スポーツの暗部…政治権力に利用されるサッカーの実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
post_5225_soccer.jpg
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年6月)

 サッカー2014FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会も中盤戦に入り、世界中でさらなる盛り上がりを見せているが、こうしたスポーツのビッグイベントのたびに話題となるのが「スポーツと政治」の問題である。

 2012年にロンドンで開催された第30回夏季オリンピック競技大会では、日本と韓国が激突したサッカーの3位決定戦後、韓国人選手が「独島は我が領土」と記載されたプラカードを掲げる騒動を起こした。今大会は、ウクライナ情勢を受けて、ロシア戦で一悶着が起きるのではないかと懸念されている。

 騒動が起きるたびに、メディアでは「スポーツに政治を持ち込むな」という、もっともらしい批判が語られるが、結局、なんの解決にもならないことが多い。それはスポーツと政治の関係、その中でも飛び抜けてサッカーが政治権力と密着してきたからだ。

●ディナモ・キエフの美談は捏造?

 例えば、今、紛争の発火点となっているウクライナには、その象徴ともいえる存在がある。

 FCディナモ・キエフは、ウクライナの首都キエフを本拠地とする世界的なビッグクラブだ。伊セリエAの名門・ACミランやイングランドプレミアリーグの強豪・チェルシーなどで活躍したスター選手のアンドリー・シェフチェンコを輩出したほか、ヨーロッパチャンピオンズリーグ(CL)の常連とあって、日本での知名度も高い。

 そのディナモ・キエフを世界的に有名にしたのが、第二次世界大戦時代にナチスと行った親善試合で、世に知られる「デス・マッチ」(死の試合)である。

 ナチスの占領下となったウクライナで、ナチスはサッカーの親善試合を企画する。当時からヨーロッパ屈指の強豪でウクライナ人の誇りとなっているクラブをナチスが倒し、ナチスの優秀性、それに歯向かう愚かさを教え込むのが目的だった。

「もしナチスに勝つようなことがあれば、選手は全員処刑する」、そう脅されながらも、ディナモ・キエフを中心に編成されたFCスタルトの選手たちは、母国の誇りのために死力を尽くして戦い、占領下の国民のために勝利した。ナチスは再試合の場を設けるが、その試合でもFCスタルトが勝利したため、選手たちは全員処刑されることになった。

 このエピソードをモデルにシルベスター・スタローン主演で映画『勝利への脱出』(パラマウント映画/1981年)が制作されたほどサッカー界では有名な話で、ディナモ・キエフのホームスタジアムには、この試合の記念碑もあるほどだ。

 ところが、スポーツジャーナリストのサイモン・クーパーによれば、この逸話は真っ赤なウソだという。94年、クーパーが「サッカーと政治」の問題に正面から切り込んだのが『サッカーの敵』(翻訳・柳下毅一郎/白水社)である。

 サイモン・クーパーが現地で取材したところ、ディナモ・キエフの広報担当者が、あの試合で選手がナチスに殺されたのは嘘であり、旧ソ連の諜報機関KGBによる戦後のプロパガンダだったと証言。

 さらにクーパーは、旧ソ連時代、KGB局長が地元モスクワのサッカークラブにディナモ・モスクワと名付けて以降、旧東側諸国では、秘密警察が管轄するサッカークラブを「ディナモ(英語:dynamo、発電機)」と名付ける習慣が生まれたと紹介する。東ドイツナンバー1のクラブだったディナモ・ベルリンは東ドイツの秘密警察シュタージ、元日本代表の三浦知良が入団したクロアチアのディナモ・ザグレブも旧ユーゴスラビアの秘密警察UDBAが関与している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

スポーツの暗部…政治権力に利用されるサッカーの実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サッカーワールドカップの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
2 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
5 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
6 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
9 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
17 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
18 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
19 田崎史郎のいない素晴らしい世界
20 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄