プロデューサーがアイドルに過酷な試練を与える理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1402_aimane.jpg
あいまねっ!-Idol is money!?-』(一迅社/平山ひろてる)

【おたぽる初出】(2014年2月)

 重大発表としてモー娘。に森三中の大島美幸と黒沢かずこを加えた新ユニット「モリ娘。」の結成を発表したつんく♂。メンバーの猛反発をよそに、つんく♂は新たなフォーメーションダンスも開発し、「モリ娘。」内ではセンター争いも起こっているよう。また、指原莉乃の博多移籍や峯岸みなみの降格処分、"総選挙"というシステムを生み出したり、AKB48メンバーが過酷な試練にガチで挑戦するバラエティー、さらに今月24日には"大組閣祭り"を控えるなど、アイドルに対してさまざまな試練を課してきた秋元康。ももいろクローバーZの川上アキラ・マネージャーも、彼女たちをかわいいアイドルとしてではなくプロレス的な発想で売り込むし、『あまちゃん』の挿入歌を担当していたベイビーレイズは、今年武道館公演を果たせなければ解散という公約がある。こんなふうに、プロデューサーたちは常にアイドルに対して過酷な試練を課してきた。そして、1月18日に発売されたラノベ『あいまねっ!-Idol is money!?-』(一迅社)にも、「カネにならないアイドルはクビだ!!!」をモットーにする敏腕プロデューサー佐藤伸吾が登場する。 "鬼の佐藤"と呼ばれる伸吾が、アイドルビジネスのために政府が運営する二宮学園を舞台に、可能性だけを秘めた少女・西宮有紗をプロデュースしていくのだが、なぜプロデューサーはアイドルに過酷な試練を与えるのだろう?

 そもそも、今では2次元、3次元に関わらず、いろんなタイプのアイドルが溢れている。そのなかで、ただ見た目がかわいいだけではもはや生き残れないのだ。だから、いろんなことに挑戦できる人や自分の強みを見つける。あるいは、作り出す必要がある。そこで必要になってくるのが、試練だ。顔もスタイルも平凡なステータスだった有紗にとって、何が強みになるのか。逆に、弱点はなんなのか。それを知るためにも、佐藤は段ボール9箱分のティッシュを何日かかってもいいから全部配りきるというミッションを与えたり、いいというまでひたすら踊り続けさせたりする。ここで彼女の強みや弱点を知ると同時に、今後も目の前に立ちはだかる試練に耐えられるだけの力があるか見ているのだ。プロレス方式でメンバーの闘争心を煽る川上マネージャーに、YouTubeの公式チャンネルでスマイレージに公開ダメ出しをし、「解散させてしまうと楽なんで無理から頑張らせる」と言ったつんく♂。彼らも、アイドルたちの中からほかにはない魅力を引き出すために試練を与えているのだろう。

 また、アイドルには愛嬌が必要だが、そのためにも笑顔は必要不可欠。人は、「どんなに苦しいときでも、くじけそうなときでも、笑い飛ばせる奴に勇気をもらおうとする」もの。つらさを表に出さず、どんなときでも笑えるからこそ、アイドルなのだ。この力を身につけるためにも、やはりつらく、苦しい状況に追い込む必要がある。これは、努力してもなかなか身につけられないし、身につけるにも時間がかかる。しかし、有紗は「鬼の佐藤」と呼ばれる佐藤を見ても動じないし、どんな試練を与えられても、いつもきらきらとした笑顔を欠かさなかった。そんな彼女には、ありとあらゆる女の子を見てきた佐藤でも数値化できない「未知数の希望」があったのだ。AKB48のミーティングで「目の前に二つ道があったら辛い方へ進め」という名言を残している秋元も、そんなアイドルを育てようとしているのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あいまねっ!-Idol is money!?- (一迅社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

プロデューサーがアイドルに過酷な試練を与える理由とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48つんく♂プロデュースモーニング娘。秋元康の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
2 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
3 ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
4 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
5 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
6 太田光が制服向上委員会に反撃された
7 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
8 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
9 片山さつきが坂上忍に批判された
10 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
11 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
12 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
13 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
14 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
15 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
16 安倍晋三が触れない“もう一人の祖父”
17 安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
18 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
19 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
20 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
5早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
6産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
7 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
8日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
9沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
10直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
11外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
12自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
13データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
14安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
15三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
16三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
17高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
20松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄