『黒バス』好きの腐女子にオススメ! 萌えるバスケBL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
1311_bbl.jpg
アオイロチョーク』(日本文芸社)

【おたぽる初出】(2013年11月)

 たびたび脅迫状に悩まされ、コミケなどのイベントにも参加を見合わせたり、関連商品の販売が中止になるなどの憂き目に遭っている人気少年マンガ『黒子のバスケ』(集英社/以下、『黒バス』)。脅迫状問題はとどまるところを知らず、同人誌や関連イベントだけでなく、今やTSUTAYAや有隣堂といった一般の書店にも影響を及ぼしている。

 『黒バス』といえば、主人公の黒子と火神が"キセキの世代"と呼ばれるライバルたちを倒して、日本一を目指していくという王道のバスケマンガだが、腐女子からの人気が高いことで知られている。そこで、現状に心を傷めているであろう『黒バス』好き腐女子のみなさんにオススメしたいのが、『アオイロチョーク』(日本文芸社)『みづいろとぴんく、それからだいだい。』(心交社)『獣の愛し方』(芳文社)といったバスケBLだ。『獣の愛し方』は高校の弱小バスケ部にやってきたスーパールーキーの甘酸っぱい恋を、『みづいろとぴんく、それからだいだい。』では寡黙な後輩と優しい先輩の不器用な恋を描いている。そして10月28日に発売されたばかりの『アオイロチョーク』では、同じバスケ部のライバルで親友でもある2人が、クラスメイトの男の子をめぐって恋のバトルが繰り広げられる。各作品のあらすじを追いながら、『黒バス』との共通点を見ていこう。

 まず、『獣の愛し方』に登場する主人公・濱田は、ただ背が高いというだけで、目についた新入生の熊井をバスケ部に勧誘する。しかし、実は熊井は全国優勝したバレー部の正セッターで、陸上でも全国記録を持つほどのすごいやつだったのだ!そのため、濱田はほかの運動部からいわれのないバッシングや嫌がらせを受けるハメになり、さらに、自分のレギュラーの座まで熊井に奪われたことから、バスケ部を辞めてしまう。そんな濱田に対して、熊井は「俺は濱田先輩が好きだからバスケ部に入ったんです」と告白をする。熊井は、濱田のいない部活で腑抜けたようになり、練習中もボーッとしていて使い物にならなくなってしまったのだ。濱田がほかのバスケ部員に頼まれてしぶしぶ説得に行くと「濱田先輩が戻って来てくれるなら頑張れると思います」と満面の笑みで言う熊井。さらに、試合に勝った後は濱田の制止も聞かずに襲いかかってきたりする。ただし、濱田に「でもじゃねぇ!嫌うぞ!」と叱責されると、熊井は固まって真っ青になってしまう。「まるで猛獣使いになったようだ」と濱田は笑うが、"猛獣"と言うなら『黒子のバスケ』の火神も同じようなもの。先輩に誘われてバスケを始めるところなんかも、アメリカのジュニアスクール時代に友だちができなかった火神と、彼をバスケに誘ったひとつ上のライバル・氷室との関係に似ているかも。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アオイロチョーク (KAREN COMICS)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『黒バス』好きの腐女子にオススメ! 萌えるバスケBLのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ腐女子黒子のバスケの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 統計不正で厚労省課長が「官邸関係者」明記の圧力メール
2 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
3 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
4 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
7 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
8 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
9 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
10 グッディ!土田マジギレ真の原因
11 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
12 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
13 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
14 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
15 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
16 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
17 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
18 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
6勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
8安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
9小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
14フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
15「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
16小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄