNHK『100分de名著』で「東京五輪、本当にいるのか」
14 「全国高校生未来会議」仕掛人に新疑惑
15 新型コロナで高須院長やネトウヨが北朝鮮の「全員隔離」を絶賛
16 「桜を見る会」前夜祭問題でニューオータニ総支配人が
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
18 『報ステ』から政権批判が消える! 派遣切り、安倍シンパ出演
19 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
20 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄