ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100 第18号

逃げる暇などあるか! 残業激増からわずか数カ月で過労死に…過労死事件が警告する「高プロ」の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 2つの過労死事件について言及したい。

●若くても長時間労働は命を奪う! 異動による残業激増から半年足らずで心筋梗塞に

 1つめは、カラオケチェーン管理職の事案である。この男性(32歳)には、専業主婦の奥様と、子ども2人がいた。ところが、担当業務の追加という出来事があったわずか半年後に、心筋梗塞でお亡くなりになってしまった。

 この男性は、2000年にカラオケチェーンに入社して、店員や店長などを経て、管理職に昇進した。直近では、管理職として各カラオケ店舗を見回りして、売上管理、社員育成、接客指導等を行ってきた。カラオケ店であるから、昼から深夜にかけて営業していることが多く、男性は、昼間から夜間にかけて、自ら自動車を運転して、各カラオケ店舗を巡回して接客指導などを行っていた。したがって、業務時間は、お昼ごろから深夜にかけてであった。

 ところが、2012年6月、男性の仕事に、工事担当の業務が加わることとなった。工事担当の業務とは、新規店舗の開店に向けての工事、旧店舗の修繕工事、メンテナンス等である。この仕事は、カラオケ店舗が空いていない時間に行われることが多いため、男性は朝から昼にかけても働かなくてはならないこととなった。こうして、男性の労働時間は朝から深夜までということとなり、かなりの長時間労働に及ぶこととなった。

 労基署が認定した男性の「残業時間」は、以下のとおりである。

【労基署認定時間外労働時間】
直前6か月(6月~) 66:38
直前5か月(7月~) 91:00
直前4か月(8月~) 67:30
直前3か月(9月~) 101:01
直前2か月(10月~)111:16
直前1か月(11月~) 51:47

 6月以降、残業時間が増え、9・10月には100時間を超えていたことがわかる。

 このケースでは、6月に工事担当という新規業務の担当となり(出来事)、その後、月に100時間を超える「残業」が認められたことから、労災と認められた。若い方でも、異動などの出来事から半年もあれば、時には死にまで至ってしまうという意味で、非常に痛ましい事件であった。

 ちなみに労災認定でいう「残業時間」とは、週40時間を超える労働時間をいう。例えば、週47時間働けば、その週の「残業時間」は7時間ということとなる。

 ただし労働基準監督署は、働いていたという「きちんとした」証拠がない限り、残業時間を認定してくれない。

 例えば、自宅にPCや資料を持ち帰って残業(持ち帰り残業)をしていたとしても、ほとんどのケースでは、それは「残業時間」と認められない。労基署が認定する「残業時間」は、タイムカードや入退館記録などの固い証拠に支えられた確実な部分に限られているのであり、「残業●時間で過労死」などの報道についても、そのような視点で見る必要がある。

残業170時間超! 出向から3カ月足らずで過労死に追い込まれた男性

 2つ目の事件に言及したい。これは、31歳の男性が、出向という出来事の後の過重労働によって、心身の不調をきたし自死してしまった事案である。

 この男性は、2004年に大学を卒業し、その後、アウトソーシング事業を営む会社の正社員となった。男性は、以降、コールセンター(保険会社のお客様センター)管理、新設、立ち上げなどの業務に従事してきた。

 ところが、2011年10月、会社は男性に対して、関連会社への異動(出向)を命じた。

 関連会社は、チョコレートの製造販売会社であり、複数の百貨店等でチョコレートを販売する会社であった。男性は、このチョコレート販売会社で、在庫管理、店舗管理、店舗のアルバイト人材の管理など、これまでとはまったく違った業務を担当することとなった。

 しかし、この会社は設立後1年しか経っていない会社で、もろもろのシステム等が未整備の会社であった。在庫管理システムもまだ完成しておらず、倉庫会社のミスなども重なり、トラブルが続いた。男性の残業時間はどんどん増えていった。また、男性は、社長ら上司から厳しい叱責を重ねて受けるようになった。

 労基署が認定した「残業時間」は以下のとおりである。

【労基署認定時間外労働時間】
直前6か月(6月~) 40:00
直前5か月(7月~) 1:00
直前4か月(8月~) 11:30
直前3か月(9月~) 46:38
直前2か月(10月~)106:30
直前1か月(11月~)170:05

 10月まではそれほど「残業時間」がなかったが、出向があった10月以降は、月106時間、月170時間と異常な長時間残業が認定されている。

 男性は、12月28日に会社の非常階段で自死してしまった。

 このケースは、出向という出来事があった後に長時間労働があり、また、パワハラ的言動も存したとして労災と認定された。このケースは、体力のある若者であっても、出向という出来事に長時間労働などが重なれば、わずか3か月後程度で、自死まで至ってしまうという痛ましい事件であった。

 電通の高橋まつりさんの事件も、10月に本採用による業務量増加という出来事があり、その3か月後の12月末に自死に至ったのであり、このケースとほとんど同様の経過をたどっている。

残業代は長時間労働の歯止め 残業代支払い義務を撤廃する「高プロ」は危険だ!

 さて、2つの事件を通して、3点ほど、お伝えしたいことがある。

 まず、新規業務、異動、配転などの出来事があると、人間の心身に大きな影響を及ぼすということである。人間にとって何がストレスになるのかという研究も行われており、自分の結婚や子どもの独立など好ましい出来事であっても、やはり環境の変化があれば、人間にとってはストレスになることがわかっているようである。

 転職、異動、昇進、業務内容の変化、人員の変更など、環境の変化があった際には、自分はもちろん同僚、部下、上司の心身も少し気を配るようにされると良いかもしれない。

 次に、「長時間労働」についてであるが、長時間労働そのものよりも、長時間働くことによる「睡眠不足」が問題視されていることを覚えておいてもらえればと思う。医学的には、睡眠時間が減ると、血圧が上昇したり、心臓の鼓動が乱れるなどし、脳や心臓に大きな負担をかけることが判明している(「脳・心臓疾患の認定基準に関する専門検討会報告書」2001年11月16日)。また、睡眠時間が減ることで、思うように仕事が遂行できなくなり、会社や上司や自分の要求水準に到達できなくなって、挫折を覚え、メンタル疾患を発症するのではないかとの分析もある(加藤敏『職場結合性うつ病』金原出版ほか参照)。

 自分はもちろん、同僚、部下、上司やあるいは自分の家族が十分睡眠が取れているかどうかについては特に気を配っていただきたいと思う。

 最後に、紹介した2つの事例も、それからその他の事例でも、労災認定にまで至った事案では、残業代が支払われていないケースがとても多いことを指摘しておきたい。

 残業代を支払わない→従業員の労働時間に無関心→長時間労働の放置、といったメカニズムが働いてしまっているものと思われる。残業代は、長時間労働に対する歯止めという役割を果たしていると感じている。その意味で、「高度プロフェッショナル制度」など残業代支払義務を撤廃してしまう制度には、心配を覚えるし、個人的には反対である。

【関連条文】
安全配慮義務→労働契約法5条
労災認定基準→「脳・心臓疾患の認定基準」(平13.12.12基発1063号)
「心理的負荷による精神障害の認定基準」(平23.12.26基発1226第1号)
労働時間規制 →労基法32条、35条
残業代支払義務→労基法37条

(蟹江鬼太郎/旬報法律事務所 http://junpo.org/labor)

主な担当事件:
洋麺屋五右衛門(変形労働時間制)残業代請求事件
阪急トラベルサポート(事業場外みなし労働時間制)残業代請求事件
阪急トラベルサポート(アサイン停止)不当労働行為事件
阪急交通社(団交拒否)不当労働行為事件
リコー(技術者・出向無効確認)事件
営業職員の脳梗塞事件(2010年労災認定)
大手塾講師の過労うつ病事件(2010年労災認定)
物流管理職の過労自死事件(2015年労災認定)
若年管理職の心筋梗塞事件(2014年労災認定)
外勤職員の心停止事件(2014年労災認定)
トラックドライバーの脳内出血事件(2014年労災認定)
出向後・過労自死事件(2012年労災認定、2016年3月17日東京地裁判決)
NHK女性記者の心停止事件(2014年労災認定)
電通新入女性社員過労自死事件(2016年労災認定)

********************

ブラック企業被害対策弁護団
http://black-taisaku-bengodan.jp

長時間労働、残業代不払い、パワハラなど違法行為で、労働者を苦しめるブラック企業。ブラック企業被害対策弁護団(通称ブラ弁)は、こうしたブラック企業による被害者を救済し、ブラック企業により働く者が遣い潰されることのない社会を目指し、ブラック企業の被害調査、対応策の研究、問題提起、被害者の法的権利実現に取り組んでいる。
この連載は、ブラック企業被害対策弁護団に所属する全国の弁護士が交代で執筆します。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

逃げる暇などあるか! 残業激増からわずか数カ月で過労死に…過労死事件が警告する「高プロ」の危険性のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業ブラ弁は見た!の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
2 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
3 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
4 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
5 NEWS手越不祥事をJ忖度メディアがスルー
6 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
7 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
8 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
9 グッディ!土田マジギレ真の原因
10 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
11 安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
12 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
13 米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
14 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
15 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
16 加計「安倍首相と理事長の面談否定」は嘘
17 蓮池透が南北会談めぐる安倍の姿勢を批判
18 佐川誘導尋問、丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
2 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
3 安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
4 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
5 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
6 是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
7 パックンが日本の芸人の権力迎合を分析
8 米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
9 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
10 安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
11 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
12 拉致進展なしで安倍が必死のゴマカシ!
13 ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
14 加藤勝信厚労相が高プロ調査をでっち上げ
15 新潟知事選女性差別問題で花角候補直撃
16 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
17 新潟県知事選で花角知事陣営がデマ攻撃
18 新潟知事選選の女性蔑視演説めぐる姑息
19 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
20 米朝会談開催地は朝鮮人慰安婦連行の地
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄