安倍晋三

tazaki_01_20180413.png
12日の『羽鳥慎一モーニングショー』に出演する田崎氏

 加計学園「首相案件文書」は愛媛県知事がその存在を認めたのに続いて、農水省でも見つかった。柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の「記憶の限り(愛媛県関係者と)会っていない」発言は完全に嘘がバレバレ、安倍首相もいよいよ言い逃れできない状況になってきた。

そんななか、あの田崎史郎・時事通信社特別解説委員がもらした一言が話題になっている。12日の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でスシロー氏はなんと「僕でさえ(柳瀬首相秘書官は)本当は会ってると思う」と発言したのだ。

 せっかくなので、詳しく紹介しよう。始まりは、“首相案件”文書や 11日の国会での様子がVTRで流されたのち、コメンテーターの玉川徹氏が田崎氏に詰め寄ったことだった。

「それ、まだね。ここも否定しているんですよ。(柳瀬氏は職員と)会ってないと言っているんですよ」
「田崎さん、どうなんですか。これ、まだ未だに。だってもう文書出てきてるんですよ。国と地方という違いはあっても行政の方から。で、県知事も認めているような形で出てきてるのに、まだ否定しているのってどういうことなんですか」

 すると田崎氏は「“私の記憶の限りでは”という注釈つきでで否定されているんですが……」と話し始める。玉川氏はきっといつもの擁護が始まると思ったのだろう。機先を制するように「どんな記憶力ない人なんだ?」とツッコミを入れる。すると、田崎氏は玉川氏に反論せず、こう続けたのだ。

「いや、あの、明らかに逃げを打っている印象ですよね。だから本当は会ってるんじゃないの、っていう疑問は、僕でさえも思います」

 意外な答えに思わず爆笑する玉川氏。続いて羽鳥アナも「田崎さんが僕で“さえ”って、言ってしまう」とつっこみ、田崎自身、自分の発言がウケたことに気を良くしてか、なんだかうれしそうに一緒に笑っていたのだった。

応援団の安倍離れが!読売新聞も文書の信ぴょう性を裏付ける証言を報道

 今さら説明するまでもないが、田崎氏は、自他共に認める“官邸の代弁者”“安倍首相応援団”。モリカケ問題でも、アクロバティックとしか思えない論理を駆使して、必死で安倍政権を擁護してきた。今回の「首相案件」文書問題でも、「文書の正確さについては、留保したほうがいい」「官僚は首相ではなく総理と呼ぶ」などと文書をデタラメと主張し、安倍官邸のほうを擁護していた。

 そんな田崎氏がなぜ、柳瀬首相秘書官の嘘を認めるような発言をしたのか。さすがにこの一件はかばう理屈が見つからなかったのか。

 しかし、一方では、「僕でさえ」発言は、安倍首相に見切りをつけた田崎氏の本心が思わずもれちゃった結果ではないか、との見方もささやかれている。たしかに、田崎氏はかつて小沢一郎べったりだったのに、安倍政権が勢いがあると見るや、いつのまにか安倍応援団におさまっていたという、機をみるに敏な人物。そんな変わり身の早い田崎氏が、安倍首相にそろそろ見切りをつけようと考え始めていてもおかしくはない。

 実際、安倍離れを始めているのは田崎氏だけではない。御用新聞・読売新聞が12日午後、首相案件文書の信憑性を裏付ける記事を出したのだ。

 しかも、記事は、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めたという決定的なもの。

 政権べったりで、加計問題では官邸のリークに乗って、前川喜平・前文科事務次官の出会い系バー通いまで報道した読売がこんな記事を出すというのは、信じられない事態だ。

「読売という組織はトップ、つまりナベツネの許可がないとこんな記事は絶対に出さない。官邸は、相当なショックを受けているし、この記事は永田町では“読売が安倍おろしを始める合図ではないか”と受け止められている」(全国紙政治部記者)

 昔から、読売が政権叩きを始めると政局が始まる、というのはよくいわれる。今度こそ、安倍政権はヤバいかもしれない。

安倍晋三

次のページ 応援団の安倍離れが!読売新聞も文書の信ぴょう性を裏付ける証言を報道

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

TOPへ

関連記事

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

「首相案件文書」問題であの田崎史郎が「僕“でさえ”本当は会ってると思う」と本音をポロリのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。

安倍晋三、加計学園玉川徹田崎史郎編集部羽鳥慎一モーニングショーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
3 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 麻生太郎が愛人の店に2360万円
11 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 雪印告発の社長が中国産野菜告発
15 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1 高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3 首相秘書官「本件は首相案件」
4 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5 森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10 柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14 田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15 上念司もケントと同様、加計の客員教授
16 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17 自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!

カテゴリ別ランキング


ピックアップ

話題のキーワード

  1. 1アベを倒したい!
  2. 2メディア定点観測
  3. 3八代英輝
  4. 4SMAP
  5. 5今井尚哉
  6. 6和田政宗
  7. 7森友学園
  8. 8日本会議
  9. 9安倍昭恵
  10. 10前川喜平
  11. 11ブラ弁は見た!
  12. 12ネトウヨ
  13. 13三浦瑠麗
  14. 14安倍晋三
  15. 15追及!セブン‐イレブン商法
  16. 16有本香
  17. 17編集部
  18. 18田崎史郎
  19. 19山口敬之
  20. 20半井小絵
  21. 21岩田明子

売れ筋ランキング

1 a-jolie サングラス かごバッグBOOKバラエティ

発売日:2018年4月28日
2 その調理、9割の栄養捨ててます!
著者:東京慈恵医科大学附属病院 栄養部
発売日:2017年3月17日
3 syunkonカフェごはんめんどくさくない献立e-MOOK
著者:山本ゆり
発売日:2018年4月
4 日曜日の風景 Part2
著者:VERY編集部
発売日:2018年4月19日
5 友だち幻想人と人の〈つながり〉を考えるちくまプリマー新書
著者:菅野仁
発売日:2008年3月