増加する精神疾患の一方で…カウンセリング治療の危うい現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
serapisuto.jpg
セラピスト』最相葉月/新潮社

【トカナ初出】(2014年3月)

 1999年に約204万人だった精神疾患の患者数は、2011年には約320万人と、100万人以上増加(厚生労働省・2011年推計)し、カウンセリングが大ブームとなっている。「犯罪、事故、災害」が起きれば、学者やカウンセラーがテレビや新聞、雑誌に登場し、「心のケア」「心の復興」の大合唱となるが、心のケアの現実はきわめて危うい。

 待合室にずらりと並ぶ患者。メンタルクリニックの医師は患者の顔をちらりと見て、2、3の簡単な質問をし、すぐにパソコン画面に目を移す。眠れないなら睡眠導入剤、過呼吸なら精神安定剤…と、症状に応じた薬がその都度処方される、典型的な「3分診療」だ。患者(クライエント)も病院の混在を理解し、「薬を処方されればそれでいい」と割り切ってその場を去る。そして、理想の医師(セラピスト)を求める長い旅を続けることになるのだ。

 こうした現状に疑問を投げかけているのが、『セラピスト』(最相葉月/新潮社)だ。大ヒットした、ノンフィクション作品『絶対音感』『星新一』の著者である最相葉月氏が、密室で行われ、守秘義務があり、外からうかがい知れない世界である心の治療の在り方に迫っている。

■『セラピスト』が問いかけるもの 

 そもそも、心の治療には大きく分けて「精神療法」と「心理療法」がある。

 「精神療法」は、精神科の医師の治療計画のもと、医療行為として行われる心理的援助のことで、医療保険の対象になっているものもある。ただし、現在は1980年にアメリカ精神医学会で発表された診断基準(DSM)が事実上のスタンダードになっており、「どんな気分の落ち込みやふさぎこんだ状態も『うつ』と診断されてしまい」、「うつ病を含む気分障害の定義が広がったことから、入院が必要ではない比較的軽度な患者数が増加」するという問題が出てきている。

 一方で、精神科医が治療の対象としない心の不調、たとえば、人間関係の悩みや不登校などを扱う、心理学を土台とした心理的援助を「心理療法」と呼ぶのだが、この心理療法について、葉月氏は懐疑的な意見を述べている。

私はカウンセリングに対してうさんくささを感じていた。まず値段がばらばらである。相場はあってないようなもので、50分あたり5千円くらいから、高い場合は1,2万円を支払う」「カウンセリングを行う人を意味する『カウンセラー』という言葉はそれ以上にあいまいである。臨床心理士、心理療法士、精神分析家、産業カウンセラー、認定心理士、認定カウンセラー、認定臨床心理カウンセラー……と呼称はさまざまあり、中には怪しげな肩書きを自称する人もいる。(略)心理職には国家資格がないからやむをえないとはいえ、こうも呼称や資格が乱立していては、治療を必要とする人を混乱させるばかりである」(『セラピスト』より)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

増加する精神疾患の一方で…カウンセリング治療の危うい現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カウンセリングの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
2 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
3 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
4 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
5 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
6 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
7 つんく♂が秋元のメンバー差別に
8 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
9 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
10 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
11 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
12 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
13 DA PUMPがEXILEに挑戦状
14 読売、産経の安保報道を池上彰が批判
15 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
16 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
17 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
18 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
19 安倍はセカイ系!あのマンガが暴露
20 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
3クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
4所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
5ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
6竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
7安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
8早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
9産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
10安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
11 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
12日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
13 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
14 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
15外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
16安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
17平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
18落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合の無自覚
19三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
20松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄