在特会桜井誠の政党名とそっくり…「日本ファースト」の名は小池百合子の発案!? 隠しきれない小池と側近の極右体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

極右国家主義思想を隠す小池知事と都民ファーストの卑劣なやり口

 都知事になった後も、小池氏はそうした極右思想を捨ててはいない。都知事就任後には、以前、国会議員懇談会の副会長まで務めた日本会議について「ここ数年は距離を置いているが、日本の国益、伝統、歴史は大切にするという点では賛成」と発言。昨年12月1日の所信表明でも「韓国人学校への都有地貸与の撤回」を功績として語り、今年3月16日の都議会予算特別委員会では「グローバル人材の育成の観点からも、国旗や国歌を大切にする心を育むということこそ重要」と言い、都立看護専門学校や首都大学東京での入学式・卒業式において、国旗の掲揚のみならず「国歌斉唱についても行うよう望んでいきたい」と述べた。その結果、この4月に行われた7つの都立看護専門学校の入学式では国歌斉唱が行われた。

 冒頭、「日本ファーストの会」という団体名に「在特会の桜井誠が設立した『日本第一党』と同じじゃないか」という声が寄せられていたことを指摘したが、それを気にしないのも当然なのだろう。直接的なヘイトスピーチを避けているだけで、本質の部分は在特会および日本第一党とほとんど共通するからだ。

 ようするに、とんでもない極右政党が、オルタナティブ政党の顔をして「自民党の受け皿」になろうとしているのである。

 しかも、そうした政治思想を都民ファーストはあきらかにしない。事実、毎日新聞が都議選に当選した議員に対しておこなった「安倍政権の評価」や「憲法改正の賛否」を問うアンケートで、都民ファーストに所属する議員は、ほぼ全員が「無回答」。この背景にあるのは、野田代表が「民間並みの対応」と言う議員の締め付けだ。

 現に、都議選前から都民ファーストの候補者には取材制限がかけられ、当選後も事務局の許可が原則必要な状態にあるという。都民ファーストの関係者は毎日新聞の取材に「自由な発言が許されない雰囲気がある。都議が話したことを悪く報道されるのを恐れて守りに入っている」と話しているが、一方、野田代表は「どんな取材を受けるのか本部が把握することは、民間企業なら当然の対応。うちは既存政党よりも確実に情報公開が進んでいる」などと言い募っている。

 都政を担う都議が質問に答え、政治信条をあきらかにするのは当たり前、為政者の義務だ。それを民間企業になぞらえて管理・制限することは、責任主体をはっきりさせないばかりか、政治の活発化を妨げるあり得ない話だ。あまりに政治を軽んじているとしか思えない。

 小池百合子の野心に側近が極右思想で土台を固める、末恐ろしい実態の政治団体。しかも、この日本ファーストには、民進党を離党した長島昭久や離党届を提出した細野豪志、まだ離党はしていないが柿沢未途ら右派議員の合流も噂されている。とんだ極右の吹き溜まりとしか言いようがないが、これが「自民党の受け皿」となっても、この国の政治は変わるどころか安倍政権の延長でしかないということを覚えておかなくてはならないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

在特会桜井誠の政党名とそっくり…「日本ファースト」の名は小池百合子の発案!? 隠しきれない小池と側近の極右体質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。在特会小池百合子日本ファーストの会桜井誠編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 室井佑月が立憲・辻元清美に注文連発
2 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
3 松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
4 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
5 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7 星野源が考える“新しい家族”とは
8 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
9 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
10 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
11 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
12 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
15 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
16 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
18 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
19 BPOが「ニュース女子」のデマ検証
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
8松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
9昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
10北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
11ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
12生活保護カットで他の低所得者も困窮
13富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
16百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
17エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
18 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
19大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」
20BPOが「ニュース女子」のデマ検証

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」