安倍自民党の政権公約の詐欺っぷりがひどい! 解散理由の消費税の使途変更は端っこに、北朝鮮と改憲も嘘だらけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

はやくも選挙後の改憲をみすえて動き始めた安倍自民党と小池新党

 選挙戦がはじまり、党首討論などでは一応、小池代表も安倍首相の改憲論を批判する展開もあるだろうが、それははっきり言って、たんなるポーズだ。今回、自民党が公約に打ち出した改憲内容はいずれも小池代表も相乗りできるものであり、「憲法9条改正」に賛成してきた小池代表が「悲願達成」のため、安倍自民党と連立を組むであろうことは想像に容易い。

 事実、小池代表は2日に応じた産経新聞のインタビューでは、〈希望の党が衆院で過半数を得た場合に自民党と連立する可能性については「結果をみて判断する」と否定せず、連携に含みを持たせた〉とある。

 対して菅義偉官房長官も、本日午前の会見で、改憲議論における希望の党との連携について質問され、「掲げる政策に賛同いただくのであれば、しっかり対応していく」と答えた。安倍自民党と小池新党は、もうすでに選挙後を見据えて歩調を合わせつつあるのだ。

 北朝鮮危機で国民を煽動し、解散理由さえ有耶無耶にし、詐欺的な憲法改正に動き出した安倍総裁に、口では「政権交代」と言いながら安倍自民党に追随姿勢をみせる小池百合子代表──このような稀代のペテン師2人が、政策論争をおこなう党首討論ではいかに茶番を繰り広げ、馬脚をあらわすか。本サイトは注視したいと思う。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍自民党の政権公約の詐欺っぷりがひどい! 解散理由の消費税の使途変更は端っこに、北朝鮮と改憲も嘘だらけのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍政権小池百合子希望の党憲法編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 石原さとみドラマが山口敬之疑惑を扱う
2 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
3 「アベ政治を許さない」と書いた金子兜太
4 三浦瑠麗が正論賞受賞であっち側の人に
5 裁量労働制データ捏造に続き隠蔽も!
6 昭恵夫人が怪しい投資商法の広告塔に
7 ヘイト出版の晋遊舎が道徳教科書参入
8 ブルゾンちえみが松本人志をディスった
9 平昌では高梨沙羅が…五輪選手バッシングの異常!
10 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
11 裁量制データ捏造に安倍が開き直り
12 ホテルに潜伏、佐川国税庁長官の卑怯
13 綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
14 三浦瑠麗“大震災時に迫撃砲”もフェイク
15 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
16 下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
17 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
18 安倍政権の裁量労働制データ捏造が確定
19 羽生の金に安倍首相がさっそく便乗
20 三浦瑠麗が公安も失笑のフェイク拡散
1綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
4安倍首相が朝日新聞めぐる答弁で大嘘!
5子供?安倍がFacebookで朝日攻撃
6FLASHが15年前に山口敬之の披露宴
7ホテルに潜伏、佐川国税庁長官の卑怯
8 羽生の金に安倍首相がさっそく便乗
9産経が菅官房長官発言を捏造
10 裁量制データ捏造に安倍が開き直り
11安倍政権の裁量労働制データ捏造が確定
12裁量労働制データはミスじゃなく捏造!
13下町ボブスレー補助金に安倍が介入か
14ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
15石原さとみドラマが山口敬之疑惑を扱う
16ヘイト出版の晋遊舎が道徳教科書参入
18平昌とは真逆、東京五輪の演出家がひどい
19昭恵夫人が怪しい投資商法の広告塔に
20裁量労働制データ捏造に続き隠蔽も!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」