本日は大橋巨泉の一周忌…巨泉が遺した安倍政権への批判の声と平和への思いを改めて耳を傾けろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
本日は大橋巨泉の一周忌…巨泉が遺した安倍政権への批判の声と平和への思いを改めて耳を傾けろ!の画像1
大橋巨泉オフィシャルウェブサイトより

本日は、テレビ司会者など多くの分野で活躍した大橋巨泉氏の一周忌となる。

 大橋氏といえば、『11PM』(日本テレビ)や『クイズダービー』(TBS)、『世界まるごとHOWマッチ』(MBS)といった数々の名物番組で司会をこなし、日本のテレビ史に多大な功績を残したタレントだが、晩年の彼が体調不良を押してでも発信しようと努めていたのが、安倍政権批判のメッセージだった。

大橋氏は「週刊現代」(講談社)の連載「今月の遺言」を舞台に、国民の自由を為政者の都合の良いように制限させ、日本を戦争ができる国に変えようとしている安倍晋三の政治信条を危険視する主張を綴った。

 亡くなる直前、体調不良を理由にした連載の最終回では、こんな思いまで書いている。

〈このままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい〉

 本サイトでは、戦争を実際に体験している世代の彼が、いかに戦争を憎み、そして、戦争放棄を謳った日本国憲法を大事に思っていたかを紹介した記事を掲載したことがある。ここに再録するので是非読んでほしい。

 大橋氏の逝去から一年。安倍政権を取り巻く環境は激変したが、支持率が下げ止まらない現在でも改憲への意向を取り下げる気配はない。今後、特定秘密保護法、安保法制、共謀罪の国会審議で繰り返されたような強権的な国会運営で憲法改正論議を進めようとする可能性も大いにある。

 だからこそ、いま改めて大橋氏の声に耳を傾けることには大きな意味があるはずだ。
(編集部)

********************

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

本日は大橋巨泉の一周忌…巨泉が遺した安倍政権への批判の声と平和への思いを改めて耳を傾けろ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大橋巨泉安倍晋三新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
2 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
3 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
4 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 高プロ法案の強行採決を許すな!
8 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
9 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
10 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
11 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
12 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
17 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
20 星田、村本、博士がデモ批判に反論
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?