本サイトに信者から批判殺到、青山繁晴の“教祖”化がスゴイ! 産湯の中で立った伝説、現代アート(笑)まで発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

タックスヘイブンの意味を知らず「金正恩は安倍首相が好き」発言も

 そして、ご母堂が「どんな人生を歩むのか」と期待したとおり、青山氏は他の追随を許さない稀有なジャーナリストへと成長したのである。テレビやラジオ番組に出演すれば、ネイティブ風味な巻き舌英語を披露しつつ、「◯◯国の政府要人から聞いた」「日米の政府高官によると」と前置きして、聞いたこともない世界の機密を次々に紹介するようになった。いわく、オバマ大統領時代、ケネディ駐日大使がオバマに「あなたは安倍さんを誤解している、安倍さんはあなたに似てる」と説得した、韓国の慰安婦問題運動は北朝鮮の工作員が操っている……。さらには、「金正恩第1書記は安倍首相を気に入っていて、『好きなんだよね』と語っている」(『スーパーニュースアンカー』14年6月4日放送)などというとんでもない大スクープまで飛ばしている。

 そして、一方で、青山センセイがやたら口にするのが自分に「外国の工作機関による妨害工作」が仕掛けられているという話だ。今回の閉会中審査直前にも「質問後、僕を陥れたい勢力、外国の工作機関がどっと動く」などと発言していたし、数年前、『ぼくらの祖国』という著書の執筆中に「ウイルスで、原稿が2回破壊されて、警察庁の外事情報部が関心をもったりしたこともあった」などと語っていた。

 無論、このような“独自すぎる”ネットワークをもっているのは世界でも青山氏だけだろうと思われるので、誰も情報を裏付けることはできない。先述の「週刊文春」では、共同通信社時代の同僚記者が、青山氏がペルー公邸事件で“独自ネタ”を飛ばしていた事実を認めながらも、記事の中身が「○○筋によると」という情報源をぼかした話ばかりで、他社が追いかけても「一切ウラが取れない」ものだったと紹介し、その結果、社内で青山氏につけられたあだ名が「文豪(笑)」であったことを明かしている。

 また、青山氏はこれだけ国際政治に精通し、世界の政府関係者やインテリジェンスと太いパイプをもっていながら、びっくりするような無知をさらけ出している。パナマ文書が話題になった昨年4月7日に放送されたネトウヨ御用達の『真相深入り!虎ノ門ニュース』で、タックスヘイブンについてこんな解説をしたのだ。

「英語では『税金天国』、タックスヘーブンと言ってて、日本では難しく『租税回避地』って言ってますけれども」

 言うまでもないが、タックスヘイブンって、「heaven=天国」じゃなくて「haven=避難所」。こんな語学力、いや、語学力以前にそんな国際経済の知識でいったいどうやって世界のインテリジェンスと渡り合っているのか、と一斉にツッコミの声が上がったのだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

本サイトに信者から批判殺到、青山繁晴の“教祖”化がスゴイ! 産湯の中で立った伝説、現代アート(笑)まで発表のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。前川喜平編集部青山繁晴の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
2 西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
3 週刊文春の小室不倫報道は悪くない!
4 暴力、セクハラ…ブラックすぎるパチンコ店
5 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
6 平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
7 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
8 古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
9 山口敬之が補助金交付関与の新証言
10 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
11 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
12 「不倫学」が教える防止策とは?
13 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
14 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
15 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
16 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
18 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
19 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
20 社内メールの語尾に“ござる”で解雇!
1吉永小百合、声をあげることへの覚悟
2安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
3安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
4山口敬之が補助金交付関与の新証言
5安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
6河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
7ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
8西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
9「SAPIO」反日バッシングの異常
10日立原発支援政策は“お友だち優遇”
11安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
12安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
13公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
14異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
15古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
16小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
17百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
18平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
19松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
20社内メールの語尾に“ござる”で解雇!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」