山Pの上から目線がスゴい! 中山美穂のナルシスト彼氏も降参

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamashita_01_140918.jpg
クラブ音楽に傾倒? 山Pこと山下智久

 10月には人気少女マンガ『近キョリ恋愛』(みきもと凜/講談社)の実写版映画に出演する、山Pこと山下智久。今年2月には元ジャニーズの赤西仁や関ジャニ∞の錦戸亮らが“所属”する「赤西軍団」とともに六本木で一般人カップルとトラブルとなり、なんとカップルの女性のスマホを奪って逃走するというアイドルらしからぬ行動を起こしたことが「FRIDAY」(講談社)に報じられたが、そんなスキャンダルも華麗にスルー。8月末にはジャニーズとしては異例の“ダンスミュージックのみ”で構成された企画ミニアルバム『遊』を発売した。

 赤西軍団といえば都内クラブでの目撃談は枚挙に暇がない。ただ泥酔して騒ぎたいだけではなく、ほんとうにダンスミュージックが好きでクラブ通いしていた、そんな山Pの言い訳も聞こえてきそうなこのミニアルバム。山下が「流行のEDMを追うのではなく、それとは別の何か新しいものを提示したい」と語るように、結集したミュージシャンは中田ヤスタカや大沢伸一など豪華なメンツなのだが、じつはあの“話題の人”も参加している。それは、中山美穂との不倫騒動ですっかり有名人となった音楽家・渋谷慶一郎だ。

 ある意味、旬なトラブルメーカーである山下と渋谷だが、この2人が「Switch」(スイッチ・パブリッシング)Vol.9で対談。当然のことながらスキャンダルに踏み込むわけでもなく、ただ音楽談義に花を咲かせているのだが、問題は、ここでの山Pの“上から目線”ぶりが目立つことだ。

 まず、山下は、「普段僕はアイドルとしてメインストリームで活動していますけど、ジャニーズの山下智久ということは置いておいて、遊び心に満ちたダンスミュージックの作品を作りたいという気持ちは以前からありました」と宣言。これまでも相対性理論が楽曲提供した「愛、テキサス」や、「原曲レイプだ!」と非難を買った真心ブラザーズのカバー「SUMMER NUDE '13」など、シングル曲でもリスナーが肝を冷やす冒険をしてきた山下ではあるが、どうやら音楽に対してはかなりの主体性をもっているらしい。

 こうした山下の活動を、渋谷は「エッジの立ったいろんな人とコラボレーションしていこうという方向性」と評し、「そのバランス感覚はすごく大切だと思う」と称賛。自分も含めて“エッジの立った人”と評価する渋谷にはこそばゆさを感じるが、山Pはさらなる上をゆくのだ。

 渋谷によれば、Twitter上で山下のファンたちから「曲提供していただきありがとうございます!」とコメントが寄せられたらしく、「みんな礼儀正しくて驚いた」と報告。それに対して山下は、「マジですか(笑)」と反応しつつ、つづけて、「でもそういうふうにファンの人にもちゃんと渋谷さんの音楽性が受け入れられているということが僕としては本当に嬉しい」と述べるのだ。

 ……あたかも“俺あっての渋谷”といわんばかりで面食らうが、さらに、「僕のようなスタンスで活動している人間がこういう作品を作ることは絶対重要だと思うんです」と畳みかける山P。一方の渋谷も、小説風の日記をブログに載せたり自撮り写真を自らアップすることから、ネット上では“相当なナルシスト”と呼ばれているが、それでもこの山Pの自信に満ちた発言にはただただ同意するばかり。

 だが、山下が稀代のナルシストを相手にここまで語りきってしまうのには理由がある。というのは、自分のファンたちは“アイドルとしての山下智久”に興味があることは、山下自身も重々承知済み。それでもなお、自分を通して「こういう音楽もあるんだよ」と提示したいというのだ。そのため、参加ミュージシャンたちに「ひとつだけお願いした」というのが、「ジャニーズの山下智久が歌うことは意識せずに、ただみなさんがカッコいいと思う曲を作っていただきたい」ということらしい。

 AKBグループをはじめ、ヒットチャートを賑わせるアイドルたちのCDはもはや楽曲への評価ではなく握手券を買っているようなもの。そしてスタッフも、アイドルたちのイメージを崩さない、予定調和な楽曲を採用することも多い。そんななかで、リスナーは知らない音に出会うという新しい発見を体験することは難しい。山下の発言は、いわば新しい音世界へ誘うための“媒介者”になるという覚悟なのではないか。──たしかにこれは、多くのファンを抱えるアイドルにしかできない仕事なのかもしれない。

 ただし、どれだけ新鮮で斬新な音楽でも、ボーカリストの表現力が追いついていなければ魅力も半減するというもの。口だけ番長ではなく、山下がどれだけ豪華ミュージシャンたちと渡り合えているのか……興味が湧いた人は、ぜひ聴いてジャッジしてみてほしい。
(サニーうどん)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

遊(完全生産限定盤)

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

山Pの上から目線がスゴい! 中山美穂のナルシスト彼氏も降参のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんジャニーズの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
2 ツイッター社とネトウヨ、自民党の親和性
3 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
4 “アベ友”医師がトンデモ差別発言連発
5 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
6 芸人が反権力でない理由をマキタS が
7 高プロ旗振り役・竹中平蔵が「残業代は補助金」
8 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
9 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
10 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
11 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
12 蓮池透が南北会談めぐる安倍の姿勢を批判
13 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
14 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
15 NEWS手越不祥事をJ忖度メディアがスルー
16 飯島勲が不祥事ごまかし手口を公開!
17 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
18 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
19 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
20 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
2 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
3 官邸の検察への圧力を物語る森友文書が
4 安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
5 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
6 “アベ友”医師がトンデモ差別発言連発
7 安倍そっくり!加計が報ステ記者を締め出し
8 是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
9 米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
10 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
11 安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
12 ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
13 拉致進展なしで安倍が必死のゴマカシ!
14 高プロ旗振り役・竹中平蔵が「残業代は補助金」
15 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
16 加藤勝信厚労相が高プロ調査をでっち上げ
17 新潟県知事選で花角知事陣営がデマ攻撃
18 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
19 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
20 米朝会談開催地は朝鮮人慰安婦連行の地
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄