小泉今日子の不倫告白でワイドショーが触れないあの部分!“バーニングタブーへの自戒”を“不倫謝罪”に歪曲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小泉今日子の不倫告白でワイドショーが触れないあの部分!バーニングタブーへの自戒を不倫謝罪に歪曲の画像1
周防社長が小泉をベタ褒めした「MEKURU」(Gambit)VOL.7

 小泉今日子が所属事務所バーニングプロダクションから独立したことを公表する際、交際中の俳優・豊原功補がまだ離婚しておらず、いわゆる「不倫」関係であることを明かした一件。バーニングタブーに支配されているワイドショーがどういう報道をするのか注目していたが、やっぱり案の定だった。

 バーニングから独立したことですっかり安心したのか、各ワイドショーはこれまでなら絶対やらなかった小泉への直撃取材の映像を流したり、当時は一切報じなかった「フライデー」の第一報を紹介したりしながら、この一件を一斉に報じたのだが、肝心なことを一切伏せてしまったのだ。

 それは、小泉が豊原の家族に謝罪した理由だ。小泉は2015年に設立した自らの制作会社の公式サイトにアップした文章で、自分がスタッフに〈ご家族に迷惑を掛けないように守って欲しい〉と伝えた結果、豊原が離婚しているという誤報が流布され、家族の存在自体が伏せられてしまったとして、〈ご家族にはお詫びの言葉もございません〉と語っていた。

 つまり、バーニングの情報操作によって、豊原が離婚したことにされたことその情報操作に自分も加担して、豊原の家族を傷つけたと詫びたのだ。

 しかも、情報操作には触れず家族への謝罪だけを報じられたため、まるで、小泉が不倫をしたことに対して〈ご家族にはお詫びの言葉もございません〉と語ったように、事実をねじまげられてしまった。

 小泉の名誉のために言っておくが、小泉はあの文章の中で、自らが既婚者の豊原と「恋愛関係」にあることについては、一言も謝罪していない。小泉はおそらく、独立に際してバーニングタブーに守られてきた自分にけじめをつけるために、あの文章を発表したのだ。

 しかし、小泉の勇気ある行動は、結局、マスコミのバーニングタブーによって、なかったことにされようとしている。

 本サイトは小泉が独立と不倫を明かした翌日アップした文章を掲載したうえで、豊原との不倫をめぐるマスコミ報道やバーニングの動きを検証する記事を配信した。その記事を改めて掲載するので、ぜひ小泉の真意をくみとってほしい。
(編集部)

「フライデー」の第一報当時から囁かれていた不倫関係、本サイトも指摘

 今月1日、小泉今日子が1月末をもって所属事務所であるバーニングプロダクションから独立したことを、2015年に設立した制作会社の公式サイトで発表した。

 小泉といえば、「芸能界のドン」ことバーニングの周防郁雄社長から並々ならぬ寵愛を受けていたのは誰もが知るところであり、そんな彼女がバーニングから独立するとは、いったいなにがあったのか。

 この「バーニング独立問題」に関しては詳報がわかり次第またお伝えするつもりだが、それよりも本サイトが今回注目したいのは、事務所独立に際して小泉自身が発表した文章のなかで、かねてより交際が報じられていた俳優の豊原功補との恋愛関係を認め、しかも、これまですでに離婚しているとされてきた豊原が現在も既婚者でありいわゆる「不倫」であるという事実を明かしたことだ。
 小泉のこの告白はさまざまな意味で衝撃だ。まずは、この「不倫バッシング」全盛の時代にあって、わざわざ自分から「不倫」を明かしたこと。これ自体がすでに異例なことだが、この文章にはさらにもうひとつ衝撃的なものがある。

 彼女の今回の告白は、芸能マスコミにおける「バーニングタブー」および「バーニングへの忖度報道」の存在を、当のバーニング内部の人間が告発した前代未聞のものだということだ。

 事実関係を整理すると、まず、小泉と豊原の関係が報じられたのは2015年3月のこと。「FRIDAY」(講談社)は豊原との2ショットを複数掲載し、「週刊文春」(文藝春秋)も、豊原の個人事務所と同住所に小泉も個人事務所を設立したことをつかみ、豊原との関係を絡めた独立騒動として報じた。

 このとき、二人の関係について後追いするメディアはなかった。その裏には、
2誌から連絡を受けたバーニングが、ワイドショーやスポーツ紙の担当者に後追い報道をしないようにという指示をしたといわれているが、実はこの2誌も報じていない疑惑があった。それが2人が「不倫」なのではないかという疑惑だ。

 実は本サイトは15年当時、2人の「不倫」疑惑について、マスコミ関係者の以下のような証言を報じていた。

「豊原には離婚歴があるらしいんですが、小泉とは結婚していた時から付き合っていたのではないか、といわれているんです。さらに、現在も別居しているが、まだ籍が抜けていないという情報もある。ところが、両誌はなぜか、そのことに触れていないんです」

「豊原はすでに離婚」という誤報を流布させた、バーニングと芸能マスコミ

 この本サイトの指摘通り、実際に豊原は籍が抜けておらず、二人の関係は「不倫」だった。しかし、そのことはなかったことにされ、現在まで二人の関係がメディアに報じられる際も、豊原側の家族に関しては「離婚済みであり過去のこと」とされてきた。

 なぜ、二人の関係が不倫であることが報じられなかったのか。言うまでもなく、その裏には「不倫については書くな」というバーニングからの圧力あるいは芸能マスコミ側の忖度があったことは推察できたが、今回、その経緯について小泉自身が明らかにしているのだ。

〈一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります。ですが事実ではない記事も多く、豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております。豊原氏にはご家庭があります。最初に写真誌に記事が掲載された時、私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました。この一連の報道に対して豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があったのかもしれません。このようなことになり、ご家族にはお詫びの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません〉

 つまり、2015年当時の報道に際して小泉がバーニングのスタッフに〈ご家族に迷惑を掛けないように守って欲しい〉と伝えたところ、バーニングは「豊原はすでに離婚していて、不倫ではない」というストーリーを描き、それをマスコミに流したということなのだろう。文章にもある通り、その結果として豊原の家族の存在はないものとされ、豊原もバーニング側が描いたストーリー以外の発言は一切できない状態に置かれてしまった。

 ただし小泉は、こうした誤った報道について事務所やメディアだけを責めるというよりは、そもそも「守って欲しい」と自身が要求したことによるものであること、そしてその後も訂正することなく黙認してきたことについても、率直に自らの責任を認めている。この文章も〈事務所から独立した今、一個人として全てをこの身で受け止める覚悟〉〈人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます〉と結んでいる。

小泉の“不倫”告白は、バーニングからの報復の動きを想定したもの?

 弱小事務所のタレントたちが不倫など些細なことで叩きまくる一方、ジャニーズやバーニングといった大手事務所のタレントたちは犯罪まがいの不祥事でも一切批判報道をされることなく守られる芸能マスコミの理不尽な構造については、本サイトでも繰り返し指摘している。また、本サイトは、結婚という国家が国民の管理のためにつくりだした制度をタテに、不倫をまるで重大犯罪のように糾弾するのはおかしいと一貫して異をとなえており、小泉の不倫についても、本サイトは不倫そのものをとがめるつもりはないが、ベッキーを犯罪者のように叩く一方、小泉ら大手所属タレントの不倫はないことにされている芸能マスコミのあり方は批判してきた。大手所属タレントのなかには、自らが守られているアドバンテージに無自覚な者も多いが、それを自らの責任も含め告白した小泉の勇気と率直さには驚かされる。

 豊原も小泉の文章を受けて、自身のホームページにて声明を出し、豊原も小泉と恋愛関係にあること、同時に既婚者あり妻子とは別居状態にあることを明かした。

 しかし、それにしてもなぜ小泉は事務所独立に際してこんな告白をしたのだろうか。

 先に述べた通り、小泉はバーニングの周防社長の大のお気に入りであり、彼女にだけは頭が上がらなかった。小泉今日子の50歳を記念して90ページ以上の大特集を組んだ「MEKURU」(Gambit)VOL.7には、めったにメディアの取材など応じない周防社長がロングインタビューに登場している。

 そこでは、芸能界の裏のフィクサーとして知られるコワモテとしての顔はどこへやら、読んでいるこちらが恥ずかしくなってしまうほど小泉をべた褒めしていた。

「もともと彼女に才能があったんでしょうね。事務所は何もしてないの。彼女に関しては、僕は何も能書きを言えないんだよね(笑)」
「ほとんど今日子本人がやりたいようにやってるけど、彼女がやることなすこと、なんか納得しちゃうんだよね」
「自分のとこのタレントを褒めるのも気持ち悪いんだけど、天才に近いと思う。センスもいいしね」
「良いにつけ悪いにつけ、長年つきあってきたからこその“何か”はあるのかもしれない。きっとね、そんな子には、これからもう二度と出会えないんだと思う」

 そんな小泉だけに、さすがの周防氏も小泉に限っては円満独立を認めた可能性もあるが、今回の小泉の告白は、独立を快く思っていないバーニングが御用メディアを使って報復報道を仕掛けるリスクを想定し、その前に先手を打ったものとも考えられる。今後、ひと波乱が起きるのだろうか。また、芸能マスコミはこの小泉の勇気ある告白をどう報じるのか。芸能マスコミの動向も注視したい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

小泉今日子の不倫告白でワイドショーが触れないあの部分!“バーニングタブーへの自戒”を“不倫謝罪”に歪曲のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング小泉今日子編集部豊原功輔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
2 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
3 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
4 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
5 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
6 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
7 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
8 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
9 安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
10 黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
11 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
12 ディズニーランドでキャストがパワハラ提訴
13 読売、産経の安保報道を池上彰が批判
14 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
15 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
16 『報ステ』チーフPは安倍応援団とお友達か
17 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
18 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
19 安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
20 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
1 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
2 広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
3 山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
4 翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
5 安倍が内調に石破茂の監視をさせていた
6 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
7 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
8 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
9 安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
10 松尾貴史と室井佑月が語る安倍政権のメディア圧力
11 安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
12 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
13 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
14 安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
15 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
16 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
17 安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
18 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
19 文科省汚職は安倍の加計接待とそっくり
20 障害者が戦争中の過酷な差別を告白!

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄