小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

小池劇場の裏で、安倍首相が高笑い! メディアは小池に踊らされ、森友・加計疑惑も身勝手解散の責任もうやむやに

小池劇場の裏で、安倍首相が高笑い! メディアは小池に踊らされ、森友・加計疑惑も身勝手解散の責任もうやむやにの画像1
首相官邸ホームページより


「(リベラル派は)排除する」「全員を受け入れることはさらさらない」──民進党の合流決定から一夜明け、本日、小池百合子・希望の党代表はリベラル議員の入党拒否を宣言。このことで民進党の最大支持組織である連合からも「話が違う」という反発の声があがるなど、小池新党をめぐってゴタゴタがつづいている。

 いまこそ良識あるリベラル派議員は第二自民党でしかない小池新党を批判し、本来の「野党共闘」の道を決断すべきだが、一方で問題なのがメディアによる報道だろう。ニュースやワイドショーでは小池代表の一挙手一投足に大騒ぎし、話題も「民進分裂」「小池代表は国政進出するか」などに集中しているからだ。

 だが、こうして“小池劇場”に振り回されつづけるなかで、重要なことが忘れ去られようとしている。「国難」であるはずの安倍晋三首相の問題についてだ。

 今回、安倍首相が解散を決めた理由は森友・加計学園疑惑潰しであるが、同時にこのタイミングであれば、小池新党も準備が整わないまま選挙にもち込めると踏んだことも大きい。しかし、小池はなりふり構わない戦法に出た。安倍首相の解散会見にわざとぶつけて、新党結成と代表就任の会見で先手を打った。しかも、当初20日におこなう予定だった赤ちゃんパンダの命名会見までをも直前にもってくるという「パンダの政治利用」までやってのけたのだ。

 そして、小池の目論見は見事に当たり、同日夜の各局報道番組には安倍首相の生出演のあとに続けて小池代表も出演し、たった1日で「安倍自民党vs.小池新党」という構図をつくりあげ、メディアを利用して世間にすり込むことに成功。翌日には新党旗揚げ会見を大々的に開き、昨日も日本記者クラブ会見にテレビ出演と、完全に新党の話題でメディアをジャックした。

 こうして、「安倍政権打倒」を掲げ、選挙の主人公と言わんばかりにスポットライトの奪取を果たした小池には、リベラル派からも「安倍政権を倒してくれるなら」と期待する声もあがっている。

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

関連記事

おすすめ記事

話題の記事

人気記事ランキング

総合
いいね!数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。