エイベックス役員「グラドル強姦未遂」事件の背景…マッチョな企業体質が生んだパワハラ、暴力団との関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

労働基準監督署の勧告を揶揄するエイベックス社長の言葉が大炎上

 電通社員の過労自殺に端を発し、長時間労働問題について社会的議論が巻き起こっていた時期だったが、この労働基準監督署からの是正勧告を受けて松浦勝人社長が出したメッセージは、そういった問題意識にあまりにも逆行するもので、文章が公開されるやいなや大炎上した。

 昨年12月22日、オフィシャルブログ「仕事が遊びで遊びが仕事」のなかで、松浦社長は〈このことに対しては現時点の決まりだからもちろん真摯に受け止め対応はしている〉としながらも、是正勧告についてこのように結論づけていた。

〈望まない長時間労働を抑制する事はもちろん大事だ。ただ、好きで仕事をやっている人に対しての労働時間だけの抑制は絶対に望まない。好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。僕らの業界はそういう人の「夢中」から世の中を感動させるものが生まれる。それを否定して欲しくない〉

 確かに、エイベックスのような娯楽産業の仕事は9時5時では対応できないものなのは確かで、働き方の多様性について議論されるべきなのは間違いないが、松浦社長の言い分はおかしい。「好きでやっているかどうか」は過重労働の問題とはなんの関係もないし、彼の言うような「好きでやっている」仕事のおかげで過労死まで追い込まれた例も枚挙に暇がないからだ。多くの労働者を抱える経営者のものとして、この発想はあまりに危うい。

 そしてそもそも、その「好きでやっている仕事」の内容とはいかなるものなのか? 経済誌「ZAITEN」(財界展望新社)11年7月号では、エイベックスの若手社員が置かれているパワハラ横行の労働環境について問題が指摘されていた。

 エイベックスは新卒の3〜4割が入社5年で辞めていくといった環境で、特にマネージメント部門に配属される社員は過酷だという。その具体例として、記事ではこのような例があげられていた。

〈マネージャー業は、タレントの身代わりになって交通違反で出頭したり、不規則な仕事で夜遅くなって車をぶつけて事故に遭いかけるなど、割に合わない仕事だ。
 マネージャー業では、チーフと若手の2人ひと組になるが、若手のほうはほとんど休みがゼロになるのが一般的である〉

 また、パワハラといえば、LDH幹部による社員へのパワハラ報道も記憶に新しい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 嵐・松本潤に葵つかさが反撃開始?
2 前川証言にも嘘を言い切る菅官房長官語
3 収録済“安倍と籠池コント”がボツに!
4 官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
5 義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
6 菅に日歯連から3000万円迂回献金
7 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
8 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
9 前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
12 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
13 保守女子座談会で保守オヤジの悪口大会
14 ワイドナ「宮崎駿の引退宣言集」はデマ
15 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
16 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
18 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
19 NEWS手越と金塊事件容疑者が…
20 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
PR
PR
1官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
2松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
4『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
5義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
6共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
7安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
8加計学園「総理の意向」文書は本物!
9佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
10文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
11加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
12官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
13 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
14前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
16官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
17室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
18加計に利権独占させた安倍政権の手口
19共謀罪強行採決もまだ希望はある!
20室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」