増加する精神疾患の一方で…カウンセリング治療の危うい現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
serapisuto.jpg
セラピスト』最相葉月/新潮社

【トカナ初出】(2014年3月)

 1999年に約204万人だった精神疾患の患者数は、2011年には約320万人と、100万人以上増加(厚生労働省・2011年推計)し、カウンセリングが大ブームとなっている。「犯罪、事故、災害」が起きれば、学者やカウンセラーがテレビや新聞、雑誌に登場し、「心のケア」「心の復興」の大合唱となるが、心のケアの現実はきわめて危うい。

 待合室にずらりと並ぶ患者。メンタルクリニックの医師は患者の顔をちらりと見て、2、3の簡単な質問をし、すぐにパソコン画面に目を移す。眠れないなら睡眠導入剤、過呼吸なら精神安定剤…と、症状に応じた薬がその都度処方される、典型的な「3分診療」だ。患者(クライエント)も病院の混在を理解し、「薬を処方されればそれでいい」と割り切ってその場を去る。そして、理想の医師(セラピスト)を求める長い旅を続けることになるのだ。

 こうした現状に疑問を投げかけているのが、『セラピスト』(最相葉月/新潮社)だ。大ヒットした、ノンフィクション作品『絶対音感』『星新一』の著者である最相葉月氏が、密室で行われ、守秘義務があり、外からうかがい知れない世界である心の治療の在り方に迫っている。

■『セラピスト』が問いかけるもの 

 そもそも、心の治療には大きく分けて「精神療法」と「心理療法」がある。

 「精神療法」は、精神科の医師の治療計画のもと、医療行為として行われる心理的援助のことで、医療保険の対象になっているものもある。ただし、現在は1980年にアメリカ精神医学会で発表された診断基準(DSM)が事実上のスタンダードになっており、「どんな気分の落ち込みやふさぎこんだ状態も『うつ』と診断されてしまい」、「うつ病を含む気分障害の定義が広がったことから、入院が必要ではない比較的軽度な患者数が増加」するという問題が出てきている。

 一方で、精神科医が治療の対象としない心の不調、たとえば、人間関係の悩みや不登校などを扱う、心理学を土台とした心理的援助を「心理療法」と呼ぶのだが、この心理療法について、葉月氏は懐疑的な意見を述べている。

私はカウンセリングに対してうさんくささを感じていた。まず値段がばらばらである。相場はあってないようなもので、50分あたり5千円くらいから、高い場合は1,2万円を支払う」「カウンセリングを行う人を意味する『カウンセラー』という言葉はそれ以上にあいまいである。臨床心理士、心理療法士、精神分析家、産業カウンセラー、認定心理士、認定カウンセラー、認定臨床心理カウンセラー……と呼称はさまざまあり、中には怪しげな肩書きを自称する人もいる。(略)心理職には国家資格がないからやむをえないとはいえ、こうも呼称や資格が乱立していては、治療を必要とする人を混乱させるばかりである」(『セラピスト』より)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

増加する精神疾患の一方で…カウンセリング治療の危うい現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カウンセリングの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 今度は年金事務所所長がヘイト、野党議員や言論人を「在日認定」攻撃
2 冤罪に巻き込まれただけなのに解雇!“推定無罪”無視の会社
3 政府主催「国際女性会議」で山口敬之擁護の安倍昭恵が挨拶
4 お笑い芸人「薬物をやらない」自慢の無自覚
5 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
6 片山さつきが坂上忍に批判された
7 国会議事堂そばのアパに泊まってみた
8 百田尚樹がジュゴンめぐりまた反対派攻撃のフェイク 
9 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
10 安倍首相にマッチョ批判
11 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
12 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
13 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
14 グッディ!土田マジギレ真の原因
15 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
16 白井聡が「靖国に歴史的大義がない」
17 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
18 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
20 又吉も?厳しすぎる作家の金銭事情
1指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
2田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
3ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
4韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
5安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
6高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
7『報ステ』がまた政権批判アナ排除
8安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
9NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
104人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
11ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
12 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
13酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
14安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
16国会議事堂そばのアパに泊まってみた
17五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
18ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動
19百田尚樹が辰巳琢郎を人格攻撃していた理由
20今度は年金事務所所長がヘイト、野党議員や言論人を「在日認定」攻撃

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄