本田翼のマンガ愛はガチか? 芸能人のヲタアピールの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに『あまちゃん』(NHK)で大ブレイクした能年玲奈も、2011年のブログで「GOSICKが好きです。あと今期始まった中ではノイタミナ枠の、あの花も凄く良いんですが!Cに注目してます」「今期…んー…夏目友人帳、うさぎドロップ、日常、とかですかね…><」と綴っており、アニメチェックに余念がない様子をうかがわせた。また男性タレントでは、Kis-My-Ft2の宮田俊哉がアニヲタ・マンガヲタであることを猛烈に強調しており、バラエティ番組でヲタ芸を披露しネット民をドン引きさせたことも記憶に新しい。

 このようにヲタアピールする芸能人が増えているのには、当然理由がある。たとえば、能年や同じくアニメ好きで知られるAKB48の渡辺麻友などのように"清純系"をウリにしている場合は「二次元好き=処女確定」とファンを安心させる作用があるからだ。加えて、ヲタ告白とセットで行われることが多い「休日はマンガを読んでいます」という非リア充アピールが、庶民的な親近感を増幅させるのだろう。

 だが、かといってヲタアピールが裏目に出てしまうことも当然ある。その好例が矢口真里だ。取材で「アニメが大好き」「かなりマニアックなものも好き」と答えたものの、特に好きな作品として挙げた作品が『美少女戦士セーラームーン』だったため、「どこがマニアックなのか?」と大炎上。また、北川景子も雑誌で宝塚歌劇団にハマっているエピソードを語り「私は腐女子への第一歩を見事に踏み出しました(笑)」とアピールしたが、逆に腐女子たちから「腐のちゃんとした意味も知らないのに、流行ってるからって使うな!」と反撃を食らってしまったのだ。この矢口と北川の場合は「単にヲタはビッチ嫌いだから叩かれた」ともいえるが、どちらにせよ浅い知識でヲタをアピールすることが危険であることがよくわかる。

 しかも最近では、にわかではなく本気のヲタ度を示しても「ビジネス」と呼ばれてしまうリスクを伴う。例えば、ヲタク趣味を全開にしてファンを増やしてきたSKE48の松井玲奈だが、ガンプラ好きや『魔法少女まどか☆マギカ』愛を語るたびに、アンチからは「ビジネスヲタ」と叩かれる結果に。先日もGoogle+で松井が「よくね、ビジネスとか言われるんですが、ビジネスしてる暇があったら私は自分の好きなことしていたいタイプなのです」と反論する事態となったが、過度なヲタアピールが裏目に出てしまうこともあるようだ。

 ファンとの交流イベントでは"どてら姿"で登場するなど、やりすぎともとれる真性ヲタ感を演出している本田翼。果たして、このアピールが吉と出るか凶と出るか……生暖かく見守りたい。
(文/田口いなす)

最終更新:2018.10.25 12:42

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

本田翼のマンガ愛はガチか? 芸能人のヲタアピールの効果のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ本田翼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
8 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
9 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
14 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
15 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
16 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
17 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
20 三浦瑠麗が「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄