柳瀬唯夫・元秘書官のデタラメ答弁に怒りの声! 京産大元教授が「国はアンフェア」と憤り、愛媛県知事は柳瀬氏の嘘を暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
柳瀬唯夫・元秘書官のデタラメ答弁に怒りの声! 京産大元教授が「国はアンフェア」と憤り、愛媛県知事は柳瀬氏の嘘を暴露の画像1
予算委員会で答弁する柳瀬唯夫・元首相秘書官

「私はいまでも愛媛県や今治市の職員が同席者にいたかはわからない」「(面会は)来る者拒まず」「(加計関係者との面会を)総理には報告したことはない」──人を食ったような答弁に終始した、昨日の柳瀬唯夫・元首相秘書官の参考人招致。「膿を出し切る」どころか、むしろ加計学園がいかに特別な厚遇を受けてきたかが浮き彫りになった。

 ところが、安倍自民党はどこまでも逃げる気だ。

 実際、自民党の竹下亘総務会長は昨日、柳瀬氏の参考人招致後に「何か『えっ』という話はどこにもなかった」と語り、森山裕国対委員長も「一定の区切りがついた」と発言。あの茶番劇で幕引きを図ろうというのだ。

 さらに、本日夕方、安倍応援団のひとりである反町理キャスターがメインを務める御用番組の『プライムニュース イブニング』(フジテレビ)に緊急生出演した安倍首相は、こう主張した。

「柳瀬さんはひとつひとつ記憶を呼び起こしながら誠実に答えていた」
「柳瀬さんも私からの指示を受けたことはないと述べたが、私から指示を受けたと言う人は誰ひとりいないのは事実」
「(加計との面談を柳瀬氏が首相に報告しなかったことは)全然問題ない」

 さらに安倍首相は、「加計学園獣医学部の倍率は約20倍。これまで獣医学部の申請がされなかったことは、はっきり言って『行政が歪められていた』と思う」とまで述べた。

 行政を歪めた張本人が“歪められた行政を糺した”と正当化するとは、まったく厚顔無恥も甚だしいが、しかし、獣医学部新設が「加計ありき」だったことを裏付ける、新たな証言が出てきた。

 それは、京都府とともに国家戦略特区での獣医学部新設に名乗りを上げていた京都産業大学の大槻公一元教授だ。

 大槻氏は「鳥インフルエンザ研究の第一人者」と呼ばれる人物で、京産大は獣医学部新設に向け、2006年に大槻氏をセンター長に迎えた「鳥インフルエンザ研究センター」を、2010年には動物生命医科学科を設置するなど、入念な“準備”と“実績”を重ねてきた。にもかかわらず、「広域的に獣医学部のない地域に限る」「2018年度開学」といった加計に有利な条件が次々に打ち出され、新設を断念した。このことについて、大槻氏は昨晩放送された『報道ステーション』(テレビ朝日)の取材に応じ、「私たちの計画にいきなりフタをかぶせられてしまいました。国のやり方はアンフェアだと思います」と述べた。

京産大の大月元教授「安倍首相と加計理事長の仲は獣医界では有名」

 さらに、大槻氏はこのように正直な思いを吐露したのだ。

「獣医界では安倍総理と加計さんが仲が良いのは有名な話です。しかし、この問題については、政治は関係ないと思っていたのです」

 安倍首相と加計孝太郎理事長の仲は獣医界では有名だった──。大槻氏は「文科省や内閣府には相談に行きましたが、官邸に行くなんて発想は毛頭ありませんでした」とも述べていたが、首相と昵懇の大学だったからこそ官邸で面談を3回も実現できたし、何のつながりもない大学にとっては、そんなことは考えもしない話だったのである。

 それどころか、京産大と京都府が国家戦略特区に手を挙げた2016年3月の2カ月前、府の職員らと大槻氏が内閣府を訪ねた際、ひどい言葉まで投げつけられているのだ。大槻氏はこう証言している。

「個人的な印象ですが、歓迎という雰囲気ではありませんでした。藤原豊・地方創生推進室次長(当時)から「今治は前から一生懸命やっているのに、後から出てきて。どうしてもっと早くやらなかったのだ」といった趣旨のことを言われました」(朝日新聞デジタル4月13日付)

 愛媛県文書でもあきらかになったように、政府が国家戦略特区での獣医学部新設を検討する方針を示す2カ月も前に、藤原次長は加計側に「政府としてきちんと対応していかなければならないと考えており、県・市・学園と国が知恵を出し合って進めていきたい」「かなりチャンスがあると思っていただいてよい」などとバックアップを約束し、懇切丁寧なアドバイスまでおこなっていた。それなのに、独自に入念な準備と実績を重ねてきた京産大と京都府には「後から出てきて」と突き放していたのである。──これこそを、「行政が歪められていた」と言うべきだろう。

 だが、こうしたなかで声をあげているのは大槻氏だけではない。柳瀬氏の答弁を「誠心誠意すべての真実を語らないというのが印象だ」と看破したのは、愛媛県の中村時広知事だ。

愛媛県の中村知事が柳瀬氏を嘘つきと批判!蓮舫が指摘した“空白の9分間”

 中村知事は本日おこなわれた会見で、柳瀬氏が“面談時におもに話したのはメインテーブルに座っていた吉川泰弘・元東京大学教授(現・岡山理科大獣医学部長)らだ”“随行者は後ろに座っていた”などと答弁したことに対し、「県職員3人はメインテーブルに柳瀬氏側の3人と向かい合って座った。柳瀬氏と名刺も交換し、しっかりと県の立場を発言している」と反論。その上で、会見後には、愛媛県職員が交換した柳瀬氏の名刺と、職員が柳瀬氏におこなった発言をまとめたメモを公開したが、この名刺には「27.4−2」と日付けのスタンプが押されていた。

 中村知事は「嘘は他人を巻き込むことになる」と柳瀬氏の答弁を批判したが、そもそも愛媛県側に嘘をつく理由は何もない。「記憶にない」などと柳瀬氏に白々しい芝居を打たせ、自己保身のために嘘をつかせているのは、言うまでもなく安倍首相だ。

 しかも、昨日の柳瀬氏の参考人招致では、気になる追及があった。2015年4月2日に加計関係者や愛媛県、今治市職員らが官邸を訪問した際の面会時間について、柳瀬氏は「90分はさすがに長すぎるかと」と述べたが、これに対して立憲民主党の蓮舫参院議員は「40分間だったのではないか」「15時からはじまって15時40分に関係者全員が退室したという情報を得ている」と述べたのだ。

 これが何を意味しているかといえば、同日、首相動静によると、安倍首相は15時35分から48分まで、下村博文文科相と山中伸一文部科学事務次官と面談をおこなっている。じつはそのあと、安倍首相の次の面談がはじまるまで「空白の9分間」がある。つまりこの間に、柳瀬氏が安倍首相ならびに下村文科相に「報告」をおこなった可能性があるのだ。

 愛媛県文書には、下村文科相が安倍首相との会食時に「加計学園は課題への回答もなくけしからん」と言っていたという記載がある。柳瀬氏は「記憶にない」としらばっくれたが、中村知事はこのことについても、職員は「あの(記載の)通りだ」と報告しているとした。

 何度も言うが、愛媛県職員に嘘をつく理由はない。虚偽答弁を強要し、自分に不都合な証言、証拠をことごとく踏みにじり、行政だけではなく国会さえも歪めている安倍首相。このまま逃がすわけにはいかない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

柳瀬唯夫・元秘書官のデタラメ答弁に怒りの声! 京産大元教授が「国はアンフェア」と憤り、愛媛県知事は柳瀬氏の嘘を暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。加計学園安倍晋三柳瀬唯夫編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
6 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
10 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
15 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
16 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
18 愛川欽也が「安倍に殺される」と
19 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
20 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
1 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
5 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
6 産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7 柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9 安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 星田、村本、博士がデモ批判に反論
14 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
16 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18 自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
19 柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20 高プロ法案の強行採決を許すな!