無駄な物を衝動買いしてしまう 店側が仕掛ける"無意識"のワナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「Thinkstock」より

【ビジネスジャーナル初出】(2014年5月)

 夕食に必要な食材や生活用品を買うために利用するスーパーマーケット。だが、実はそこで購入される商品の5割以上が「衝動買い」によるものなのだという。

 こんな衝撃的な事実を明らかにするのは、世界的なベストセラーなぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学』(パコ・アンダーヒル/ハヤカワ文庫)だ。同書は消費者の購買行動を徹底的に観察してヒトの習性を分析した結果、消費者の多くの購買決定は店内の状況に左右されると指摘している。

「何を買うかの決断が、店の外の状況に左右される可能性はますます低くなっているということだ。多くの購買決定が店のフロアでなされ、あるいはそれに強く影響される。買い物客はブランドへの忠誠や、何を買うべきかを広告に頼るよりも、店内での印象や情報に左右される」

 看板、棚の配置、ディスプレイ空間、備品……店舗という空間、そこで展開されるすべての装置には、こうすれば客が商品に手を伸ばしたくなるという「ショッピングの科学」がある。そして、利益を上げている店ほど、その科学を追求し、最も効果的な手法を実践しているのだという。

■客が店のメッセージを受け取るタイミング

 例えば、窓や入り口のすぐ内側の案内板は効果的だが、せいぜい数語のワン・センテンスで瞬時に読めなくてはならない。というのも、入り口近くでは消費者は当初の目的の商品を目指して、早足で入ってくるために、視野が狭くなるからだ。

「見えないかもしれないが彼らは慌ただしく自分を適応させようとしている。ペースをゆるめると同時に、目を明るさとスケールの変化に調整し、首を伸ばし、見るべきものをすべて見て取ろうとするのだ。その一方で、彼らの耳と鼻と末梢神経がそれ以外の刺激を識別している。音やにおいを分析し、店内が暑いか寒いかを判断する。(略)彼らはまだ本当に店内にいるのではない。見たところいるにはいるが、あと何秒かしなければ本当に店にいる状態にはならない」

 この店に入る前の移行ゾーンには何を置いても役に立たない。販売員が心をこめて、「何をお探しですか?」と尋ねても「いや、別に」と拒絶するだけだ。だから、この移行ゾーンでは、店内案内図を渡す、買い物カゴを手渡すなどの足取りを緩めさせるバリアをつくる必要がある。

 そして、客が奥に入ってきたら、今度は店側の商品に関するメッセージを増やしていく。例えば、ファストフードでは、何を注文しようかと思案しながら入ってくる客はカウンターに一目散で、当初はメッセージが届きにくい。しかし、目の前の行列に並び、大きなメニューボードでお目当ての商品を探す段階になると、メニューをじっくり読み始める。

「注文を伝えたあとも、メニューボードとカウンターの案内文はまだ客の注意の的となる。マクドナルドの研究では、75%の客が注文を終えたあともメニューを読んでいた。注文した商品が出てくるまでの時間、つまり『調理待ち』の時間は、平均して1分40秒だ。これはかなり長い時間で、たいていのメッセージが読める」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

無駄な物を衝動買いしてしまう 店側が仕掛ける"無意識"のワナのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ショッピングの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
2 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
3 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
4 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
5 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
6 入管法改正をケント・ギルバートが批判
7 官製映画会社が22億円の公金をドブに
8 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
9 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
10 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
11 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
12 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
13 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
14 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
15 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
16 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
17 2018「芸能人よく言った大賞」発表
18 たかじん「在日」ルーツ迫る評伝
19 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
20 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
7 入管法改正をケント・ギルバートが批判
8麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
9三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
10 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
11浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
12 入管法強行採決に『ひるおび』田崎、八代らが「野党が悪い」
13 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
14自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
15憲法審査会強行でちらつく安倍改憲へのシナリオ
16百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
17香山リカが講演会中止に危機感!「ダブスタ」攻撃にも反論
18天皇・皇后が発信し続けた安倍政権の排外主義への危機感
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄