平昌ではジャンプの高梨沙羅が標的に…五輪選手への道徳押しつけバッシングの異常! 今井メロや國母和宏が心境告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

保守派が攻撃する平昌オリンピックでは選手にもさらなるバッシングが

 國母は「Number」(文藝春秋)17年2月9日号にて、バンクーバーオリンピックでの騒動について、「いや、だろうな、っていう感じですね。えーって思うほど、バカじゃない。学校でも制服を着崩してたら注意されるじゃないですか」としつつ、それでも敢えて自分を貫き通したファッションにしたことについて、「葬式に行くときに葬式の恰好をするように、スノーボードの大会に行くからスノーボードに行くための恰好をしてただけで。もう、あのときから、滑ることに集中してて、スーツをびしっと着ることで、そのイメージが揺らいだりするのが嫌だった。あそこから、俺のすべてのルーティンは始まってるというか」と語っている。

 その態度をスノーボードの業界は支持した。バンクーバーオリンピックでの騒動後も契約ブランドは國母を味方し、バックアップも継続している。前掲「Number」では、バンクーバーオリンピック代表のスノーボーダーの村上大輔が「スノーボードがオリンピック競技になった時点で、いろんな人が“スポーツ”として見始めた。だから余計に理解されにくいと思うんですけど、ボーダーはライフスタイルが大事。80%ぐらいは、オリンピックとは別の部分が占める。ビデオだったり、バックカントリーだったり、プロの大会だったり。ブランドもそっちを大事にする。ブランドが欲しいのはアスリートじゃなくて、カッコいいボーダーなんです」と語っており、それはスノーボーダーとしてはなんら間違った行為ではないとしている。

 実際、國母のファッションを批判していたのは日本のメディアだけだった。ようするに、彼らはスポーツ文化というものをまったく理解しておらず、ただ、自分たちの時代錯誤的な価値観を押し付けたいだけなのだ。

 明日から開幕する平昌オリンピックはすでにオリンピックそのものが政治的、差別的な理由で攻撃対象になっているが、その主体となっている保守派メディアやネトウヨと、過去のオリンピックで選手バッシングを展開してきた“道徳保安官”たちとは重なっている部分がかなりある。

 平昌オリンピックでは、選手に対しても、これまで以上に理不尽なバッシングが起きる可能性が高い。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

平昌ではジャンプの高梨沙羅が標的に…五輪選手への道徳押しつけバッシングの異常! 今井メロや國母和宏が心境告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。平昌オリンピック平昌五輪編集部高梨沙羅の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
3 高プロ法案の強行採決を許すな!
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
6 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
7 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
10 「不倫学」が教える防止策とは?
11 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
12 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
17 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
18 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
19 愛川欽也が「安倍に殺される」と
20 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13星田、村本、博士がデモ批判に反論
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
16高プロ法案の強行採決を許すな!
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?