在特会桜井誠の政党名とそっくり…「日本ファースト」の名は小池百合子の発案!? 隠しきれない小池と側近の極右体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

極右国家主義思想を隠す小池知事と都民ファーストの卑劣なやり口

 都知事になった後も、小池氏はそうした極右思想を捨ててはいない。都知事就任後には、以前、国会議員懇談会の副会長まで務めた日本会議について「ここ数年は距離を置いているが、日本の国益、伝統、歴史は大切にするという点では賛成」と発言。昨年12月1日の所信表明でも「韓国人学校への都有地貸与の撤回」を功績として語り、今年3月16日の都議会予算特別委員会では「グローバル人材の育成の観点からも、国旗や国歌を大切にする心を育むということこそ重要」と言い、都立看護専門学校や首都大学東京での入学式・卒業式において、国旗の掲揚のみならず「国歌斉唱についても行うよう望んでいきたい」と述べた。その結果、この4月に行われた7つの都立看護専門学校の入学式では国歌斉唱が行われた。

 冒頭、「日本ファーストの会」という団体名に「在特会の桜井誠が設立した『日本第一党』と同じじゃないか」という声が寄せられていたことを指摘したが、それを気にしないのも当然なのだろう。直接的なヘイトスピーチを避けているだけで、本質の部分は在特会および日本第一党とほとんど共通するからだ。

 ようするに、とんでもない極右政党が、オルタナティブ政党の顔をして「自民党の受け皿」になろうとしているのである。

 しかも、そうした政治思想を都民ファーストはあきらかにしない。事実、毎日新聞が都議選に当選した議員に対しておこなった「安倍政権の評価」や「憲法改正の賛否」を問うアンケートで、都民ファーストに所属する議員は、ほぼ全員が「無回答」。この背景にあるのは、野田代表が「民間並みの対応」と言う議員の締め付けだ。

 現に、都議選前から都民ファーストの候補者には取材制限がかけられ、当選後も事務局の許可が原則必要な状態にあるという。都民ファーストの関係者は毎日新聞の取材に「自由な発言が許されない雰囲気がある。都議が話したことを悪く報道されるのを恐れて守りに入っている」と話しているが、一方、野田代表は「どんな取材を受けるのか本部が把握することは、民間企業なら当然の対応。うちは既存政党よりも確実に情報公開が進んでいる」などと言い募っている。

 都政を担う都議が質問に答え、政治信条をあきらかにするのは当たり前、為政者の義務だ。それを民間企業になぞらえて管理・制限することは、責任主体をはっきりさせないばかりか、政治の活発化を妨げるあり得ない話だ。あまりに政治を軽んじているとしか思えない。

 小池百合子の野心に側近が極右思想で土台を固める、末恐ろしい実態の政治団体。しかも、この日本ファーストには、民進党を離党した長島昭久や離党届を提出した細野豪志、まだ離党はしていないが柿沢未途ら右派議員の合流も噂されている。とんだ極右の吹き溜まりとしか言いようがないが、これが「自民党の受け皿」となっても、この国の政治は変わるどころか安倍政権の延長でしかないということを覚えておかなくてはならないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

在特会桜井誠の政党名とそっくり…「日本ファースト」の名は小池百合子の発案!? 隠しきれない小池と側近の極右体質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。在特会小池百合子日本ファースト編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 視聴者の会が加計でトンデモ意見広告
2 茂木人づくり相の公選法違反に新証拠
3 安倍政権が福井国体を戦前賛美に利用
4 ナチス礼賛、高須院長がまた訴訟恫喝!
5 加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
6 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
7 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
8 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
11 ローラが所属プロに奴隷契約の終了を
12 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
13 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
14 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
15 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
16 吉永小百合が「9条は変えさせない」
17 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
18 日本の外務省が文大統領と同様の発言
19 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
20 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
1長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
2久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
3綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
4テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
5三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
6高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
7市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
8 高校生平和大使の演説中止と安倍政権
9グアム北ミサイルは存立危機事態でない
10トランプ的どっちもどっち論横行の日本
11仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
12寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
13安倍政権が福井国体を戦前賛美に利用
14手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
15閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
16加計学園獣医学部施設の設計図疑惑
17幹部から新人までほとんどが商売右翼
18安倍の「人づくり」名称のルーツは?
19岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」