神社本庁「日本人でよかった」ポスターはウソだった! 極右と安倍政権が煽る「日本スゴイ」ブームの危険を再検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

過去の「日本スゴイ」ブームは戦争の直前に生まれていた

 頷かざるをえない。これは、わかりやすい歴史修正本だけの話ではなく、あらゆる「日本スゴイ」系の裏に潜んでいる問題だ。つまり、「日本」や「日本人(民族)」の連続性を強調、あるいは印象づけ、視点を過去に向けさせたうえで、それを「スゴイ」と褒め称えるうちに侵略戦争や人権侵害などの負の歴史をうっちゃる。そういう構造が見え隠れしている。

 事実、繰り返しになるが、例の「私 日本人でよかった。」ポスターを制作した神社本庁も、日本会議や安倍政権と足並みをそろえて、戦前復古的な運動に邁進している団体のひとつである。

 また、早川氏は前述の論考のなかで、1931年の満州事変以降の出版界にも「日本スゴイ」本ブームが襲来し、その数年後に日中戦争や国民精神総動員運動が始まったことを指摘している。

 早川氏によれば、当時の『出版年鑑』(東京堂)から日本哲学、国家・国体論、政治一般などのジャンルで日本主義・日本精神論の書籍を調べたところ、1931年に18冊だったそれが、翌32年には41冊、33年には54冊、34年には56冊と爆発的に増加したという。「過去に学ぶ」とは本来、こうした地道だが有意義な検証作業を指すはずだ。

 いずれにせよ、こうした「日本スゴイ」コンテンツの跋扈は、政治や国際環境の大きなうねりのなかで生まれ、国家ぐるみで推進される。今年に入ってからも、明治期の国づくりなどを題材とした映画やテレビ番組の制作を政府が支援するという“国策映画事業”の方針が報じられ、経産省が発表した「世界が驚くニッポン!」なるコンセプトブックでは、「あなたは日本がこんなにも注目されていることを知っていますか?」から「虫の“声”が聞こえる日本人」まで、あらゆる「日本スゴイ」系コピーが乱造された。

〈「日本スゴイ」コンテンツを、もはやエンタテインメントのレベルだけで語るわけにはいかない。この二〇年間で再発見された「国民意識」形成のイデオロギーが、私たちのすぐ身近に迫っているのだ。〉(前掲「「日本スゴイ」という国民の物語」)

 そう早川氏が述べるように、この種のイデオロギッシュな自画自賛と自己陶酔は、「万邦無比の神の国」を自称したあの頃に酷似している。言うまでもなく誇大広告で、日本は破滅寸前まで暴走した。

 翻って、第一次政権で「美しい国」を掲げた安倍晋三首相は、教育基本法を60年ぶりに改正して「愛国心条項」をぶち込み、2012年末には総裁として「日本を、取り戻す。」と雄叫びをあげた。その後のなりふり構わぬ政権運営は周知のとおりだ。

 奇しくも今回、安倍政権と同調する神社本庁による「私 日本人でよかった。」ポスターが“張りぼて”だと露見したことは、連中の煽るナショナリズムがあまりにお粗末であることを示した一方、この国の暗い将来を予見しているようにも思える。いずれにしても、安倍政権と極右団体が牽引する「日本スゴイ」プロパガンダを警戒するにこしたことはない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「日本スゴイ」のディストピア: 戦時下自画自賛の系譜

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

神社本庁「日本人でよかった」ポスターはウソだった! 極右と安倍政権が煽る「日本スゴイ」ブームの危険を再検証のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロパガンダ寺社愛国ポルノ都築光太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
2 暴力、セクハラ…ブラックすぎるパチンコ店
3 平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
4 古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
5 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
6 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
7 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
8 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
9 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
10 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
11 安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
12 山口敬之が補助金交付関与の新証言
13 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
14 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
15 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
16 孤立?ももクロ有安を精神分析
17 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
20 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2吉永小百合、声をあげることへの覚悟
3安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
4安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
5山口敬之が補助金交付関与の新証言
6安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
7河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
8ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
9「SAPIO」反日バッシングの異常
10日立原発支援政策は“お友だち優遇”
11安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
12西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
13公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
14異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
15古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
16小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
17百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
18松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
19 浅田真央ブームとネトウヨ増殖の関係
20平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」