元SMAPの稲垣・草なぎ・香取が解散・独立について初告白「絶対に捨ててはいけないものがあった」一方ジャニーズ圧力でテレビは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gqjapan_01_171126.jpg
「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)2018年1・2月合併号

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が“今年もっとも輝いた男性”を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2017」に選出され、22日、3人そろって授賞式に出席した。

 授賞式では、香取が「新しい人生を真っ白な地図に描き始めたばかりでゼロからのスタートだと思っていた。でも、SNSで世界とつながってみて、ゼロではなかった。ありがとう、世界!」とスピーチ。この前向きな発言に、ファンからは喜びの声があがった。

 だが、その言葉の裏側には、もっと重い現実があった。現在発売中の「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)2018年1・2月合併号には3人それぞれのロングインタビューが掲載されているのだが、そのなかで香取は、こう語っているのだ。

「じつは、もっとゼロからのスタートになるんじゃないか、と思っていたんですよ。もっとホントに何もないところからのスタートラインかな、と思っていて、ま、それはそうなんですけど」
「この1年半、いや2年は、もう、人生、考えましたね」

 ゼロ以上の、もっと何もないところからのスタート──。ジャニーズ事務所からの退所が、いかに重大な決断であったかを物語る言葉だが、もっと踏み込んだ発言をおこなっているのが稲垣だ。

「このままの感じでやっていくと思っていました。だからみなさんも驚かれたと思うけれど、自分たちもすごく驚いていたんです」
「もちろん揺れ動く部分も多かったですし。ただやっぱり絶対に捨ててはいけないものというのがあって、それはこの人とやりたいとか、このスタッフと一生やっていきたいとか、そういうことですね」

 稲垣の言う「絶対に捨ててはいけないもの」という発言で真っ先に頭に思い浮かぶのは、育ての親である飯島三智マネージャーのことだろう。

 あらためて振り返ると、メリー喜多川副社長の実娘である藤島ジュリー景子副社長から敵対視され、派閥抗争の末にメリー副社長から一方的に「SMAPを連れて出て行け!」と週刊誌記者の前で罵倒された飯島氏とともに独立へと動いたSMAP。稲垣をはじめとするこの3人は、その最初の決断のまま、今日にいたる。だが、稲垣はその一方で、こんなことも口にしている。

「会社があって、ジャニー(喜多川)さんがいらっしゃって、そこから生まれたわれわれなので。生んでくれたことのへの感謝の気持ちはずっと変わらないですね」

 つまり、「生みの親」であるジャニーさんにはいまも感謝しながらも、「絶対に捨てられないもの」として「育ての親」である飯島氏に付いていく決断をした、と稲垣は言うのである。

GQ授賞式を報じたテレビは、真ん中にいた稲垣・草なぎ・香取の姿をカット

 しかし驚くのは、「ジャニーさん」という名前が飛び出したことだ。ジャニーズ退所後に、独立組メンバーからこの名前が公の場で発せられたのは、はじめてのこと。いや、そもそも退所後にここまで進退に絡んだ話に踏み込んで発言したことは、ほとんどない。

 例外は、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)最終回での香取の発言だ。このとき香取は、番組終了を新聞報道で知ったこと、「ずっと続けたかった」こと、そして“新しい道を進もうとしたことで番組が終わってしまった”と述べた。さらに、もうひとつ加えるならば、『72時間ホンネテレビ』で、草なぎが披露した自作曲「新しい別の窓」の歌詞だ。この歌のなかには、こんなフレーズが出てくる。

〈嘘だらけ 悲しい世界じゃ 笑顔が作れない なんにも言えなかった〉

 これはあきらかに独立騒動の表面化に解散発表、退所決断にいたるまでのあいだの心境を歌ったものだろう。笑顔も発言も奪われ、飯島氏との独立という道を選ぶと今度は存続させたかった番組は終了に追い込まれてしまった……。香取の「何もないところからのスタート」とは、ジャニーズ事務所からの圧力やそれに忖度するメディアのなかで、自分たちは再スタートを切らなくてならなかった状況を表した言葉なのだろう。

 そして、そうした状況はいまも変わっていない。事実、「GQ MEN OF THE YEAR 2017」の授賞式の模様を伝えた『スッキリ!!』(日本テレビ)では、同じく受賞した長谷川博己や斎藤工、RADWIMPS・野田洋次郎らをクローズアップし、中央にいた稲垣・草なぎ・香取の3人が映り込まないような不自然なかたちで紹介したのだ。

 あまりにも露骨すぎる「元SMAP外し」だが、ここでナレーションの「天の声」を担当する南海キャンディーズ・山里亮太がすかさず、ほかの受賞者として「香取さんとか草なぎさんとか吾郎さんとか……」と言及し、司会の加藤浩次も「そうか、香取くんと草なぎくんと吾郎ちゃんも選ばれてるのね」と反応。さらにその後、加藤がスタッフに向けて「なんでいないの? 何だよそれ」と呟いている声もうっすらと聞こえた。

 だが、『スッキリ!!』のみならず、フジテレビの『めざましテレビ』でも同様に、3人を外したかたちで授賞式の模様を紹介。日テレとフジがこのような放送をおこなったのは、番組スタッフがジャニーズ事務所の顔色を伺った結果だろう。

 ようするにテレビ局は、ジャニーズ事務所を逆撫でしないように配慮して、「新しい地図」の3人を取り上げない紹介の仕方をおこなった。これは、政権からの報復を恐れて大本営発表を垂れ流す報道とまったく同じ構図だ。

ジャニーズ圧力に抗い、香取・草なぎ・稲垣を応援する芸能人たち

 権力にただひれ伏すだけのテレビ。しかし、「新しい地図」の3人には味方もいる。それは、権力とのしがらみのない、あるいは権力を恐れず3人をバックアップしようという芸能人たちの存在だ。

 たとえば先月末、『全日本仮装大賞』(日テレ)の司会を萩本欽一とともに香取が続投することが発表された。しかし『仮装大賞』といえば、今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』内で放送された際には香取が司会から外されていた。だが、一部報道によると、萩本は「慎吾が出ないのなら、僕も出ません!」と訴えつづけ、その結果、香取の続投が決まったというのだ。

 さらに、先日の『72時間ホンネテレビ』では、ジャニーズ事務所に配慮して一切タレントを出演させなかった吉本興業とは対照的に、多数の所属タレントが出演したのが浅井企画だった。浅井企画は、もともとは萩本欽一と坂上二郎のために立ち上げられた会社。つまり、欽ちゃんはそうしたキャスティング面でも3人を全面的にバックアップしていたのである。

 それだけではない。香取は本日26日7時から放送されるフジテレビのトーク番組『ボクらの時代』に、親友である山本耕史とキャイ〜ン・天野ひろゆきとともに出演するが、これも本人のツイートによると〈山本耕史がボクとあまのっちを呼んでくれました!〉という。

 山本と香取のふたりはNHK大河ドラマ『新撰組!』で共演し、演じた近藤勇と土方歳三さながらに友情を深めたことは有名な話。だが、『72時間ホンネテレビ』では、山本だけではなく、『新撰組!』で共演した佐藤浩市やオダギリジョー、谷原章介、脚本を担当した三谷幸喜もゲスト出演して場を盛り上げた。くわえて、『SMAP×SMAP』(フジ)において香取が「市川カニ蔵」としてキャラに扮していた縁がある市川海老蔵や、映画『人類資金』で香取を起用した阪本順治監督など、香取を慕う人びとが数多く応援に駆け付けたのだ。

 SMAP時代の香取といえば、「芸能人とは友だちになりたくない」と公言し、共演者とも連絡先の交換をしないなどの非社交的な逸話を数多くもっていた。しかし、こうして「何もないところからのスタート」を余儀なくされたとき、萩本をはじめ、少しでも力になろうと手を貸す人びとはこんなにもいたのだ。そして内向的だった香取自身もまた、いま、変わりはじめているのではないか。

「GQ JAPAN」のインタビューで稲垣は、「「あぁ、あの時ああしておけばよかった」と思うこともなくはない」と語りつつ、「こっちを選んだ方がこれからの人生をより理想に近いかたちで進んで行くことができるのかな、自分を肯定して迷わずに行けるのかな、と思いました」と、独立を選んだ理由を述べている。

 安泰な道を捨ててまで茨の道を選ぶ。その決心をした3人が不当な圧力に負けないよう、権力になびかない芸能人たちによるバックアップがつづいていくことを祈らずにはいられない。同時に、テレビ局のジャニーズ忖度にも目を光らせつづけなければならないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

元SMAPの稲垣・草なぎ・香取が解散・独立について初告白「絶対に捨ててはいけないものがあった」一方ジャニーズ圧力でテレビは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ稲垣吾郎編集部草なぎ剛香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
11 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
15 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
16 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
17 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 原発広告に文化人や芸能人が
1 林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17 田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18 上念司もケントと同様、加計の客員教授
19 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画