また特別扱い!加計学園獣医学部の留学生受け入れ数は国内最多だった!「四国の獣医師不足」で特区指定受けたのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
また特別扱い!加計学園獣医学部の留学生受け入れ数は国内最多だった!「四国の獣医師不足」で特区指定受けたのにの画像1
加計学園HPより


 本日おこなわれた参院予算委員会で、またも加計学園に対する“特別扱い”が露呈した。以前、本サイトでも取り上げた【http://lite-ra.com/2017/11/post-3570.html】、加計学園獣医学部の韓国における留学生募集についてだ。

 まず、あらためて整理すると、加計学園の獣医学部の定員は国内の獣医学部で最多となる140人だが、そのうち20人を留学生に充てるとしている。

 しかも加計学園は、ソウルでおこなった入学説明会において「卒業後は韓国で獣医師になれる」と強調していたのである。

 この募集の実態は、安倍首相はじめ加戸守行・前愛媛県知事や八田達夫・国家戦略特区ワーキンググループ座長が主張してきた「四国の獣医師不足は深刻」「四国に獣医学系大学をつくらなければ獣医師不足は解消できない」という規制緩和の目的に反するものだ。

 さらに、もともと加計学園の入学定員数は、就業獣医師の総数や全国の獣医学系大学の定員から獣医師の不足人数を割り出し、定員数の根拠としていた。それが学生の7分の1は外国から受け入れ、かつ「自国に戻って獣医師になれる」と喧伝している。──つまり、「四国の獣医師不足の解消」という国家戦略特区の前提が崩れることになるのである。

 そして、きょうの予算委でこのことを民進党の川合孝典議員が質問。すると、林芳正文科相は、このように答弁した。

「(国家戦略特区で)認められた構想のなかには、国際的な獣医学教育拠点大学として国際的な諸課題に対応できる獣医師の養成に向けて海外の獣医系大学との連携を充実させ、アジアから優秀な学生を受け入れる、とされている」

 国家戦略特区で認めた構想と、いま加計学園がやっていることはまったく違う、ということを証明したような答弁だ。国際教育機関をつくろうとするならば、海外の獣医学系大学と連携し、優秀な研究者・学生の学術交流を図ることや交換留学を活発化、共同研究の推進などが必要不可欠だろう。しかし、いま加計学園がやっているのは、いちから学ぶ留学生を招き入れるということであって、海外の獣医学系大学との連携の充実などではない。

加計学園獣医学部の留学生受け入れ数は、既存の獣医学部の合計より多い!

 さらに、この問題を最初に報じたTBS『あさチャン!』の取材に応じた韓国の動物病院院長は、加計学園獣医学部の入試について「韓国とくらべると入学の方法が楽かもしれません」という旨のコメントをしており、「アジアの優秀な学生」を呼び込めるとは考えにくい。他方、加計学園は国内の受験生向けのパンフレットでも〈合格後、引き続き受験勉強を続け、一般入試でワンランク上の大学、国公立大学にチャレンジすることも可能〉などと説明。我が校は国公立大より「ワンランク下」と認めているのである。これで「国際的な獣医学教育拠点大学」とは笑わせるではないか。

 だが、もっと驚く事実が、きょうの予算委では示された。川合議員が「ほかの16ある獣医学部設置大学で留学生を何人受け入れていますか?」と訊くと、文科省の義本博司高等教育局長はこのように答えたのだ。

「現在、4つの大学で16名の留学生が在籍しているということでございます」

 加計学園は1年で20人の留学生を入学させる一方、ほかの獣医学部では、日本全体で16人しか留学生がいないというのである。いかに加計学園獣医学部の留学生受け入れ数が異常に多いかがわかるというものだ。

 しかも、問題はまだある。それは教員の確保状況についてだ。

 安倍首相の“腹心の友”である加計孝太郎理事長は、大学設置・学校法人審議会の判断を受けて今月10日、コメントを発表。そのなかで加計理事長は〈獣医学科75名、獣医保健看護学科12名という充実した教員組織を備えます〉と胸を張った。

 しかし、本日の予算委において、川合議員はこう述べたのだ。

来年2018年春の開学時には、教員が35人しかいないことが判明!

「文科省さんのヒアリングをおこなわせていただいたときに全教員の履歴とさまざまな情報について頂戴しましたが、来年の春に着任している人は75人中、おそらく35人前後しかいらっしゃらないということになっている」

 開校時に着任する教員数は、たったの35人──。はたして専門性が高い獣医学部で、1学年140人の学生に対し35人の教員で対応できるのだろうか。

 事実、75人の教員でも少ないのではないかという意見が出ている。たとえば、国内の獣医学部でも最高レベルとされる北海道大学は学生80人に対して教員は100人弱。学生よりも教員数のほうが上回る体制をとっている。北大の稲葉睦教授も「(教員)75人でやろうとしたら寝てられないと思いますよ、先生方」と述べていた(TBS『NEWS23』10日放送より)。

 しかも、加計学園が設置審に提出した申請書で教員として就任予定と記されていた帯広畜産大学の60代の教授は、今月15日付けの北海道新聞の取材に対して就任を断る意向を示している。このような動きが広がっている可能性もあるだろう。

 さらには、今年10月の文科省学部等設置認可申請書類から加計学園獣医学部の教員名簿を確認すると、獣医学科の教授はじつに11人が70歳以上。65歳以上が8人もいる。加計学園に対しては、設置審は5月の段階から「教員が高齢層に偏っている」という意見を出していたが、とてもこれが是正されているとは思えない。

 安倍首相が強弁してきた「四国の獣医師不足の解消」という主張は建前にすぎなかったことが留学生問題によって発覚し、設置審が指摘してきたずさんな教員確保の実態や申請を文科省が是認している事実──。昨日の衆院予算委では財務省による森友学園への「前代未聞」の特例措置が次々にあきらかになったばかりだが、加計学園では、現在進行形で安倍首相を忖度し、行政が歪められつづけていると言えるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

また特別扱い!加計学園獣医学部の留学生受け入れ数は国内最多だった!「四国の獣医師不足」で特区指定受けたのにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。加計学園国会安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
2 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
3 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
4 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
5 欅坂46平手友梨奈“異変”FNSでも?
6 自民党が女性の社会進出否定する動き
7 安倍が横田早紀江さんを無視している
8 宮崎誤報で松本人志の言い訳がひどい!
9 生活保護カットで他の低所得者も困窮
10 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
11 ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
12 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
13 富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
14 カズオ・イシグロがネタバレ自粛に疑義
15 昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
16 ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
17 山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
18 エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
19 田崎とケントに自民党からカネが!
20 山口敬之との関係を質された安倍首相が
1 田崎とケントに自民党からカネが!
2 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3 安倍が横田早紀江さんを無視している
4 山口敬之との関係を質された安倍首相が
5 山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
6 義家前文科副大臣が学校法人から献金
7 安倍首相、森友加計の虚偽答弁を訂正せず
8 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
9 加計獣医学部で特別扱いが次々露呈
10 昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
11 北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
12 ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
13 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
14 安倍、麻生、稲田らのデタラメ政治資金
15 ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
16 生活保護カットで他の低所得者も困窮
17 富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
18 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
19 エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
20 大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

"驚愕のブラック"マッサージチェーン! 4日間睡眠時間ゼロの社員研修、会議の締めに男性社長と強制ハグ...

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」