横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」35

ネトウヨ議員和田政宗が本サイト連載横田一に「つきまとわれた」とフェイク攻撃 その背景に昭恵夫人の存在が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ネトウヨ議員和田政宗が本サイト連載横田一に「つきまとわれた」とフェイク攻撃 その背景に昭恵夫人の存在がの画像1
2015年3月15日のシンポジウムでの和田政宗氏と安倍昭恵夫人(撮影・横田一)

「安倍政権をおとしめるためか」などと太田充理財局長を詰問して批判が噴出、“議事録削除議員”としてメデイア露出度が急上昇をした和田政宗参院議員(自民党広報副本部長)。野党はもちろん自民党内からも「レベルの低い質問。軽蔑する」(麻生太郎財務大臣)と呆れられたが、それでも「森友問題『メディアリンチ』と私は断固戦う」(6日付産経新聞)と元気一杯だ。

 しかし3月25日の自民党大会で筆者が直撃質問をした時の和田氏は、産経の記事が醸し出す”戦う国会議員”のイメージとは程遠かった。「森友は家庭内与野党一致の"晋三案件"ではないか」などの問いに対して「ジャーナリスト以外には答えない」とトランプ大統領並みの差別的メディア対応で取材拒否。面と向かって答えない代わりに、翌26日の自身ツイッターで「(筆者に)つきまとわれた」と被害妄想に凝り固まった事実歪曲の“フェイク発信”をしたからだ。

〈昨日、横田一というフリージャーナリストを名乗る人物に、ホテル内で約500mにわたり大声を発しながらつきまとわれ、何かされるのではないかと恐怖を感じた。「昭恵夫人と谷氏と和田が一緒に写っている写真を出すぞ」と脅す口調で言われたが、防潮堤見直しの時に一緒に撮ったものなので「別にどうぞ」と〉

 正直言って唖然とした。NHK出身で自民党広報副本部長を務める国会議員とは思えない事実歪曲のオンパレードだったからだ。「ほとんど面識のない国会議員に大声でつきまとい、写真をネタに恫喝をする強面記者」という場面が思い浮かぶが、実際は全く違う。自民党大会後に出席議員への囲み取材が行われている廊下で顔見知りで時の人にもなった和田氏を見かけたのでまず写真撮影をした後、「お久しぶりです」と挨拶する平穏な雰囲気でから囲み取材(約4分間)からスタートしていたのだ。“フェイクツイッタ―”が描き出す「自称フリージャーナリストがいきなり写真をネタに恫喝的口調で国会議員に難癖をつけてきた」という状況は、和田氏が現実を歪曲して捏造した妄想、攻撃だ。

 筆者が和田氏と知り合ったのは、極端な言動でメディア露出度が急上昇する遥か以前、昭恵夫人が防潮堤見直しについて訴え始めた頃のことだ。昭恵夫人は2013年10月31日、衆院第一議員会館で被災地の巨大防潮堤建設を検証する集会「東北の美しい未来を考えるフォーラム」で挨拶。そして「本当に防潮堤を作っていいのだろうか」などと問題提起をした場に、和田氏ら国会議員も駆け付けていたのだ。

「家庭内野党」として防潮堤見直しを訴える昭恵夫人を追いかけていたら、同じ見直し派の和田氏もいたので知り合いになり、「『写真を出すぞ』と脅す口調で言われた」と和田氏が描写した昭恵夫人と谷査恵子総理夫人付(当時)とのスリーショット写真も、追っかけ取材の中で撮影したものである。仙台で「国連防災世界会議」が開かれていた2015年3月15日、その関連集会の防潮堤見直しシンポジウムに3人が参加している様子を撮ったのだ。

和田氏が防潮堤見直しシンポに昭恵夫人と一緒に出席していた意味とは

 実は、このスリーショット写真は昨年3月31日のリテラ「森友疑惑の核心は昭恵夫人と“官邸職員”谷査恵子氏の密接不可分な関係だ! 取材現場で見た二人の行動」にすでに掲載している(横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」12)。

 その記事で〈昭恵夫人がシンポジウムや集会で講演や挨拶をする時の決まり文句は「(この問題について)夫に伝えます」「夫に伝えて話しています」。安倍首相に日常的に“直訴”することができる昭恵夫人は、並の国会議員以上の太いパイプを持つ“陳情窓口”といえる。安倍首相は「私人」と言い張るが、実態は大物政治家と同じ影響力を有する「公的人物」といえる〉と指摘していた。

 昨年3月の記事では「昭恵夫人と谷氏のツーショット写真」と説明した同じ写真を、今回は「和田氏と昭恵夫人と谷氏のスリーショット写真」と紹介したいと思ったのは、「昭恵夫人が和田氏のような並の国会議員以上の太いパイプを持つ“陳情窓口”である」ことを和田氏自身が実感していると考えたからだ。

 和田氏と昭恵夫人が同じ防潮堤見直し集会に参加しても、メディア露出度は大物政治家並の昭恵夫人には遥かに及ばなかった。和田氏も国会で質問するなど防潮堤見直しに地道に取り組んでいたが、昭恵夫人が防潮堤見直しに熱心なことを知っている人が多くても、和田氏が同じ取組みをしていたことを知っている人は遥かに少ない。昭恵夫人は単なる「私人」とは言えない存在感を示し、大物国会議員と同程度の影響力を有するファーストレディであったことを和田氏は目の当たりにしていたのだ。

 だからこそ和田氏は、「昭恵夫人は私人」と言って証人喚問を拒む安倍首相に対して、「昭恵夫人は私のような並の国家議員以上の影響力を持つ準公人。単なる私人とは言い難い」と自らの体験をもとに問い質すことができる。和田氏に再会した際、このことを聞いたのはこのためだ。そこで改めて3月25日のやりとりを再現したい。

筆者「先生、ご無沙汰しています。大分、ご活躍のようで」
和田氏「横田さんの記事、あんまりあれだな。好きじゃないな」
筆者「いえいえ。住所変わりましたので」(と名刺を差し出す)
和田氏「はいはい。ありがとうございます」
筆者「昭恵夫人をかばっているのは」
和田氏「横田さん、けっこうバイアスがかかっているので。他の記者は全員答えるけれども、横田さんは答えられない」
筆者「バイアスがかかっていますか」
和田氏「かかっている。かかっている」
筆者「昭恵夫人とのスリーショット写真、谷さんと一緒に写っている、防潮堤見直しの(写真)。『昭恵夫人が並の国会議員以上の存在だ』というのは先生、よくご存知ですよね」
和田氏「この方とお話をするので」(と言って別の記者とのぶら下がりを約1分間続け、終了後)」
筆者「先生、一言。昭恵夫人は並の国会議員以上の」
和田氏「私はジャーナリストには答えますけれども」
筆者「並みの国会議員以上の」
和田氏「ジャーナリストではない人には答えません」
筆者「並みの国会議員以上の存在だというのはご存知ですよね」
和田氏「ジャーナリストではない人とは、ジャーナリスト以外の人とは答えません」 
    

「ジャーナリストではない」と取材拒否した和田氏の不都合な真実

 昭恵夫人証人喚問の関連質問をしたのに和田氏は「ジャーナリストではない」ことを理由に取材拒否。そこで私は、その具体的根拠を訊きながらもう一つの関連質問もした。昭恵夫人が強く見直しを訴えていた気仙沼市小泉海岸の巨大防潮堤建設は計画通りに進んだ。だからこそ和田氏は「家庭内与野党不一致(家庭内野党)の防潮堤見直しは聞き流された」のと対照的に、「家庭内与野党一致の森友問題では異例の国有地払下が実現」という決定的違いを実感しており、自らの実体験をもとに安倍首相に「森友問題は防潮堤見直しと違って“家庭内与党”の後押しがあったから実現したのではないか」「“首相夫人案件”である以上に“安倍首相案件”なのではないか」と迫ることができる。こんな思いを巡らしながら、和田氏に取材拒否の理由を聞いていったのだ。
       
筆者「ジャーナリストではない理由を教えて下さい。並みの国会議員以上の」「単なる昭恵夫人は私人ではなくて、国会議員以上の影響力を持った存在であることは先生、よくご存知ですよね。防潮堤見直しで発信力が抜群だったと。先生と一緒に写っている写真を持っていますが」
和田氏「記者やジャーナリストには答えますが、それ以外の方にはお答えは出来かねます。はい」。
筆者「防潮堤見直しは『家庭内与野党不一致』だったのに、森友問題では『(家庭内与野党)一致』したので進んだのではないですか。森友問題は”昭恵案件”というよりも”安倍総理案件”ではないですか。防潮堤見直しは結局、安倍総理は聞く耳持たずに進みましたよね。その違いはなぜ、ご指摘にならないのですか」
和田氏「ジャーナリストとか記者に対しては答えますけれども、それ以外の方にはお答えはしません」
筆者「ジャーナリストではない理由、根拠は何ですか。『バイアスがかかっている記事』と仰いましたが、『そういう批判的な記事を書く人(記者)には取材に応じない。ジャーナリストと見なさない』というお考えなのですか」
和田氏「事実に基づいたことを書かない──」
筆者「今までの記事でどこが事実と異なっていたのか具体的に教えて下さいよ。さっき、『バイアスがかかった記事』と仰いましたが、どの部分ですか」
和田氏「ご自身の過去の記事を見直しになればいいのではないですか」
筆者「どの記事のどの部分を指して『ジャーナリストではない』と見なしたのですか。具体的に教えて下さいよ、具体的に。どの記事が問題だったのですか。『ある時期からジャーナリストと見なさなくなった』ということですよね」
和田氏「全部です」
筆者「防潮堤見直しの記事で何か問題がありましたか。先生と一緒に昭恵夫人と谷さんが並んでいる写真は、まさに防潮堤見直しで(昭恵夫人が)並の国会議員以上の影響力を持った証拠ですよね。事例ですよね。だけど森友問題と違って(防潮堤)見直しはなさずに気仙沼の建設は進んだと。森友は家庭内与野党一致したから進んだのではないですか。『安倍首相の関与が大きかった』と。その点をなぜご指摘にならないのですか。防潮堤見直しの運動、取り組みをやられて、その現実をよくご存知ですよね」
和田氏「これはもうプライベートの時間ですので。取材申込をされるのであれば」
筆者「ぶら下がりで(小泉)進次郎議員も(私が)訊いてやりとりをしてくれましたよ。(和田議員は)全然、答えていないじゃないですか」
       

防潮堤見直しと森友問題の決定的違いを和田氏は知っていた!

 昭恵夫人が取り組んだ防潮堤見直しや脱原発などの家庭内野党の主張は“家庭内与野党不一致”で聞き流されたが、“家庭内与野党一致”の森友問題は8億円値引きによる異例の国有地払下げが実現した。森友問題は「家庭内与党の夫が右翼的学校建設に賛同したからこそ、珍しく家庭内野党の訴えが具体化」「“昭恵案件”である以上に“晋三案件”であったことが追い風になった」ということが核心ではないか。 

 この不都合な真実を防潮堤見直しで昭恵夫人と行動を共にした和田氏は実感しているからこそ、頑なに取材拒否をしたのではないか。

 昭恵夫人の証人喚問で「脱原発や防潮堤見直しなどの家庭内野党の訴えが聞き流される一方、家庭内与野党一致の森友問題は実現したと思うか」について語ってもらうことこそ、森友全容解明に不可欠なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

ネトウヨ議員和田政宗が本サイト連載横田一に「つきまとわれた」とフェイク攻撃 その背景に昭恵夫人の存在がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。和田政宗安倍昭恵森友学園横田 一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
3 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 麻生太郎が愛人の店に2360万円
11 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 雪印告発の社長が中国産野菜告発
15 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1 高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3 首相秘書官「本件は首相案件」
4 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5 森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10 柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14 田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15 上念司もケントと同様、加計の客員教授
16 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17 自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!