「窓から飛び降りたい」星野源の"壮絶"な闘病生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gen.jpg
蘇える変態』(マガジンハウス)より

【日刊サイゾー初出】(2014年6月)

 インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」のリーダーとして、シンガーソングライターとして、映画『箱入り息子の恋』やドラマ『11人もいる!』(テレビ朝日系)をはじめとした多くの作品に出演する俳優として、20~30代に支持されている星野源。過去二度、病によって活動を休止しているが、6月11日発売のシングル「Crazy Crazy/桜の森」(ビクターエンタテインメント)で音楽シーンに復帰する。

 柔和な笑顔と日ごろからの下ネタトークで、大病に苦しんだイメージが隠されているが、実際は死を覚悟するほどのすさまじい闘病生活をしていたことが明らかになった。

 5月9日に発売された、彼のエッセイ集『蘇える変態』(マガジンハウス)に書かれている生々しい記述が、ファンの間で話題を呼んでいるのだ。

 星野が倒れたのは2012年12月、楽曲制作とレコーディングが無事に終わった直後のこと。「スタッフ皆で拍手をしていると、急に目の前がぐにゃっと曲がった」「バットで頭を殴られたような痛みとともに、立っていられなくなり」、救急車で運ばれた病院で聞かされたのは、くも膜下出血という病名。手術前に担当医は本人に「絶対に助かります」と力強く宣言したが、周囲の人には「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」と言っていたというから、重篤な状態だったことがうかがえる。

 そして、術後に星野を襲ったのが、"生きるための苦しみ"。食べ物はもちろん水も飲めず、「爆発的な」頭の痛みだけが、ただただ続く。動けないストレスからか、神経が過敏になり、ほかの患者の息遣いや機械の音が気になって眠ることもできない。「24時間、不眠不休で痛みと神経過敏に耐え続ける。それが三日間続いた」と、想像を絶する過酷な状況だったのだ。

 そうなると、体だけではなく、精神もむしばまれてくる。「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい。早く死んでしまいたい。こんな拷問のような痛みはもうたくさんだ」と、心まで消耗していく過程が赤裸々に描かれている。

 しかし、彼は生きることは、死ぬよりずっと苦しいことに気づく。「生きるということ自体が、苦痛と苦悩にまみれたけもの道を、強制的に歩く行為なのだ。だから死は、一生懸命に生きた人に与えられるご褒美なんじゃないか」。まだ生に執着のある自分はご褒美をもらえる立場にないと思った星野は、痛みに耐え、病を克服していく。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「窓から飛び降りたい」星野源の"壮絶"な闘病生活のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。星野源闘病の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
2 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
3 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
4 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
5 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 『ゲゲゲの鬼太郎』が安倍政権を風刺してネトウヨが攻撃! 
9 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
10 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
11 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
12 『ゲゲゲの鬼太郎』の戦争描写をネトウヨが攻撃
13 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
14 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
15 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
16 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
17 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
18 冨永愛の自伝が壮絶すぎる!
19 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
20 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
6「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
7五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
8 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
9近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
10安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
11昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
13厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
14俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
15 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
16近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
17赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
18感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
20K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄