高島彩「泣き続けた」…"死産と妊活の過去"を告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
41A4ovIbYTL._SS500_.jpg
彩日記-Birth-』(KADOKAWA)

【日刊サイゾー初出】(2014年5月)

 今年2月に第一子となる女児を出産した、フリーアナウンサーの高島彩。先日、夫・北川悠仁の母の自宅隣に"推定価格1億8,000万円"の豪邸を購入したことを「女性自身」(5月27日号、光文社)が報じたが、初めての育児に追われながらも充実した日々を送っているようだ。

 しかし、実はこの妊娠・出産までにはつらい過去があった。というのも、先日発売した出産エッセイ本『彩日記-Birth-』(KADOKAWA)の中で、高島本人が以前に死産を経験していたことを告白しているのだ。

 本書によれば、最初の妊娠が判明したのは結婚から半年後のこと。妊娠4カ月目に入り、妊娠を世間に公表しようとしていた矢先、検診でおなかの中の赤ちゃんが亡くなっていることが分かったのだという。診断は「子宮内胎児死亡」、原因は染色体異常によるものだったそうだ。

 この妊娠がわかったときには北川と歓喜し、「主人と手を取り合って喜んだ、幸せいっぱいのビデオ」も残っているという。だが、当時の高島の認識は"結婚したら妊娠するのはあたりまえ"。そのため体を大事にしようと思いつつも海外取材を引き受けるなど、まだ"仕事モード"から抜け切れていなかったという。

 死産という悲しい現実──妊娠から12週を過ぎていたため、処置は出産するのと同様に分娩形式を取り、さらには死亡届を提出する必要がある。火葬も行うため、遺骨も残る。高島は小さなころから「つらい」と人に伝えるのが苦手だったというが、医師から説明を受けたときも、周囲につらい気持ちを悟られないよう「できるだけ平常心を保とうと必死でした」「ここでは絶対に泣かない」と気丈に振る舞った。しかし、北川の顔を見た瞬間、申し訳なさと悲しさで「我慢していたものが込み上げてきた」という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高島彩「泣き続けた」…"死産と妊活の過去"を告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アナウンサー出産妊娠高島彩の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニー社長の容体巡るジャニーズ事務所の情報統制の裏
2 中華料理チェーンを不当解雇され訴えたら…
3 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
4 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
7 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
8 秋篠宮家の料理番がブラック告発
9 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
10 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
11 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 「週刊文春」に公選法違反を報道された和田政宗が被害妄想丸出し反論
14 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
15 長渕剛のマスコミ批判に坂上忍が言い訳
16 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
19 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
20 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
1安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄