指原莉乃がAKB落下事故を「本人の不注意」とメンバーを責め、安全軽視の運営を擁護! 運営の論理を代弁する指原の処世術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

指原はメンバーの自己責任と主張するが、AKBの転落事故は初めてじゃない

 事故が起こったコンサートは、メインステージの他にサブステージが2つ設けられており、花道はそれらつなぐかたちで設置されていた。メンバーは客席のファンに手を振るなどしながらこの花道を移動していく。花道の横幅は狭く、二人並ぶのがせいいっぱいといった状態だが、柵や手すりなどは備えられておらず、客電が消されているライブ開演中は転落する可能性も十分想定の範囲内であったはず。〈対策も何もないです〉ということはないだろう。転落防止柵をつくるなり、花道の横幅をもっと広くするなり、転落した際の衝撃を和らげるためにマットを敷くなり、やれる対策はいくらでもあるはずだ。

 この指原のコメントは当然のことながら大炎上。指原は当該ツイートを削除することになるのだが、他のメンバーによる証言を聞いていると、そもそも〈イヤモニでずっと「落ちないでね!気をつけてね!」と声がけはしてくれてます〉という安全管理にすら疑問符が浮かぶ。

 SKE48の須田亜香里がライブ配信サイト「SHOWROOM」にて、さいたまスーパーアリーナのライブを振り返り、「細い通路のところ、細い花道のところはちょっと怖くて」「足場とギリギリ人の顔を見ながら歩いてたから」としたうえで、こんな一幕があったと語っているのだ。

「ああいう大きいコンサート会場ではイヤモニをつけてるんですけど、みんなでゾロゾロ歩くときに、私、本当に足場怖くて、オドオドしながらゆっくり走ってたら、『いま、どこどこ走ってる、誰だあれ! めっちゃ前と隙間空いてるぞ!』ってイヤモニで怒られて。『でも無理だし』って思いながら」

 須田はこの後で「多分、スタッフさんも注意はしたものの、安全を確保するのが大事ってのはわかってくれるから『まぁ、いいか』と思って、図太く行きましたそこは。安全第一を私は死守しました」と語っているが、そこで「図太く」行けるのは、彼女が09年デビューのベテランだったからというのが大きいだろう。

 今回後頭骨を骨折した稲垣香織は16年12月にデビューしたばかりの16期研究生メンバー。AKB48のなかでは、ドラフト3期生の次に若手のメンバーとなる。その立場でイヤモニから「めっちゃ前と隙間空いてるぞ!」などと怒号が飛んでいればどういう精神状態になってしまうかは想像に難くない。

 また、指原は前述『ワイドナショー』で「他のアーティストやアイドルの方って落ちるか?っていうのがあって」などと語っていたが、実は、AKB48グループのコンサートでこのようなステージからの転落事故が起きたのは初めてではない。14年4月にさいたまスーパーアリーナで行われたSKE48のコンサートにて熊崎晴香がステージから転落し右手を骨折している。この骨折は全治3カ月という大怪我だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

指原莉乃がAKB落下事故を「本人の不注意」とメンバーを責め、安全軽視の運営を擁護! 運営の論理を代弁する指原の処世術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48HKT48ワイドナショー指原莉乃秋吉優花稲垣香織の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
3 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 麻生太郎が愛人の店に2360万円
11 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 雪印告発の社長が中国産野菜告発
15 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!