愛人と独立のビートたけしを新潮が「洗脳状態」と報道! 一方、文春は独立問題を一行も書かずにたけしの小説を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
愛人と独立のビートたけしを新潮が「洗脳状態」と報道! 一方、文春は独立問題を一行も書かずにたけしの小説を掲載の画像1
3月22日発売の「週刊新潮」と「週刊文春」

「オフィス北野」を独立し、愛人と一緒に設立した新事務所「T.Nゴン」に移ったビートたけし。“100億円の愛人”とも言われる愛人へのハマりっぷりに、“第二のやしきたかじん”的トラブルに発展するのではないか、と危惧されたが、状況はそれ以上のようだ。

 本サイトでは前回の記事で、たけしの独立が、たけしと愛人による「オフィス北野」・森昌行社長のパージ、利権の独り占めが目的だったことを指摘したが、現在発売中の「週刊新潮」(新潮社)3月29日号が、「『殿ご乱心』の声も上がる電撃独立の舞台裏」との特集で、その詳細を暴露したのだ。同誌によると、たけしの様子は、複数の関係者から“洗脳”“マインドコントロール”という言葉さえ出ているほどの状態だという。

 まず、同誌が指摘したのは、たけしが仕事に愛人をかかわらせているという事実だった。それは、世界的名声を得ている映画の撮影でも起きているという。「週刊新潮」には、2015年4月公開の映画『龍三と七人の子分たち』の撮影現場での様子がこう紹介されている。

「その日は1人の女性が(たけしの)隣に座っていて、一緒になってモニターを見ているので、現場に冷めた空気が流れていたのです」(芸能関係者)

 これまでたけし映画といえば、そのほとんどがオフィス北野が製作、配給を行い、また一心同体と言われていた同社社長の森昌行社長がプロデュースを行ってきた。撮影現場でもたけしの傍に寄り添うのは森社長だったが、それもすでに3年も前から愛人にとってかわられていたということらしい。

 また、たけしが出演したドラマにも口を出してきたこともあったという。それは2016年の『ドクターX~外科医・大門未知子~ スペシャル』(テレビ朝日)にたけしが出演した際のことだ。

「それは橋本マナミとのキスシーンで、撮影があったことを知った横井さん(記事での愛人の仮名)は“冗談じゃない!”“許せない!”と怒ったらしい。たけしさんは周囲に“橋本マナミとキスしたもんだからオネーチャンに叱られて叱られて”と言い、“あのシーン何とかならないかな”という相談までしていたそうです」(テレビ局関係者/「週刊新潮」より)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

愛人と独立のビートたけしを新潮が「洗脳状態」と報道! 一方、文春は独立問題を一行も書かずにたけしの小説を掲載のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビートたけし女性自身林グンマ週刊文春週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも