小説、マンガ、ビジネス、週刊誌…本と雑誌のニュース/リテラ

menu

吉本興業が社をあげて法務省PR! 松本人志の共謀罪賛成との関係は? ワイドショー芸人の会社が行政から金を貰っていいのか

吉本興業が社をあげて法務省PR! 松本人志の共謀罪賛成との関係は? ワイドショー芸人の会社が行政から金を貰っていいのかの画像1
「法務省×よしもと もっと知ってほしい!法務省」特設ページより


 『ワイドナショー』(フジテレビ)で毎週のように安倍応援団ぶりを発揮している松本人志。とくに、共謀罪について「(テロ防止のためには)冤罪もしょうがない」という無茶苦茶な理屈で賛意を示したことは記憶に新しいが、ここにきて、その松本の所属する吉本興業がなんとも露骨なことを始めた。

 その共謀罪の担当省庁である法務省のPRを吉本が会社をあげて請け負い、吉本芸人を大量投入して、法務省を紹介するというプロジェクトを立ち上げたのだ。

 その名も「法務省×よしもと もっと知ってほしい!法務省」。7月はじめにローンチしたホームページをみると、トレンディエンジェルと横澤夏子が90年代トレンディドラマ風のコントを通して空港での出入国手続きにおける自動化ゲートの紹介をしたり、ガレッジセールが横浜刑務所を訪れて刑務作業や更正のための取り組みについて学んだり、銀シャリが漫才を通して裁判員制度の解説をしたり、といった動画がアップロードされている。

 また、12日には、西川きよし、ワッキー(ペナルティ)、川田広樹(ガレッジセール)といった吉本所属の芸人たちが集い、このプロジェクトのお披露目会見が行われた。会見には、共謀罪をめぐる国会答弁で大きな批判を浴びた金田勝年法務大臣も出席。西川きよしが「最近はニュースで見ると、悪代官みたいに映っている(笑)。今日は、大臣の顔も明るいですね」とのツッコむ一幕もあった。

 まさに吉本芸人が勢ぞろい。その露骨さに、松本が無茶苦茶な共謀罪擁護をしたのはこういうウラがあったのか、と一瞬、考えたほどだが、松本と吉本の力関係や、時系列を考えたら、さすがにそれはないだろう。むしろ、松本の安倍応援団ぶりや共謀罪擁護コメントを見て、広告代理店がこれはいけると思いつき、法務省に「吉本にPRさせましょう」と持ちかけた可能性のほうが高い。

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。

関連記事

おすすめ記事

話題の記事

人気記事ランキング

総合
いいね!数

カテゴリ別に読む読みで探す

話題のキーワード

リテラをフォローする

フォローすると、タイムラインで
リテラの最新記事が確認できます。