安倍首相の途中帰国は政治意図バレバレ! 訪問中止のエストニア大使館が“他国は閉会中審査さけるため訪問した”の指摘をRT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍首相の途中帰国は政治意図バレバレ! 訪問中止のエストニア大使館が他国は閉会中審査さけるため訪問したの指摘をRTの画像1
自由民主党HPより


 恥も外聞もない、というのはこういうことをいうのだろう。九州北部豪雨の被害が広がるなか、G20終了後、そのまま北欧訪問にいってしまった安倍首相。本サイトは国内でこんな大規模災害がおきているにもかかわらず、帰国しないという安倍首相の判断を批判。「閉会中審査に出たくないためではないか」と指摘する記事を掲載した。

 すると、9日夜、安倍首相は同行の記者団に対し、突然「九州北部豪雨で被害が出ているため、予定を繰り上げる」と発表。最後のエストニア訪問を取りやめて、きょう11日に帰国することになった。

 しかし、これはもちろん、安倍首相もやはり被災地のことが心配になった、というような話ではない。本当に被災地が心配で一刻も早く復旧を指示するための帰国なら、G20が終了した8日に出発し、9日に日本に帰ってくることができたはずだからだ。

 実際、安倍首相はG20サミット直前の7月7日の時点でFacebookにメッセージを発信しており、その被害の甚大さは認識していた。また、今回の北欧への外遊は喫緊の課題があるわけではなく、G20後にもうけられたバカンスに近い。最後のエストニア訪問を中止できたのだから、他国についても同じように外交日程をとりやめることはできたと考えるべきだろう。

 ところが、安倍首相はスウェーデン、フィンランド、デンマーク3か国歴訪は続け、エストニアの訪問だけを中止した。帰国は11日で、わずか1日早めただけだった。

 なぜか。誰でもわかることだが、G20後すぐに帰ったらせっかく外遊にぶつけた閉会中審査に出席しなければならなくなるからだ。しかし、そのまま帰国しないと、被災地のことを考えていないと批判を浴びかねない。それで、エストニアだけを中止して、はかったように、閉会中審査翌日に帰国することにしたのだ。

「マスコミは沈黙していましたが、ネットでは帰国しないことに対する批判の声が高まっていましたし、週末の世論調査で、支持率のさらなる低下が判明した。それで、慌てて帰国するという決断をしたのでしょう」(全国紙政治部記者)

 ようするに安倍首相の1日だけ早い帰国は被災地を心配しているわけでもなんでもなく、たんに災害を自分の人気取りに利用するパフォーマンスに過ぎないことがバレバレなのである。

 実はその行動には、唯一、訪問中止になった当事者国であるエストニアも不快感を持っているようだ。

 安倍首相が訪問中止を発表した後の10日、在日エストニア大使館の公式ツイッターが、安倍首相の前倒し帰国を報じるNHKのニュースについて、以下のようにツイートした一般ユーザーをリツイートしたのである。

「NHK『安倍が被災地思い予定繰り上げ帰国』 9日夜7時・8時45分報じる 3か国中、最後のエストニアだけ削るという 北欧2国も削っちゃうと、閉会中審査出られない理由がなくなる」

 このツイートは10日夜、拡散して騒ぎになりそうになったとたん、すぐに削除されたが、大使館が駐在している国の政権の行動を批判するようなツイートをするのは異例中の異例。

 たしかに、エストニアが怒るのは当たり前だろう。もちろん本当に災害対応のためならわかるが、安倍首相は他の3国は訪問を続け、エストニアだけ自分の政治パフォーマンスのために訪問をキャンセルしたのだ。エストニアからしたら当然、「小国だからバカにされた」と不快に思ったはずだ。

 しかし、安倍首相にもっとバカにされているのは、九州北部で大きな被害に遭っている被災者だ。災害そっちのけで、スキャンダルから逃げるために北欧バカンスを続行しておいて、閉会中審査が終わった途端、自分の人気取りのために「一刻も早く被災地にかけつけたい」などと言い出したのだ。ようするに、被災地の人々を救うつもりなんかまったくない、単なる政治利用だろう。

 安倍首相はおそらく本日11日、帰国したその足で、被災地に向かい、いつものように「被災地の皆さんをしっかり応援します」といったメッセージを発するはずだ。

 しかし、国民はもうそんなものには騙されないだろう。森友学園、加計学園から始まったこの間のさまざまな言動、そしてスウェーデン、フィンランド、デンマークの3か国歴訪続行したことで、この男が国民の生命や安全のことなどなにひとつ考えてらず、その頭の中は、自らの保身と政治パフォーマンスだけ、というのは完全にはっきりしてしまったのだから。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

安倍首相の途中帰国は政治意図バレバレ! 訪問中止のエストニア大使館が“他国は閉会中審査さけるため訪問した”の指摘をRTのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。加計学園安倍晋三編集部震災の記事ならリテラへ。

フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃

13 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ 14 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表 15 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体 16 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護 17 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー 18 東京五輪買収は決定的と海外で報道 19 華原朋美が告白!男との壮絶過去 20 室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
1 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3 安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
4 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
6 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
7 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
8 室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
9 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
10 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
11 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
12 東京五輪買収は決定的と海外で報道
13 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
14 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
15 財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
16 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
18 西村京太郎「日本に現代戦は無理」
19 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
20 沖縄に大量の核兵器が配備されていた

カテゴリ別ランキング

社会

  1. 1安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
  2. 2前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
  3. 3総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
  4. 4室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
  5. 5安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!

ビジネス

  1. 1アムウェイにキラキラ女子が急増中!
  2. 2MBAは役に立たない!おサムい実情
  3. 3オシャレ業界のブラックな実態
  4. 4大企業は法人税を払っていない!
  5. 5レオパレス21に集団訴訟!

カルチャー

  1. 1長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
  2. 2水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
  3. 3『夫のちんぽ』著者が抱える恐怖とは
  4. 4星野源を生んだ自由の森学園の教育
  5. 5冨永愛の自伝が壮絶すぎる!

芸能

  1. 1痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
  2. 2華原朋美が告白!男との壮絶過去
  3. 3あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
  4. 4キムタク最大のタブーとは?
  5. 5 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?

@litera_webさんをフォロー

話題のキーワード

  1. 1アベを倒したい!
  2. 2写真
  3. 3SMAP
  4. 4ネトウヨ
  5. 5インタビュー
  6. 6編集部
  7. 7鈴木涼美
  8. 8小杉みすず
  9. 9山口敬之
  10. 10加計学園
  11. 11宮島みつや
  12. 12山本一郎
  13. 13本田コッペ
  14. 14ブログ
  15. 15水井多賀子
  16. 16フィフィ
  17. 17伊勢崎馨
  18. 18バーニング
  19. 19日本会議
  20. 20百田尚樹
  21. 21安倍晋三

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

売れ筋ランキング

1 志麻さんのプレミアムな作りおき
著者:志麻
発売日:2017年9月8日
2 せつない動物図鑑
著者:ブルック・バーカー、服部 京子
発売日:2017年7月21日
3 Trad Mix

発売日:2017年9月
4 ナミヤ雑貨店の奇蹟角川文庫
著者:東野圭吾
発売日:2014年11月22日
5 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
著者:西山耕一郎
発売日:2017年6月